【ビギナー大歓迎】たった3つの違いがわかればワインは一気に楽しくなる!テイスティングイベント参加者募集中(名古屋)

あなたは、自分のワインの好みを知っていますか?そう聞くと「詳しくないから…」「高いのを飲んだことがないから…」と謙遜する人がほとんどかもしれません。たしかに本格的なワインって敷居が高そうだし、味の違いが分かるかどうかって聞かれると、なかなか自信が持てませんよね。

だったら、ワインの知識も身につけながら、テイスティングもできて、さらには自分の好みまで知ることができるイベントに参加してみませんか?

カップルや友だち同士で!

創業260年のワイングラスブランド「RIEDEL」が毎日開催しているテイスティング・セミナーは、「ワインのことはよくわからない」という人こそウェルカム。例えば、こんな人。

・付き合っている人がワイン好き
・周りにワイン好きが多いから知識をつけたい
・味の違いが分かるようになりたい
・レストランで選ぶときに失敗したくない

もちろん、デートでテイスティングに参加、なんてのも会話が盛り上がっていいですよね。

ワインをもっと楽しむための
「3つのこと」って?

1.好きなのは赤のライト?白の辛口?味の違いを体感
セミナーではまず、赤ワインと白ワインを2種類ずつ、計4種類をテイスティングできます。ここで自分の大まかな好みを知ることができるんです。

2.グラスごとの味の変化が分かるようになる
そして何より体験してみてほしいのが、5種類のグラスの違いによる飲み比べ。過去に参加した人の多くが「こんなに変わるの!?」と驚いたとか。

3.品種による違いなど、ワインの基礎を知ることができる
基本的なワインの品種特性の話や、グラス手入れの方法など、基礎知識も身につけることができます。理解してからのテイスティングは、ひと味もふた味も違うはず。

そんな、気軽に誰でも「ワインの楽しさ」を体験できるイベントが、新たにオープンした「リーデル名古屋店」にて開催されます。今までとは違うワインの一面に触れられるかもしれませんよ。

こちらは応募期間が終了しています。

RIEDEL×TABI LABO
テイスティング・セミナー@名古屋
[ベーシックコース]

日時:2016年7月3日(日)14:00〜16:00
場所:リーデル名古屋店
愛知県名古屋市中区錦3-6-29 サウスハウス1F
「栄駅」徒歩3分、「久屋大通り駅」徒歩4分)
参加費(1人あたり):特別価格 2,000円+税(グラス一個お持ち帰り付き)
定員:一次募集の12組(24名)はすでに定員となりましたが、追加で6組12名を募集します(2016年6月2日時点)。希望の方はお早めにご応募ください。

【プログラム】
14:00〜14:15|受付
14:15〜15:30|テイスティング・セミナー
15:30〜16:00|懇親会

※定員になり次第応募を締め切らせていただきます。

※ドレスコードは特にございません。

講師[グラス・エデュケイター]

寺西真弓

名古屋市生まれ。社)日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート。器に興味があり勤務したお店で、リーデルと出会う。その後、リーデルグラスのテイスティング・セミナーを受け、感動と衝撃を受け「ワインを楽しむ為に、こんなにもグラスの影響があるのなら、多くの人に体感していただきたい」という想いでセミナーを担当している。

こちらは応募期間が終了しています。

Sponsored by RIEDEL
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
オーストラリアのワインコミュニティーサイト「The Wine Wanker」によると、カンタス航空はこの夏、国際線など一部の長距離フライトで、希望のあった...
よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり...
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...
世界でここだけ!日本発のクラフトビール「KAGUA」が樽生で楽しめるビアバーFar Yeast Tokyo Craft Beer & Bao〒150-00...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
東京・赤坂にあるレストランCROSS TOKYOにて先日行われたイベント、「ノムリエの会 meets 一関」。一流スタッフにより振る舞われる岩手県一関市の...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
「手羽先の唐揚げ」は油でカリッと揚げたあと、甘辛い秘伝のタレとスパイス、ゴマを振っていただきます。皮のパリっとした食感とジューシーな肉のうま味、さらにゴマ...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
赤ワインをおいしい状態に仕上げるには、一定の長さ空気に触れさせておく必要がありますが、そのデカンタージュを代わりに果たしてくれるアイテムが登場しました。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...