絵文字だけで作った日本地図が意外と遊べる!

虫の鳴き声が心地よく、秋の足音が聞こえてきましたね ♪

ずいぶんと涼しくなり、過ごしやすい日が続く、今日この頃。一年の間で、最も活動しやすい秋には、様々なお楽しみがあります。食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋…と色々ですが、忘れてはならないのは、行楽の秋です。

でもね、「忙しくてそれどころじゃない!」って人だって、きっといるはず。それなら、コチラを覗いてみて!!

ちょっとした『空き時間』を、ほんわ〜かした『秋時間』に変えてくれるはずだから。 

あのビール会社が公開した
ゆる〜い「日本地図」って?

とにかくゆる〜いんです。

あのキリンの淡麗グリーンラベルが、“絵文字”だけの「GREEN EMOJI MAP」を公開しちゃいました。何といってもユニークなのは、この地図が絵文字だけで作られているってこと。

忙しいあなたも、見ているだけで、思わずなごんでしまう地図なんですよね。

ところで、なぜ、ビール会社がこんなゆる〜い地図を作ったかって?それは、忙しい人の日常にちょっとしたやすらぎを提供したいからなんですって。

世界初!?
参加者全員で地図作り!

じつは、この「GREEN EMOJI MAP」、ユーザーの一人一人が自由にいじれるんです。

しかも、地図の作り方はとってもカンタン。自分が描きたい場所で、絵文字を選ぶだけ。みんなが、それぞれ記憶の中にあるアクティビティーを思い出して、参加者全員で地図を作っていく。それって、想像しただけでも楽しいですよね〜。

この地図なら感覚的だから、日本語を読めない外国の人だって、きっと楽しめるはずです。誰でもゲーム感覚で地図を作れてしまうので、忙しさを忘れてのめりこんでしまうかも!

絵文字の持つ意外な効果

最近、SNSの普及で、絵文字のバリエーションが増えましたよね?それに伴なって、絵文字を使う人も急増しているんです。

ある調査では、絵文字を使うユーザーが、絵文字を使わないユーザーに比べて「幸福感」を感じるという結果が出ているそうです。実際、FacebookやLINEなどでは、友人や知り合いとのやりとりの際、絵文字やスタンプの方が気持ちが伝わったりもするもの。

文字以外に絵文字を使ってコミュニケーションをとるだけで、幸せに近づける。人がハッピーになれるヒントは、意外と身近にあったんですね。心が軽くなるような、のびのびとした気分になるグリーンラベルらしさ満載の「GREEN EMOJI MAP」。早速、あなたも試してみては?

さあ、ワクワク気分で
絵文字トリップへ出発っ〜!

例えば、京都に行こう!と思い立ったら、すぐ行けちゃうのが「GREEN EMOJI MAP」。行ってみたら、紅葉と鳥居の絵文字がしっかりと秋の京都を感じさせてくれるではありませんか!

肌寒い朝には、心だけでもあったかくなりた〜い。そんな衝動に駆られたら、沖縄へGO!すると、ヤシの木やハイビスカスの絵文字で南国ムードにたっぷりと浸れますよ。まさに気分は、トロピカル!

南国を満喫したら、北の国へ。北海道だって数秒で行けちゃいます。おめあては、動物がたくさん暮らす日本で人気No.1の動物園!クマやペンギンの絵文字が出迎えてくれます。

一度は行ってみたい!という意見をよく聞くのが、日本最大の砂丘がある鳥取。行ってみると、砂漠とラクダの絵文字で鳥取砂丘を目に浮かばせてくれるのは感動的ですらあります!!

こんな風に、思い立ったらパッと日本のどこにでもアクセスできて、絵文字で楽しめちゃうなんて!何だか、クセになってしまいそうですよね〜。

あなたのとっておきの
スポットをマッピング!!

