思いっきり「ぐうたら」しよう。

母親に「いつまでダラダラしてんの」「怠けてばっかりいないで早く宿題やりなさい」と、きつく叱られた記憶があるあなた。でも、ぐうたらするって、そんなに悪いことなの?

NY在住の女性ライター、ローラ・ケイスリーさんは「Little Things」で、ぐうたらするべし!と書いていますよ。

01.
脱・緊張しよう。

たっぷりストレスを感じた一日の終わりは、体もこわばっている状態になります。それは血圧や心拍数に影響して、「そわそわ」や「緊張状態」を生み出すことにも…。

少し立ち止まって伸びをしたり、深呼吸して心を落ち着かせるだけでも、リラックスした気持ちになれるかもしれません。

02.
運動は、短期集中でいい。

ぐうたらしたい日は、長時間のエクササイズなんて無理。やるとしたら、短時間に集中してサクっとできる内容を選ぶはず。そのあとネットフリックスでドラマをまとめて見る時間も欲しいですもんね。

ダイエットで、「短時間×高負荷エクササイズ」をしたあとに休息をとると良いなんて話もチラホラ。

03.
いいアイデアが浮かぶかも。

「いま、ボーっとしてたでしょ?」

「(ギクッ)いや、してないよ。考え事をしてたんだ」

「なにを考えてたの?」

なんてやり取りから、思いがけないウソ(アイデア)が生まれるかも。

それに、考えなければいけないことを一旦放ったらかしてみると、まったく別の面白いアイデアが思い浮かぶなんてことがありますよね。

04.
効率化を図るきっかけに。

小説家アガサ・クリスティはこう語ります。

「発明はしばし、怠惰より生まれるものだと思います。自分が困ることのないように…」

早く「ぐうたら」したいがために、仕事をテキパキ終わらせる人もいるでしょう。

05.
問題解決に
つながることもある

時間が解決してくれる問題もあるでしょう。気づかないうちに感情が理由になっていたりすることだってあるものです。

いずれにせよ、時間をかけることで本当に自分が解決しなければいけない問題なのか、はたまた放っておいていい問題なのかを見極めることができるかもしれません。

06.
哲学的になれる

心を解放する時間をつくると、アイデアが豊かになるだけでなく、少し哲学的にもなります。

人生における難しい問題や大切なことについて考え始めたり、違った角度からの視点がひらめくかもしれません。

07.
「今この瞬間」に
感謝できる

ぐうたらしながら瞑想にふけると、「今この瞬間」に感謝する気持ちがこみ上げてくる気がしませんか?例えば、庭に咲く花の香り、時計の針の音、ティーカップのぬくもりーー。いつもは気づかない、小さなことに目を向けられる。

「今」に集中することで、しっかりと地に足をつけ、リラックスできるのです。そうすると次のステップへの充電だってできるはず。だから、ぐうたらしよう!

Licensed material used with permission by Little Things
コワーキングスペースだったりサウナだったり、モビリティの多様化は欧米を中心にとどまることを知りません。ニューヨークシティを走り回っているのは「瞑想スタジオ...
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
ここ10年でヨガは一般的になりましたが、最近は瞑想が注目されていますね。欧米でも、日本でも、多くの方々が瞑想を生活に取り入れていることはみなさんご存知だと...
タマゴ型の「瞑想スペース」。目の前のタスクから解き放たれ(一旦ね)、じっと自分の心と向き合う時間は、リラックスにも繋がり集中力を高めてくれそう。
先日、香港国際空港にできた「The Sanctuary by Pure Yoga」。キャセイパシフィック・ラウンジのひとつ「ザ・ピア」のビジネスクラスラウ...
たとえば、ハードな出張の合間に空港のラウンジで手足を伸ばしてのんびりしたい。こんな場面でゼッタイ役立ちそうなウォーターベッドが登場しました。それも、ただご...
余裕を持って朝を過ごし、仕事にもプライベートにも取り組みたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさんのアイデアは、カンタンにできちゃ...
瞑想は人によって目的が違う。ストレスフリーになるため、健康を取り戻すため、自分を見つめるため・・・。イチローや、ジョブズ、ビルゲイツなど、世界中の著名人も...
20年以上勤めていた会社を、いきなりクビになったTyler C. Beaty氏。その後、彼は一念発起して起業。成功者の仲間入りを果たしています。Beaty...
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
世界の有名IT企業などが導入したことで話題となっている「マインドフルネス」。現在、日本で開発が進められている「VR(バーチャルリアリティ)」と「ヨガ」の融...
「仕事をサクサク終わらせるのは難しい」。そう思うかもしれませんが、じつは悪い習慣を断ち、良い習慣を身につけることで、意外と簡単に身につけられるケースも多い...
この記事のライターDanielle Fagan氏は、ブロガーとしての活動の他、スピリチュアルカウンセラー、占い師、瞑想コーチなどマルチに活躍する女性。「C...
連休が終わりに近づいていて、憂鬱に感じている人も多いだろう。しかし、こうポジティブに考えてみてはどうだろうか?これまでの生活習慣をリセットすることができる...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
午後からの仕事の効率を上げるために、昼の休憩で仮眠を取りたいという人も少なくないはず。とはいっても、職場でリラックスして寝るのってなかなか難しいですよね。...
たくさんのことをいっぺんにやろうとし、優先順位はぐちゃぐちゃ。しまいには時間がかかるタスクが最後まで残っていて、残業するハメに...。そんな効率の悪い働き...
あなたの周りにもいるかもしれない、ズバ抜けて効率的に動ける人たち。その秘密はやはり「時間の有効活用」と強く関連しているようです。そこで「TalentSma...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
瞑想を日課として行い、その効果を実感している人のなかには、エグゼクティブと呼ばれる人たちがたくさんいます。