11月の間、ママがリビングを封鎖しちゃった…

母親にとって、掃除とは子どもとの果てしない闘いのようなもの。片づけても片づけても、端から汚されていく。そんな毎日にうんざりしたひとりの母親がサンクス・ギビング(感謝祭)を機に、強硬手段に出ました。

今月始め、オハイオに住むニック君がTwitterに投稿したのは、事件現場のように入り口をテープで封鎖されたリビングの画像…。

えっ、1ヶ月
立入禁止?

キイラーさんのお宅には、今年30名が来客予定。絨毯や家具、リビングの隅々まで徹底的にクリーニングを済ませているので、子供たちへのメッセージつきで封鎖したのです。

「この部屋は休暇のために清掃され、感謝祭まで正式に封鎖されました」

ただし、例外もあるとのこと。子供たちが清潔な服と靴で、かつシャワーを浴びた直後であれば入室許可を取ることができるんだそう。もちろん飲食は厳禁。

でも、じつは…

ここまでの話を読むと、6〜8歳くらいの兄弟が暴れるのかな?という微笑ましいエピソードにも思えますが、4人いるキイラーさんの子どもたちは17歳〜27歳。現在、そのうちの2人が同居しているのだそう。

正直、そんな大きな子どもたちだとは…。

これを機に、しっかり掃除ができる“大人”になれるといいですね。

Licensed material used with permission by nick denbow