【ビギナー大歓迎】たった3つの違いがわかればワインは一気に楽しくなる!テイスティングイベント参加者募集中(名古屋)

あなたは、自分のワインの好みを知っていますか?そう聞くと「詳しくないから…」「高いのを飲んだことがないから…」と謙遜する人がほとんどかもしれません。たしかに本格的なワインって敷居が高そうだし、味の違いが分かるかどうかって聞かれると、なかなか自信が持てませんよね。

だったら、ワインの知識も身につけながら、テイスティングもできて、さらには自分の好みまで知ることができるイベントに参加してみませんか?

カップルや友だち同士で!

5ca4bff0a9c3c85861749fc15e7c5ba7b2a54f58

創業260年のワイングラスブランド「RIEDEL」が毎日開催しているテイスティング・セミナーは、「ワインのことはよくわからない」という人こそウェルカム。例えば、こんな人。

・付き合っている人がワイン好き
・周りにワイン好きが多いから知識をつけたい
・味の違いが分かるようになりたい
・レストランで選ぶときに失敗したくない

もちろん、デートでテイスティングに参加、なんてのも会話が盛り上がっていいですよね。

ワインをもっと楽しむための
「3つのこと」って?

1ef353cd7a69254a9190f56d0f3a220507a93db7

1.好きなのは赤のライト?白の辛口?味の違いを体感
セミナーではまず、赤ワインと白ワインを2種類ずつ、計4種類をテイスティングできます。ここで自分の大まかな好みを知ることができるんです。

2.グラスごとの味の変化が分かるようになる
そして何より体験してみてほしいのが、5種類のグラスの違いによる飲み比べ。過去に参加した人の多くが「こんなに変わるの!?」と驚いたとか。

3.品種による違いなど、ワインの基礎を知ることができる
基本的なワインの品種特性の話や、グラス手入れの方法など、基礎知識も身につけることができます。理解してからのテイスティングは、ひと味もふた味も違うはず。

そんな、気軽に誰でも「ワインの楽しさ」を体験できるイベントが、新たにオープンした「リーデル名古屋店」にて開催されます。今までとは違うワインの一面に触れられるかもしれませんよ。

こちらは応募期間が終了しています。

RIEDEL×TABI LABO
テイスティング・セミナー@名古屋
[ベーシックコース]

30ff85dc690cae48d33ce27abac9dfbd17864d83

日時:2016年7月3日(日)14:00〜16:00
場所:リーデル名古屋店
愛知県名古屋市中区錦3-6-29 サウスハウス1F
「栄駅」徒歩3分、「久屋大通り駅」徒歩4分)
参加費(1人あたり):特別価格 2,000円+税(グラス一個お持ち帰り付き)
定員:一次募集の12組(24名)はすでに定員となりましたが、追加で6組12名を募集します(2016年6月2日時点)。希望の方はお早めにご応募ください。

【プログラム】
14:00〜14:15|受付
14:15〜15:30|テイスティング・セミナー
15:30〜16:00|懇親会

※定員になり次第応募を締め切らせていただきます。

※ドレスコードは特にございません。

講師[グラス・エデュケイター]

寺西真弓

名古屋市生まれ。社)日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート。器に興味があり勤務したお店で、リーデルと出会う。その後、リーデルグラスのテイスティング・セミナーを受け、感動と衝撃を受け「ワインを楽しむ為に、こんなにもグラスの影響があるのなら、多くの人に体感していただきたい」という想いでセミナーを担当している。

こちらは応募期間が終了しています。

Sponsored by RIEDEL
オーストラリアのワインコミュニティーサイト「The Wine Wanker」によると、カンタス航空はこの夏、国際線など一部の長距離フライトで、希望のあった...
よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり...
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
リコッタチーズを単純にはさむのではなく、「スクランブル」にしてタコスの具材にした一品。
東京・赤坂にあるレストランCROSS TOKYOにて先日行われたイベント、「ノムリエの会 meets 一関」。一流スタッフにより振る舞われる岩手県一関市の...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
知っている人にとっては常識。ですが、知らない人にとっては、まさに「今さら聞けない…」のが、ここで話題にするシャンパン、スパークリングワインの違い。あらため...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
ビジュアルは、どこからどう見てもデコレーションケーキ。でも、その実態は…これは、見て楽しい、食べて楽しい、笑顔があふれる新しいかたちのサラダ「ベジデコサラ...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
ブラジルの写真家、マルコス・アルベルティさんが「ワイン・プロジェクト」という、楽しげなポートレイトを撮影。内容はいたってシンプルで、ワインを使って「なし」...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
JR恵比寿駅から徒歩8分の場所にある「ヱビスビール記念館」。ここで体験できるツアーが「ビール好きにはたまらない!」と話題になっています。しかも、参加費用は...