映画史上「最も長い上映時間」と聞いて、アナタは何時間なら耐えられるだろうか?

ある意味、これは「苦行」に等しい。

映画史のなかで最も上映時間が長い映画とされ、ギネス記録にもなっている作品が1987年に制作されたアメリカ映画『The Cure For Insomnia』。これが5,220分、じつに87時間にも及ぶもの。ところが、この記録があと3年ほどで塗り替えられようとしている。それも圧倒的に。

上映時間720時間!?

上映時間43,200分。時間にして720時間、日数に換算すれば丸30日。しかも、全編ノンストップだという。これを苦行と呼ばずして何と表現すればいい。

スウェーデン人アーティストのアンダース・ウェバーグ氏が制作したこの実験映画『Ambiancé』は、2020年12月31日公開予定らしい。後にも先にも、この長尺記録を打ち破る作品はまあ、現れないだろう。

ナント、特報だけでも
7時間20分!

こちらは映画の特報。これだけでも、驚きの7時間20分。世界観を伝えるのに、一般的な映画の3本分近くある。これは、よほどの強者でないと手が出せないシロモノ。紹介しておいて失礼な話だが、正直に告白すれば、何度となく再生時間をクリックして先を急いだ。

はたして、世界に同じ思いでクリックボタンを押した人がいるか定かではないが、2016年3月に特報が公開されて以来、すでに38万7,000人以上がこの特報に触れたようだ。そのうちの何パーセントが、最後まで完走したことか。

で、気になる内容は?

舞台はスウェーデン南部の浜辺。白装束とも祭服ともとれる衣装に身を包んだ2人のパフォーマーが、石ころだらけの浜辺で何やら作り上げていく様子が描かれている。「空間と時間が絡まり合い、場所を超えた超現実的で夢のような世界と混ざり合っていく……」。ストーリー全般を紹介しようとする「Independent」も、その概要を正確には捉えきれてないようだ。

さて、4年後の公開に向けて、2018年には今回よりもさらに長めの「特報第二弾」を予定しているらしい。今度は72時間。こうして徐々に、精神と肉体をアジャストさせていくのが目的だったり?

もしも、GW後半暇を持て余しているようであれば、まずは7時間20分から挑戦してみてはいかが?

Licensed material used with permission by Anders Weberg
Reference:Independent
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
映画『アイリッシュマン』を日本国内のスクリーンで観ることは諦めるしかない。日本では11月5日に「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」で3回上映されるのみ。チケ...
『アップリンク渋谷』は、2017年公開の話題作(全47作品だって!)を、12月23日(土)〜2018年1月26日(金)の約1か月間、特別に再上映してくれま...
世界中で大ヒットとなった名作映画『タイタニック』。映画の題材となったタイタニック号は、今も海底で眠っている。そんなタイタニック号を市民科学者として調査&探...
米国で2番目の規模を誇る大手映画館グループ「リーガル・シネマズ」が、10月5日、全米にある536の映画館のすべてを閉鎖すると発表。閉鎖の原因は、新型コロナ...
Twitter上にアップされて多くの話題を呼んだのが、今では名作として語られる映画作品が80年代から90年代にガーナで上映された際に作成されたポスターの数々。
”おうち時間”を充実させてくれるマッチングアプリ「MOVIE CHAT」は、気になる相手とオンラインで一緒に映画やドラマを楽しむためのサービスだ。
Netflixでおすすめ! 恋愛がしたくなる「Netflixオリジナル作品の映画」を紹介。『マリッジ・ストーリー』『マーダー・ミステリー』『いつかはマイ・...
昨年約110万人が来場した大人気映画祭「HIBIYA CINEMA FESTIVAL(日比谷シネマフェスティバル)2020」が、10月16日〜11月8日、...
米旅行雑誌『Condé Nast Traveler』読者が選んだ「Top 10 Hotels in Japan」が発表され、名だたるラグジュアリーホテルが...
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
世界で話題のVRアートアニメーションが日本でも観れる!
小劇場、ミニシアター。大きなスクリーンのシネコンではなく、小さな空間でこだわりの一本を味わう。それは、多くの映画ファンにとっては至福の時間だろう。ブルック...
世界初のセレクトショップ「コレット」。その閉店までの日々を追ったドキュメンタリー映画『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』」...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
京都のうどん専門店が開発したアウトドアスパイス「MAKE9」
11月12日、「YouTube」が2020年の「YouTube Rewind」の公開を中止すると発表した。これはその1年で話題となった動画を中心に構成され...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
今まで映画についていろいろと書いたことがありますが、今回は懐かしい映画についての話です。
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!
ルイ・ガレルとアニエス・ヴァルダの3作品が立て続けに上映スタート。
アイルランドを拠点に活動するアーティストPáraic Mc Gloughlinさんによる作品は、ビデオドラッグのような感じです。