「気球」の上でピクニック。正直、こんな家族旅行は羨ましい!

「知らない間にパパが決めていたんです」。昔の家族旅行って、そういうイメージだったかもしれません。でも最近はどちらかというと、ママと子どもたちで先にプランを決めていて、パパはあとから運転手として詳細を知らされる、そんなパターンも多かったりして。

いずれにせよ、家族みんなで行く旅行って、その瞬間瞬間がとても大切なものだし、あとから写真で振り返っても、思わず笑っちゃう1枚が出てきたりと、かけがえのないものですよね。

家族みんなで
気球に乗る日が来るなんて…

旅行の醍醐味は、なんといっても「非日常感」。普段の生活では味わえないようなことを家族みんなで体験することで、話が弾んだり、絆が深まったりするもの。

たとえば「気球に乗る」なんていうのも、いいですよね。子どもたちが大きくなって、友だちと海外旅行に行くようになったら1度くらいは乗る機会があるのかもしれません。でも、家族みんなで、なんて滅多にない。

「怖くなかった!」
「スカイツリーと富士山が見えたよ」
「空の上はすごく静かだった」
「火がすごくて、思ったより寒くなかったよ」
「いっぱい写真撮っちゃった」

気球が飛ぶのは、風の少ない朝7時。5時には起きて準備をしていたから、お腹もペコペコ。気球に乗って、これまで見たことがないような景色と一緒に食べるボリューム満点のサンドイッチは、最高に贅沢。バーナーの火種で焼いたマシュマロもたまらない。たまには、こんな空の上のピクニックもいいかもしれない。

「パパ、ママ!ほら見て、ハートの湖だよ」。気球から見えたのは、なんだか幸せな気分になる、谷中湖。風向き次第で真上に行ければ、すごくきれいな“ハート型”に見えるんだって。

反対側に振り向くと、同じ目線にたくさんの気球。こんな朝焼け、見たことない!

でも「気球」って
怖くない?

気球が「ステキな体験」なのは間違いありませんが、正直ちょっと怖い、という人も多いはず。家族4人いれば、ひとりくらい高いところが苦手な人がいたり…。

そんなこともあろうかと、前日には「熱気球の仕組み」について、お勉強&実験もしました。

「モンゴルフィエ兄弟って?」「ライト兄弟より130年前?」「空気は温めると軽くなるの?」

ちょっと難しい話もあったけど、実際にみんなで作ったミニバルーンも無事に飛んだし、大満足。乗る前に家族でこういう体験ができるのも貴重ですよね。

「空からの写真は、
ボクが撮りたい!」

家族旅行の写真って、あとから見返したとき、なんであんなに楽しいんでしょうね。「あれ、面白かったね」「また行きたい!」なんて、つい盛り上がります。

もちろん、パパやママが撮る写真だけじゃなくて、子どもにカメラを持たせてみると、いつもとはちょっと違った貴重なシーンが写しだされていることがあります。

最初は、大きくて重たく感じた一眼レンズのカメラも、慣れてくれば最高に遊べる「武器」。ズームもすごいし、タッチパネルや自撮りも楽しい。操作が簡単だから、子どもたちが「欲しい!」って言い出す気持ちもよくわかる。

それに、気球からの景色を一生の思い出にできちゃう。

“日本まるごと家族で遊ぼう”

じつはこの家族旅行は、販売されているツアーなどではなく、“日本まるごと家族で遊ぼう”をコンセプトにした「ASOBO JAPAN」による企画の第1弾。なんと7万組の応募のなかから抽選で選ばれた5家族のみを、すべて無料で招待したものなんです。

クリスマスには少し早い12月17日~18日、極上の時間がプレゼントされました。気球体験だけでなく、

・クックパッドが監修した、気球の上で食べる「朝食」
・学研のエジソンこと湯本所長が教えてくれる「ミニバルーン教室」
・Canon主催「ママフォトグラファー丸橋ユキさんの写真教室」と「EOS Kiss貸出し」
・運転手付きの「日産新型 SERENA」で移動、自動運転技術「プロパイロット体験」

これらもすべて、この日のためだけに用意されたスペシャルプラン。とくに自動運転の体験ができる機会なんて滅多にありません。「最初は不思議な感覚だったけど、疲れが少ないから長距離移動する旅行のときには良さそう」なんて声もありました。

パパ以外は、高いところが大好き?

