アルコールと砂糖を1ヶ月断った男性に起こった身体の変化(実験動画)

健康維持のため控えるべきものの代表例といえば、アルコールと砂糖。では、その両方を1ヶ月間断つと、人間の身体にはどんな変化が現れるのか?

体当たりでこの実験に挑んだオランダ人青年のSachaさん。“糖分ゼロ生活”が彼をどう変えていったのか。その一部始終を収めた動画を紹介します。

まずはメディカルチェックと
食品の選別からスタート!

スクリーンショット 2015-10-09 21.06.58

Sachaさんは1ヶ月の間、砂糖はもちろん人口甘味料も、加工食品も、さらにはアルコールも一切口にしないことを友人に公言。極限まで自然に近いヘルシーな食生活を実践することにしました。

まずは実験開始前に、スポーツセンターで専門家によるメディカルチェックを受けます。運動能力、血圧、心肺機能、心電図、そして血液の健康状態を検査。中肉中背の健康的な20代という診断結果が出ました。

スクリーンショット 2015-10-09 21.13.58

次は食事です。スーパーマーケットで売られている食料品から、口にできるもの、できないものを選別していきました。例えば、市販のアイスティー(加糖)には、およそ角砂糖10個分が。トマトスープにも、サテーソースにも。そう、ほとんどの食品には、なんらかの形で糖分が加えられていることに、改めて気づいたSachaさん。

スクリーンショット 2015-10-10 10.46.58

こうして、食品を選別した彼は、野菜、果物、卵、無糖ヨーグルトを中心にした献立を選択。いざ、ヘルシー生活をはじめました。

ところが、数日もしないうちに、ある数値だけが異常に高くなってきたことに気付きます。コレステロール値だけ、他の値に比べて上がってきたのです。でもいったいなぜ? まだ4日目だというのに、「何だか先が思いやられる」とグチをこぼす始末。まさか、早々にチャレンジは断念?

イライラの原因は
糖分不足だった!

スクリーンショット 2015-10-10 9.35.13

ファストフードに炭酸飲料、誘惑は街のいたるところに。必死に我慢を続けるSachaさんですが、カメラの前では本音もチラリ。

「こんなにも過酷なチャレンジだと考えてもいなかったよ。あんまり気分が良くないんだ。どんどん怒りっぽくなっていて、周りの人に迷惑がかかっている気がするんだよね」

スクリーンショット 2015-10-10 9.54.53

デート中ももちろん水だけ。一方Sachaさんの彼女はビールにポップコーン。これは、キツイ……。

「甘いモノが食べたい…」
ゾーンを抜けるまでが大変

スクリーンショット 2015-10-10 9.40.53

チャレンジ中盤、Sachaさんは砂糖やアルコールを抜いた食習慣がどう、人間の身体に影響を及ぼすのかを栄養学の観点から探るため、栄養士のMarlou Bosma氏の元を訪れます。彼女は砂糖不足の影響をこう伝えました。

「糖分を取らなくなると、身体が無意識のうちに欲してたまらなくなるの。血糖値は上昇し、それを下げようとインスリンがどんどん働きます。すると、身体はもっともっと甘いものを欲する。この悪循環が生まれるのです」

さらには、砂糖もアルコールもビタミンを求め、それにより身体はどんどん脱水状態になり疲れやすくなる、と Bosma氏。ただし、これもつかの間で、次第に糖分やアルコール、加工食品を受け付けない身体へとフィットしていくんだそう。

スクリーンショット 2015-10-10 10.42.22

人間は結局、何を食べて生きることが大切なのか? Sachaさんの質問に専門家は、野菜、果物、食物繊維の多いパン、不飽和脂肪の食物を例にあげました。なかでも、不飽和脂肪は「健康的な身体づくりには欠かせない」とBosma氏。代表的な食材にオリーブオイル、イワシやさんま、サバなどに代表される青魚、ナッツ類など。さらには、ほどほどのお酒もOKだとか。

つまり、スナックもワインも食べることは問題なく、要するにバランスが取れているか否か、その重要性をSachaさんに説きました。

「甘いものを欲しくなくなった」
そして1ヶ月後…
数字が示す身体の変化

スクリーンショット 2015-10-10 11.12.08

チャレンジ終盤の25日目、すでに甘いものを身体が欲しなくなったと語るSachaさん。早起きも苦ではなくなり、朝から力がみなぎるようになった。それが、最も自分の身体に起きた大きな変化だと感じているようです。

スクリーンショット 2015-10-10 10.28.34

こうして1ヶ月後、再びスポーツセンターを訪れた彼の身体は、どのような変化を見せていたのでしょう?結果がこちら。ひと月前(VOOR)に比べ、81キロあった体重は77.4キロに減少。血圧は135から125へ。コレステロール値も8%減少し、血糖値もかなり低くなったことがわかります。

スクリーンショット 2015-10-10 10.40.11

最後にSachaさんは、この1ヶ月間を振り返り、最初こそキツかったものの、次第に「甘いものが食べたい!」という欲求も消え去り、体調はすこぶる良かったと語ります。「じゃあ、このまま続ける?」の質問に、「いまは、チョコバーとビールで自分を祝いたい」と正直な気持ちを語りました。

糖分不足による精神的なイライラを超えてしまうと逆に、身体が甘いものを受け付けなくなる。栄養士が言うようにバランスが大切なのは、言わずもがなでしょうが、普段の食生活を省みると、私たちは糖分過多なのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by  Eric Hensel

体を張ったチャレンジから、おバカなものまで、世界の実験動画の多くには様々なメッセージが隠されています。(中には、とくに深い意味なんてないものも…)。ここで...
人間は、1日に平均でスプーン40杯もの砂糖を摂取すると言われています。世の中にはヘルシーな食品があふれているのに、これはおかしい。そこで、監督デイモ...
砂糖が身体にもたらす影響を解説した記事を紹介します。「糖分は控えめに」なんて言わずもがな。ここで伝えたいのは、実際に人間が砂糖の摂取を止めると、身体に何が...
2019年から、同年にカリフォルニアのディズニーランドでオープンが予定されている『スター・ウォーズ』をテーマにした新エリア「Star Wars: Gala...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。