「GREEN EMOJI MAP」は、みんなでマッピングして作れるのが大きなポイント。しかも、絵文字に加えて、コメントだって書き込めちゃうスグレモノなんです。

地図に絵文字を書き込めるのは単純に楽しいし、TVやWEBなどのメディアでは紹介されていないグルメスポットやローカルな観光スポットに関してコメントしたり、コメントを覗いたり。

あなたのとっておきのスポットや、誰かのおすすめスポットも、参加者全員でシェアできるので楽しさはどんどん拡がります。どれをチョイスするか、絵文字のバリエーションは迷うほど。どんどんマッピングして、みんなで世界一ワクワクできる地図を作っちゃいましょうー ♪ 

毎日、アップデートして
進化する?

みんなが情報を書き込むことで、地図はカタチを変えていくのです。アップデートしていく地図って、ライブ感覚で楽しめちゃうから気分もアガります。毎日、更新されるから、超マニアックな情報だって発見できちゃうかもね!

秋の行楽に出かける人も、出かけない人も、この「GREEN EMOJI MAP」でちょっとした秋の旅気分を味わってみてはいかがでしょ?

ストップ!未成年者飲酒・飲酒運転。
淡麗グリーンラベル【発泡酒】

Sponsored by キリンビール株式会社
間もなくアップデートされるiPhoneの絵文字。その中の「ベーグルの絵文字」をめぐって、Apple社と、あるチーズ会社の間で “一悶着” あったのはみなさ...
間もなく、iPhoneの絵文字がアップデートされるのはみなさんご存知ですよね? 待ちきれなくて、個人的に大注目の絵文字をピックアップしました!
「#WorldEmojiDay(世界絵文字デー) 」の7月17日、それぞれの国がどの絵文字を一番使っているのか、Twitterより発表されました。けっこう...
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
50人分の手描きの「TOKYO」の地図が収められている『TOKYO 35°N』。「Romantic Geographic Archive」シリーズ第一弾書...
旅と食べ物をこよなく愛するふたり組のアーティスト、Caitlin LevinとHenry Hargraves。彼らが作り上げた世界地図は、その国の特産品や...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
イタリアにはたくさんのピザ専門店「ピッツェリア」があります。この記事で紹介する地図「Best Pizzas in Italy」には、イタリア版ミシュラン「...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
SNSを介して知人と近況をシェアすることが当たり前のこの時代。またしても、注目度大のアプリが登場しました。この「WHERE」があれば、ちょっとしたお出かけ...
歴史が覆るかもしれない「古代地図」の存在とは!?ここでは「Collective-Evolution」に紹介された記事を紹介します。記事内で取り上げられてい...
ニュージーランド政府観光局は、全ての世界地図にニュージーランドを掲載することを推進するキャンペーン「#getNZonthemap」の第2弾となる動画を公開...
このまままっすぐ地面を掘ったら、地球の裏側までたどり着けるんじゃないか?子供時代には、そんな純粋な疑問があったはず。WEBサイト「Antipodes」は緯...
産直野菜のデリバリーサービス企業が、キュートな野菜の絵文字を制作しました。普通に考えれば「何のため?」となるところ。けれど、彼らの絵文字に込められた意味を...
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
シティマップ「Urban Prints」は、無駄な情報を一切省き道路だけで表現したシティマップです。主張しすぎないデザインだからこそ、部屋の用途を限定せず...
夜のオフィス街で輝く明かりを見つけると、きれいだなと思うと同時に、「こんな時間まで頑張ってる人がいるんだ…」と、そこで働く人のことをあれこれ想像してしまい...
新しい建物をデザインする時、「その地域に密着するようなものにできないか」と考えたオランダの建築デザイナーチーム。そして出てきた案が、まさかの「絵文字」でし...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
あなたの名前には、「くさかんむり」や「きへん」が入ってはいませんか?また、「田」や「川」などの“自然”を表す漢字は含まれていませんか?該当するあなたは、ち...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。