今回「SKY PICNIC」に当選した、東京在住の佐藤さんファミリー。パパがいつのまにか応募をしていて、みんなは知らなかったんだとか。

14歳と10歳の姉妹も高いところは全然平気で、とにかく「楽しかった!」と話してくれました。怖がるどころか、カメラでたくさん撮影をしていたそうです。本当は、ただひとりパパだけが高所恐怖症だったのはここだけの話。ママも、気球の原理を知る実験を楽しんでいましたよ!大人も子どもも一緒にワクワクできるこんな機会、なかなかないですよね。

「ASOBO JAPAN」は、今後もどんどんスペシャルな家族旅行を企画しているので、興味のある人は、下記をチェック。

「ASOBO JAPAN」プロジェクト参加一覧

日産SERENACanon EOS KissGAKKEN学研キッズネットTHE NORTH FACEクックパッドadidas

「ASOBO JAPAN」には、これらの企業やブランドが参加しています。それぞれの特徴を活かした“遊び”をぜひ楽しんでください。

夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
気球は空を高く飛ぶもの。そんな固定概念を覆すある試みがクロアチアで行われ、話題になっている。その名も、「地球内部への旅」。史上初めて、熱気球が洞窟の中に入...
寄り添いあっていても、手を重ねていても。
どこかへ旅行に行くと、朝食はホテルで食べる人が多いはず。でも、星野リゾート リゾナーレ小浜島が企画した「人生初漂流 絶景Sunrise Breakfast...
みなさんはバスケットボールは好きですか?ロンドンの私が育った地域では、バスケはまったく人気がありませんでした。イギリスではサッカーやラグビー、陸上やボクシ...
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
愛する人や友達にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーは、じつは家族に日頃の感謝を伝えるチャンスでもあります。改まって伝えるのはなんだか照れくさいか...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
「Fish on Wheels」は、魚の水槽の土台となるタイヤが、魚の動きに合わせて動くというもの。つまり動く水槽。犬や猫みたいに魚が自分の後を追いかけて...
「ファミリーコンピューター」を通り抜けた世代なら、このオープニング画面だけでグッとくるはず。そう、京都府宇治市のPR動画は、完全オリジナル2D横スクロール...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
そんなこと、普通は考えもしません。それならば、この機会にちょっと思いを巡らせてみませんか?以下は、オーディションで選ばれた実在する一組の家族。全員で...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
一昔前とは比べ物にならないほど、様々な形の家族がある今。「Gays With Kids」と名付けられたウェブサイトがある。ここには、ゲイの家族の幸せそうな...
BMWの傘下であるデザイン・コンサルティング会社「Designworks」とアウトドアブランド「The North Face」が手を組み、キャンピングトレ...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
子どもの頃なりたかった仕事や、見事な職人技を見て「やってみたい!」と思ったり、ある職業に就きたいと本気で思っているけれど、どうしたらいいかわからないーー。...
鹿児島県のPR動画といえば、以前にTABI LABOでも取り上げたように、その圧倒的なクオリティの高さで有名だ。昨年公開された「KAGOSHIMA Ene...
「ありがとう」を家族に口にしたのはいつですか?もう間もなくクリスマス、そしてお正月。家族が顔を揃えるひとときがやってきます。久しぶりの我が家に戻る人も、日...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
家具や車など何もかもを売り払って旅に出た家族「The Bucket List Family」。45ヶ国を旅した彼らのもとに、ディズニーから30日間、30の...