「肉食を止めれば、地球は救われる。」シュワルツェネッガーの発言が話題を呼んでる・・・

アクション俳優として、また元カリフォルニア州知事としての顔を持つアーノルド・シュワルツェネッガー。2015年12月、パリで開催された気候変動会議の場に招かれた彼は、インタビューで「肉食を止めれば、地球は救われる」と発言した、と海外各紙が報じています。

実は彼、「20世紀最高のボディビルダー」と讃えられた人物。それだけに、このコメントが与える影響は大きなものでした。

肉食は温暖化の原因!?
「地球のために肉食を止めよう」

くだんの発言は、「BBC」の環境問題解説員ロジャー・ハービンとのインタビューでの一幕。まずは、その内容をご紹介。

 

「現在、毎年7万人の人々が地球温暖化による影響で命を落としています。この現状に、ただ手をこまねいている訳にはいきません。政府には人々を守るための責任があります。我々だって、行動を起こさなければなりません。温室効果ガスの28%は、畜産によるもの。私たちが肉を食べるために、牛や豚を飼育していることにも原因があるんです。もっと賢い対策が打てるはず。

今すぐベジタリアンになれと言ったって、すべての人が聞き入れてくれるわけじゃありません。だけど、週に1日、2日だったら賛同してくれる人も多いはずです。大きなチャレンジでしょう。でも、それをやっていかなければ。

幸いなことに、私たちはいろんな方法でタンパク源を摂取できることを知っています。野菜からも、タンパク質は摂れる。ベジタリアンだけど、健康的な生活を実践するボディビルダーの友だちだっています」

 

元ボディビルダーが
ベジタリアンのすすめ?

この発言を受けて、海外のメディアは一斉に、シュワルツェネッガー氏がベジタリアン推奨宣言をしたと鋭く報じました。

「『この星を救うために、パートタイム・ベジタリアンを始めよう』アーノルド・シュワルツェネッガー」(BBC)

「肉食を減らせば環境破壊を止められる、と主張するセレブにシュワルツェネッガーが仲間入り」(Fox News)

「肉食を減らせば地球は救われるとシュワルツェネッガーが語った」(AOL)

「『肉を食べるのは週に1食か2食に』シュワルツェネッガーが言及」(Meat Free Monday)

今さらですが、同氏は俳優転身前、ボディビルの最高峰と言われる「オリンピア」で、7回の優勝を誇った伝説的存在でした。当然、鋼の肉体を維持するため、肉食を続けてきたであろう同氏のコメントだけに、世論の反響が大きかったというワケ。

温室効果ガスの排出量
約3割は、畜産によるもの

彼が肉食を問題視した理由である、温室効果ガスの排出量に注目してみましょう。

国際連合食糧農業機構(FAO)によると、温室効果ガスの排出量のうち、人為的メタン排出の約3割近くが、畜産業に起因していると発表しています。特に牛の排泄物には、多くのメタンガスが含まれ、彼らから排出されるゲップ(一日に100〜200リットルと言われている)が問題だそう。牛のゲップには、CO2の21倍とも言われている強い温暖化効果があるだけに、深刻な問題と認識されています。

つまり、肉食(なかでも牛肉)を減らし、生産量全体が減ることで、一部ではあるものの温室効果ガスの排出を抑えられるということ。英レディング大学のEllie Highwoo気候物理学教授は、「野菜中心の食生活にすることで炭素排出量を大幅に削減できる」と菜食主義を提唱。多くの人から、温暖化の歯止めとして「肉食を控えるべき」との声が高まりつつあります。

「ターミネーターが野菜中心?」
一時、Twitterは大炎上

いささか、メディアの反響にうがった見方があるのも事実。とは言え、元ボディビルダーとして彼の偉大な功績を知る市井からは、「ボディビルダーがベジタリアンだと?」「ただの偽善だ」といった具合に、冷笑するコメントが飛び交い、Twitterは一時この話題でもちきりとなったようです。

カリフォルニア州知事として、2期7年。財政再建の失敗から、ロサンゼルス・タイムズ紙に「失われた7年」と断じられたシュワルツェネッガー。それでも、環境分野での実績は高く評価されています。その彼の心に「LESS MEAT=LESS HEAT(肉を減らせば温度も下がる)」とのメッセージが響いていたことは、想像に難くありません。

しかし、その肩書ゆえか、発言以上に大きなインパクトを世に与えることになりました。

Top Photo by Chesnot/Getty Images News/Getty Images
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
フィットネストラッカー「Moov Now」の特徴は、トレーニング中に過去の自分の記録と比べて、パフォーマンスが悪いと煽ってくれることです。要するに、常に限...
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
「earth puzzle(地球パズル)」には専用のボードがありません。北や南といった方角を気にせず、自由に「自分だけの地球」をつくることができます。通常...
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
12月4日、「TED」が「Countdown(カウントダウン)」という特設サイトをローンチした。目的は気候変動を注意喚起するためだ。
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
車社会アメリカならではのサービスとして1930年代より全土に広まったドライブスルー。その存在が「地球温暖化」によって消えるかもしれない。
アジア発フードテックの植物性代替肉「オムニポーク(OmniPork)」が、5月18日より一部小売店での販売をスタート。2020年には都内・大手外資系5つ星...
アイスランドのボルガルフィヨルズルに設置される「氷河の記念碑」が注目を浴びている。「Okjökull」を忘れないようにというものだ。「Okjökull」と...
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
2006年に公開された『不都合な真実』は、アカデミー賞を受賞して、世界中で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画。気候変動、及び、地球温暖化をテーマにした...
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
Soberは、英語で「しらふ」と言う意味。つまり「SoberOctober」とは、10月の一ヶ月間禁酒をするチャレンジのことを示します。普段お酒を飲む頻度...
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
いま、アメリカでは、毎週月曜日は肉食を控える「MEATLESS MONDAY」という取り組みに注目が集まっています。この活動を広める「THE HUMANE...
欧米を中心に肉の代用となる「植物性ミート」の需要が急速に高まっています。なかでもヘルシーで栄養満点の「大豆ミート」。その利点と使い方について紹介します。
あるイギリスの研究によれば、数十年後までに乱気流の数が激増するようです。これには、地球温暖化による気候変動が大きく影響しているのだとか。
ここに用意したのは、お手軽な「肉食系男子診断」です。項目はたったの10個、所要時間は約1分。女性の皆さん、あなたの身近な男性を想像して、試してみてください...
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...