どうしてBOTANISTのボディーソープは、こんなに流行ってるの?

アメリカ、フランス、日本の3ヶ国の楽天市場で売上No.1を獲得して、シリーズ累計販売本数1,000万本を記録した『BOTANIST(ボタニスト)』から、初のボディーソープ「ボタニカル ボディーソープ モイスト」が新発売されます。

BOTANISTは
ヘアケアブランドからバスブランドへ

BOTANISTとは、植物学者の意味。

そのネーミング通り、植物成分がたっぷりな天然由来のヘアケアブランド。発売当初から口コミから多くのリピーターを生み、その勢いは止まることなし。最近では、インフルエンサーの間で話題になったり、instagramなどでも見かける機会が増えて、気になっている人も多いのでは?

シンプルなボトルで、独特な存在感を放つシャンプーやトリートメント。それに続いて、ボディーソープも加わり、BOTANISTはもはやヘアケアでなく、お肌ケアもカバーするバスブランドになったといえるでしょう。

100%の天然成分にこだわったボディーソープは、お肌が乾燥するこれからの季節、あなたの強い味方になってくれるはずです。

赤ちゃんにも安心!
肌を守りながら、洗えるって?

紫外線や乾燥によってダメージを受けたお肌は敏感。洗う力が強すぎる硫酸系成分を含んだボディーソープだと、肌のタンパク質の性質を変えてしまう恐れがあります。結果、本来必要な皮脂まで落としてしまって、アレルギーを引き起こしたり、肌のトラブルになってしまうことも…。

BOTANISTのボディーソープは、洗う成分をすべて天然由来にこだわっているので、顔や肌を守るように洗うことができます。その優しさは赤ちゃんでも安心して使えるほどなんだとか。

すべすべの潤い肌になる秘密は
植物性のバターとミルク 

BOTANISTのボディーソープの中身は、カカオバター、シアバター、ムルムルバター、アーモンドミルク、ココナッツミルクといった植物性のバターとミルク。これらの植物性由来成分によって、すべすべのお肌へ。

同時に、桃果汁、リンゴ果実、アンズ果汁、オタネニンジンエキス、サクラ葉、バラ花エキスの6種類のボタニカルエキスが、お肌に潤いを与えてくれます。

きめの細かい濃密泡が
しっかりと洗い上げてくれる

肌にはやさしくても、洗浄力がなかったりするソープは本末転倒です。

でも、BOTANISTのボディーソープは洗浄力もすごいんです。泡立ちがとてもよく、きめの細かい濃密な泡は、毛穴や皮溝まで深く入り込んで、くすみや古い角質などを除去。

肌に付着した汚れをしっかりと落として洗いあげてくれます。

BOTANISTといえば、香り!
「ローズ」と「ホワイトピーチ」のWフレグランス

BOTANISTといえば、香りですよね!もちろん、ボディーソープだってこだわっています。

今回は、「ローズ」と「ホワイトピーチ」でほんわか香るダブルフレグランスなんです。ソープ類を選ぶ時に、香りを外せないという人ほど試してみる価値あり。贅沢な時間を約束してくれること間違いなしですよ。

毎日のバスタイムが待ち遠しくなるような「癒し」をカラダとココロに与えてみては? 


BOTANIST新商品発売記念として、LINE友だち限定のお得なクーポン配布中!お友だち追加登録をするだけなので、この機会に、是非!!
対象商品:ボディーソープ モイスト・ボディーミルク モイスト
クーポン:2本をご購入の方には、500円OFFクーポンを配布
     どちらか1本ご購入の方には、100円OFFクーポンを配布

この BOTANIST『ボタニカル ボディーソープ モイスト』は11月22日から一部のバラエティショップで手に入れることができます。なお、公式ウェブサイトでは、11月20日から先行発売されるとのことなので、先取りをしたい方はコチラまで!

もうすぐ、夏がやってきます。楽しみな一方で、日焼けが気になるし、エアコンが効きすぎて乾燥もするし、暑さで夏バテにもなったり……。何かとカラダのケアが大変な...
ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
まな板の上に置かれた姿は、まるで本当のスイカのよう。間違えて食べてしまいそうな、キュートなハンドメイドソープを紹介しましょう。「Soaptopia(ソープ...
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
アメリカ・フロリダ州を拠点にするカトリック教徒のグループFundación Ramón Panéが、ポケモンGOに似たアプリを開発しました。その名も『Fo...
原宿は学生の街…なんて思っていたけど、その面白さを見直し始めている今日このごろ。日本初上陸のカフェはまずこの街に集まってくるし、知らない道を入れば個性的な...
夜、トイレに行きたくて起きることがある。いきなり明かりをつけると、眩しい上に目がパッチリ覚めてしまう。だから、暗闇の中を手探りで洗面所方面へと進んでいくハ...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
「Soaptopia」は、カリフォルニア ベニスビーチで生まれた、植物をベースに丁寧に作られたハンドメイドソープ&ナチュラルボディケアブランド。作りたての...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...
いつまでも綺麗で滑らかなデコルテで勝負したいものです。保湿ケアやマッサージももちろんの事、実は、睡眠の体勢によって肌へのストレスが変わるもののようです。そ...
右の画像、一見イラストのように見えますが、じつはボディペインティングでコスプレした女性の姿。彼女のInstagramにアップされたアメコミらしさ満点の“動...
暑い夏から過ごしやすい秋に入り悩まされるのが「カサカサ」の乾燥肌。毎年気をつけているのに、なかなか改善されない、とお悩みの方も多いでしょう。ここでは、乾燥...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
どんな人でも、皮膚の下には筋肉があり、血管がある。自分の身体でさえ日常の中であまり意識することはありませんが、「もし皮膚が透けていたら、その下はこうなって...
コミュニケーションにおける、勘違いポイントのひとつがボディタッチ。さり気なくサラッと決められてしまうと、嫌とも思わないのに、ぎこちなさが体温を通して伝わっ...
ちょっと親しい関係になると、気軽にボディタッチしてくる男性っていますよね。特に、肩の部分は触られやすいようで、軽くポンと叩くこともあれば、じっと手を置かれ...
付き合っていると、ときどき思ってしまうのは「本当に愛しているの?」ってこと。疑うわけじゃないけど、“気持ち”の部分を確かめたくなるときだってある。「Eli...
『オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー』の「アラバストル」は、石に香りをつけるというユニークなルームフレグランス。白磁器の容器も上品です。
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
世界でもっとも華やかなボディペイントを決める国際大会「The World Bodypainting Festival」が、6月の終わりから7月にかけて開催...
いつもと違う環境に身を置くだけで、肌質がすっかり変わってしまうことはありませんか。家族旅行や出張などで、知らない土地に足を踏み入れるとき。わくわくする気持...