毎月PARISから届くサプライズ。「My Little Box」を知っていますか?

パリジェンヌたちのライフスタイルを身近に感じることができるアイテムが詰まった、小さなボックスが毎月自宅に届く。2011年パリ・モンマルトルで誕生した「My Little Box(マイリトルボックス)」を知っていますか?

いまやフランスだけで約9万人。さらにはベルギー、そして日本にも小さな箱を心待ちにしている女性たちがいます。彼女たちを虜にする魅力を4つに分けてご紹介!

01.
パリジェンヌの選ぶ
“かわいい”が毎月届く

C62df7fcad3e72f6a950be9a6bf89a1feeeabcd0

女性向けのライフスタイルを提案する「My Little Box」がスタートしたのは2011年。今では、約9万人以上のパリジェンヌが毎月楽しみに待っているサプライズBoxです。日本では、2013年秋にサービスを開始しました。

5360934e7f8e6dd465587bef6e5a52945c74038a

ボックスは「Week-end」「Sunshine」「Sweet」「Wish」「Fashion」など毎月テーマが設けられ、パリジェンヌがトレンドリサーチした厳選アイテムに加え、限定ポーチやオリジナルアクセサリー、さらにはテーマに即したライフスタイルを提案するマガジンやカードが届きます。

02.
クリエイター集団がつくる
おしゃれ情報満載のマガジン

A78443807ca2f99b74d8fe0e0b310e7d8bd110a2F995e2115bfbf340f933d0549fff7afe3dc2aa4d

サプライズがたっぷり詰まったボックスのもうひとつの魅力が、パリの最旬トレンドやお役立ち情報満載のオリジナルマガジンです。パリに暮らしていなければ知りえない情報が、自宅に届く。これって、ちょっと嬉しい優越感ですよね。

03.
イラストレーターは日本人!

8a1619d178fe88bc104a80e781a7f580a49af65e

マイリトルボックスのイラストを担当するのは、日本人のKanakoさん。絵の勉強のためパリに暮らしていたある日、偶然アトリエを訪れた創業メンバーのAmandineさんが彼女のイラストを購入したことがキッカケとなり、マイリトルボックスのビジュアル担当にまでなってしまったんだそう。

Be39803fb232c7481459b09f9d8453b5c79aff93

Kanakoさんの描くイラストは、キュートなボックスやマガジンの表紙だけでなく、オリジナルアクセサリーなどにも。日本だけでなく、フランスやベルギーにも、彼女の描くボックスが届いているんですね。

04.
最旬ブランドとの
コラボも魅力!

8a7b40b0d3dd08fe232569c4ce4fd72aadc4388a

こちらは化粧品メーカー「LANCÔME」とコラボした、2016年2月の「My Little Happy Box」。最旬のUVクリームや美容液、パフュームの詰め合わせだったようです。

このほか、「Trilogy」や「AVEDA」、ファッションブランドからは「PAUL & JOE」、さらに「DIANE von FURSTENBERG」とタッグを組んだグッズやマガジンが届いたりと、旬なパートナーブランドとの積極的なコラボも魅力。

184eb4da96f3679ef4d13a01badda593e6c797b4

こんな感じにコラボ企画やシーズナリティごとの話題がボックスに入って届く。何が出てくるか?中身はボックスを開けるまでのお楽しみ。これも人気の秘訣かも。
ちなみに、お値段は定期購入で毎月3,200円(税込、送料込)。気になる人は、こちらからどうぞ!

Licensed material used with permission by My Little Box
日本人の憧れ、パリ。アーティスティックな雰囲気が漂い、花が咲き誇るその街並に魅了される人は少なくない。今回紹介する「In Love in Paris」は、...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
夫にすがりついて陣痛に耐える女性の背中、メスで切開される膣、膣から頭をのぞかせる嬰児。出産の壮絶さをストレートに表現した一冊です。
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
オランダを中心に展開するポップアップカジノ「The Black Box Bellagio」。無料で遊べるワケは、お金の代わりにあなたのプライバシーを使えるから。
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
フィルムの現像って、かなり手間がかかるものです。でも、この「LAB-BOX」は、フィルムカメラは持っているけど、自分で現像まではしていないっていう人向けの...
化粧品のコマーシャルフォトを手がけるフランス人写真家が、こうつぶやく。「欲望の押し付けに、ちょっと疲れちゃった」名前は、Benjamin Henon。普段...
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
浜松駅から徒歩10分ほどにある「肴町(さかなまち)」は、ディープに楽しめる飲食店が軒を連ねる人気のエリア。そこからさらに1本細い路地裏に入って行くと見えて...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
色鮮やかな石鹸やバスボムが代名詞の化粧品ブランド。「LUSH」をそう認知している人は少なくない。かくいう僕もその一人だった。でも、たった2日のロンドン滞在...
アラスカ州スワード。総面積の約3割が川や湖などの水域となっているこの都市は、クルーズ客船の停泊地、アラスカ鉄道の起点、そしてキーナイ・フィヨルド国立公園の...
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
「カップル感」を、アピールするでもなく、アピールできます。
「新しい歯ブラシ」、「映画館でポップコーン」、「招待状」、「アイスクリームの一口目」。見落としがちだけれども、感謝するべき日常のささいな幸せ。それがNan...
「サプライズ」「スイーツ」「プレゼント」。ひとつずつ聞いても魅力的な言葉なのに、全部が組み合わさったらどれほど素晴らしいでしょう。ここで紹介するのは、Am...
2015年6月23日に公開以来、1,700万回以上再生されているこちらの人気動画。「Pampers」が、マザーグースの子守唄『Hush,Little Ba...
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
バレンタインデーは、大切なパートナーへチョコレートを贈る日。男性からすると、もちろんそれだけで十分なのですが、その代わりとして、あるいはプラスして何かをプ...
アメリカの一部地域を中心に、家の前に「小さな図書館」を置くことが世界的なブームになりつつあるんですって。具体的には、素敵な飾り付けのある小さな家のような本...