女子旅もハネムーンも!想像を超える「ニュージーランド」に飛びこんでみませんか?

「四季があり、左側通行で、治安のいい島国」。そう聞くと日本のことを思い浮かべるかもしれませんが、じつはすべて「ニュージーランド」にも共通することなんです。さらに国土面積もほぼ同じくらいなんですが、人口は約450万人と日本の1/30ほどだということを知っていますか?

そこには、息を呑むような絶景や、大自然の恵みを生かしたグルメ、女子旅やハネムーンにぜひオススメしたい観光スポットなど、知られざる魅力がたくさん詰まっているんです。

足元から広がる
「テカポ湖の星空」に涙

Baaee1f9c784aa00c309b99aea7db592f6810fda

世界一とも言われ、まるで足元から満天の星が広がるような体験ができる、テカポ湖の星空ツアー。湖のほとりにある1935年に建てられたグッド・シェパード教会との組み合わせはとても美しく、いまだかつてない感動を味わえるはずです。

2850aac373bbb348a44a63cc92c81f562306f16c

また昼間の湖は「ミルキーブルー」とも呼ばれる独特の色味を放ち、昼と夜で2パターンの景色が味わえるとあり、世界中のトラベラーを魅了しているんです。

ジューシーなラム肉、脂ののったサーモン・・・
山の幸も海の幸も!

3d4ac223659fd5fbeae940ab9d65d7c461c52bac

世界でも有数の酪農大国で、かつ海にも囲まれているニュージーランドは、肉や魚介類、野菜まで揃った食材の宝庫なんです。

まったく臭みのないジューシーなラム肉のグリルや、脂ののったサーモン料理、豪快にクレイフィッシュやオイスターを使った西洋×アジアのMIXスタイルまで、幅広いグルメを味わうことができます。ハネムーンでも女子旅でも、大満足できるでしょう。

ルックJTB「感動の宝庫 ニュージーランド」特設ページは下記をチェック!

4fcdb9ca941bb23b0d2007f45a071f7a590a2f21

女友達と行くなら
『クイーンズタウン』

Ffe115ff71de43fdd6fd26a8a190c1227abd0fb4

「女王が住むのにふさわしい街」と呼ばれ、その名前がついたクイーンズタウンは、ニュージーランド屈指の美しい景色を誇る高原のリゾートタウン。中心部はいつも歩行者天国になっていて、路上にパラソルやテーブルを並べた店も多く、手軽なショッピングにも最適です。

そんなクイーンズタウンへは、ルックJTBの『マイセレクト クイーンズタウン6日間』がオススメ。このツアーではマウントクックやテカポ湖への観光を楽しめる、「ルックJTB マウントクック号」や、現地在住の日本語ガイドが街を案内する「ようこそクイーンズタウン」に追加代金不要で参加できるんです。

ハネムーンなら
こだわりの食事と
世界一の星空を

834b9c75dee7ce807a21deca373a7109b1e791a1

さらにハネムーナーやカップルに「極上のひととき」を楽しんでもらうため、観光や食事にこだわっているのが、ルックJTBの『魅力のニュージーランド 南北周遊8日間』。一部ディナーでは地元の人気レストランに2人だけのテーブルが用意され、プライベートディナーを楽しむことができます。さらにハネムーン、ウェディングで参加の人には宿泊ホテルにてスパークリングワインなどのプレゼントも!

そして、なんと言っても2人のロマンチックな夜を演出してくれるのは、世界最南端の国際天文台、マウントジョンでのテカポ湖の星空ツアー。一生の思い出になることは間違いありません。

上で紹介した2つのコースを含めたおすすめプランは、下記のルックJTB「感動の宝庫 ニュージーランド」特設ページをチェック!

14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37
Sponsored by JTBワールドバケーションズ
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
せっかくの休みなんだから、アジアを飛び越えて、オセアニアまで行っちゃいましょう!
挙式の日程も決まり、衣装も決まり、とうとうハネムーンスポット選びの段階に。一生に一度しかないハネムーンだからこそ、普通の旅行とはひと味ちがう特別な時間を過...
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
オセアニアにあるコーヒーで有名な街は、メルボルンだけじゃありません。ニュージーランドのウェリントンもそう。「最高のコーヒーが飲める世界の都市8選」に選ばれ...
今まで訪れた中で、一番心に残っている国はどこですか?3年半に渡って世界中を旅してきたJacob Laukaitisさんにとって、それはニュージーランドでし...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
JakeとJoは、ふたり組の写真家。カップルでもあるふたりは、2016年の冬、ニュージーランドを旅しながら、美しい星の写真を撮り続けました。ニュージーラン...
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
どうしても仕事に行きたくない朝。あなただったらどうしますか?重い足を引きずって泣く泣く会社に行く人もいれば、ウソも方便と1日だけ休んで家でゴロゴロしちゃう...
旅先で、街中を歩いていたり出会った人と話していると、時々忘れられない言葉に出会うことがある。先日行ったニュージーランドも例外ではなかった。その時にふと目に...
行きたいところを自分のペースで周れる「ひとり旅」。大勢で行ったら知り合えなかったかもしれない「仲間」と出会えるのもひとつの醍醐味ですが、女性ひとりで行くと...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
自慢の一張羅を着るおじいちゃん。お気に入りのアクセサリーを身につけるおばあちゃん。シニア向けクラブ「The Posh Club」に参加している人たちは、年...
かつてニュージーランドは、「羊の数が人の数より多い国」として旅人たちに知られていた。そこから受けた印象は、牧歌的。大自然はあるけど、退屈な国。そう勝手に思...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
ニュージーランド政府観光局は、全ての世界地図にニュージーランドを掲載することを推進するキャンペーン「#getNZonthemap」の第2弾となる動画を公開...
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
連なる山々に囲まれて、どこまでも緑が広がるニュージーランドの風景。目に入るのは山岳地帯、そしてムクムクと地上から生えている柔らかそうな林。そして、この中に...
空の旅、万一の際に備えてちゃんと見ておきたいところなのが「機内安全ビデオ」。だけど、あまりに単調な内容にほとんどの人が画面から目が離れてしまっているのが現...