大洪水の夢を見たオランダの男性が「ノアの方舟」を再現

3年かけてノアの方舟を再現した男性を知っているでしょうか。神はノアに「堕落した人類を滅ぼす」と密告し、方舟をつくれと命じたーーなんて物語のようにお告げがあったわけではありませんが、オランダで建築業を営むヨハン・ハウバース氏はある夢をきっかけに建設開始を決意したそうです。

本人の話では、もし大洪水が起きたとしても、ちゃーんと方舟は浮くそう。

オランダでつくられた、
5,000人収容できる方舟。

彼は、24歳の時に「人々を救済せよ」との神の啓示を受け、さらに、33歳のときに大洪水の夢を見たことをきっかけに、方舟の建設へと思い至ったとか。

高さ23m、長さ125m、幅29mの方舟には、5つのデッキがあり、物語の内容を元にして、展示室やアトラクション、映画館などが設置されました。つがいになった動物の像もあります。

恵まれない人々へ希望を。
ブラジルに向けて航海中!?

来る、2016年夏。方舟をリオデジャネイロオリンピックに合わせてブラジルへと運ぶ計画が話題になっています。アメリカの非営利団体「The Ark of Noah Foundation」は、貧しい人々のために希望を届けたいという彼の思いに賛同。実際に航海できるよう公式に準備を開始し、クラウドファンディングで資金を募集しています。

5月29日にはドルトレヒトを出港し、ロッテルダムへと向かいました。無事大西洋を渡ったあとで、恵まれない家庭や孤児を対象に、資金の許す限り無料の方舟旅行を提供する予定です。スケールが大きい!

ちなみに、万が一大洪水が起こった時のプランは?との質問には、こんなふうに答えてくれました。

「方舟が沈むことはないでしょう。けれど、神は世界を二度と大洪水によって破壊しないと約束しているよ。小さな災害はあるかもしれないがね」。

残念ながら、寄付はまだまだ足りていない様子。詳細はコチラから。

Licensed material used with permission by Ark of Noah Foundation
「ノアの方舟」といえば、旧約聖書に登場する伝説の舟。大洪水を逃れるために造られた、というアレです。このものがたりの時代から食されてきたという、こちらも伝説...
自分は20歳若い!ということで、69歳のオランダ人男性Emile Ratelbandさんが「49歳」を正式な年齢と認めるようにと訴訟を起こしました。
「Gates of Light(光のゲート)」は、オランダの「締切大堤防」にある60基の水門に、マイクロプリズムシートが取り付けられてできたインスタレーシ...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
オランダ東部にあるトゥウェンテ大学。この大学の敷地内には、9階建ての建物の側面に30mものクライミングウォールがあります。グリップの数は2500個。オラン...
サーバーの排熱で家を暖めるサービスを提供するオランダ企業Nerdalize。これだけだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、とってもメリットの大きいプロ...
オランダのある牛が、今、SNSで注目を浴びています。彼女を助けるためにたくさんの人が協力し、約660万円が寄付されたとのこと。いったい、なぜなんでしょう?
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
どれだけ頑張っても内容を思い出せない「夢」。結構モヤモヤしますよね。でも、夢を記憶に定着させる方法があるみたいですよ。
こんなホテルの説明をしたら怒られてしまうかもしれない。実のことを言えば、コンセプトは<未来都市>で、破廉恥さなんて意識していないのかもしれない。とは言って...
夢マニアなら、「夢での出来事とは現実で起こりえることの予測ではない」なんて常識。「Elite Daily」のライターAnnakeara Stinsonさん...
よく夢を見る人は、イコールよく夢を覚えているってこと。ライターJulia Guerraさんがこの記事で、以下のように分析していた。レム睡眠中はよく見る、チ...
NASAの発表によれば、空気中にある水蒸気がかたまって移動するときに形成される“川”のようなものが、洪水と干ばつを引き起こしているとのこと。これにより、3...
オハイオ州立大学に登場したベーコンの自動販売機。一時的な設置でしたが話題となりました。薄切りやみじん切りにされたベーコンが、たったの1ドルで売られていたと...
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
ある特定の人を夢に見ると、何か深い意味があるのではないかと思ってしまうことはないか。「Elite Daily」は、臨床心理学者にインタビューして、両親、有...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
雨水がビールに!?冗談みたいな話に真剣に取り組んでいるのは、オランダのアムステルダムにあるビール醸造会社。そもそも、話の前提は、気候の変化によってオランダ...
朝、トーストしたパンにバターを塗ったら、その上に細かいチョコレートをたっぷり振りかけて。これ、オランダ人からすれば常識。チョコレートスプレーのようなカタチ...
新しい建物をデザインする時、「その地域に密着するようなものにできないか」と考えたオランダの建築デザイナーチーム。そして出てきた案が、まさかの「絵文字」でし...