今度は「銀座」のデパ地下。ドミニク2号店がこの春オープン

この春、銀座の街を歩く人たちの手にするバルーン(これは透明のもの)を注意深く見てほしい。もしも、膨らんだ中に何やら小さなお菓子を見つけたら、それは「空飛ぶケーキ」という名のドミニクアンセルベーカリーからのサプライズだから。銀座の街ぶらに、このバルーンが“ふわふわ”している景色を目に浮かべると、ちょっとクスッとしてしまうけどね。

風船に入れて、
浮かせて持ちかえるケーキ

※画像はイメージ(商品開発中)

空飛ぶケーキ(1,000円・税抜)は、まさしくゼロ・グラビティ(無重力)を楽しむためのもの。なんせ宙に浮いた状態でケーキを持ち運ぶことができるのだから。手を離せばふわふわと空に舞い上がってしまう“軽さ”にこだわり、ケーキ自体も極限までライトな仕上がりを意識したとか。

もちろん、食べるときはパンっとバルーンを割ってから。でもそれじゃ、あっちこっちにケーキが散ってしまいわないか…という不安もすでに解決済み(ほっ!)。持ち手のひもとケーキはバルーンの中で結ばれていて、割ればケーキだけが空から降ってくる仕掛け。これ、なにかのキャンペーンというわけではない。言うなれば、ドミニク流のテイクアウトといったところ。

ドミニクアンセルベーカリー
2号店はデパ地下に

あまりの突飛なアイデアに、まずはケーキの紹介からになったが、本題はあくまでこっち。

ドミニクアンセルベーカリーが、表参道店に次ぐ2号店を3月29日(水)にオープンする。場所は銀座三越地下2階。こちらはテイクアウト専門だけど、焼きたて、つくりたてにこだわる同ベーカリーらしく、最後の工程は店内のキッチンで仕上げるようだ。じつは、件の空飛ぶケーキもまだ開発段階だそうで、最終的にどんなものになるのかはオープンしてからのお楽しみ。

バルーン自体がラッピングの要素を兼ねたり、こうした意外性やおどろきでユーザーをエンターテインしてくれるのが、ドミニクアンセルベーカリーの真骨頂。こんな感じで、今まさに新規オープンに向けた商品開発もギリギリまで続いている。数十種を予定しているケーキやお菓子より、ほんの一部を先に見せてもらった。

フラワー クッキー(4,500円・税抜)

花びらを一枚ずつ取っていただくこのクッキー、見た目の華やかさだけでシアワセな気持ちになれるし、ギフトやパーティーシーンの手みやげなら鉄板でしょう。繊細で美しい花びらを模したローズ風味のクッキーと、さわやかなライチのガナッシュ。かたちを崩すのがもったいない?大丈夫、食べれば2度目のシアワセが訪れるから。

スクエア ウォーターメロン(720円・税抜)

来日するたび、ドミニクは日本のフルーツに注目しているんだとか。なかでも衝撃を受けたのが「四角い形をしたスイカ」。そのインパクトをそのままケーキにしたのがこちら。中身は、カットするそのときまで秘密にしておきたい。

50%の商品は銀座限定スイーツ
ユニークさとオリジナリティで勝負

多種多様な人たちがいて、バラエティに富んだ飲食店が軒を連ねていることでは、東京とNYはよく似ていると語るドミニク。なかでも「銀座はローカルな客層で、いいものを知っている人が多い街」、こう印象を口にする彼が、初来日(7〜8年前だと本人談)で最初に訪れていたのが銀座だった。

老舗の甘味処からショコラトリーまで、スイーツ店ひしめくこの土地であえて勝負をかける。“つねに進化し続ける”ことに挑みつづけるドミニクが、たんに思い出の地にこだわったとは思えない。どんなサプライズがあるんだろう。

「東京にはたくさんスイーツショップがあるけれど、ボクらも個性的で強いキャラクターをもったお店です。銀座店でも、クリエイティブな強みを生かしたユニークな商品を展開していく予定ですよ」。

表参道店オープン(2015年6月)以来、これまで150種近いアイテムをリリースし、訪れるたびに新しい驚きを与えてくれるドミニクアンセルベーカリー。2号店では、ほぼ50%が銀座限定商品になる予定だという。つまり、表参道店でファンになった人たちも銀座へ行けば、そこにしかない味に出会えるというわけ。

みんなをアッと驚かすバルーン片手にお花見なんて、いいんじゃない?

DOMINIQUE ANSEL BALERY at GINZA

住所:東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越B2F
時間:10:30〜20:00
オープン日:2017年3月29日(水)
定休日:銀座三越の定休日に準ずる

Licensed material used with permission by DOMINIQUE ANSEL BAKERY TOKYO
「クロナッツ」、「フローズンスモア」、「クレームデュラコーン」、これまで数多くのメディアがどれだけドミニクアンセルベーカリーを紹介しても、ユニークすぎるお...
またしても「やられた!」、こう心の中で本音を飲み込んだ人がどれだけいるだろう。「ドミニクアンセルベーカリー」の最新作は、なんとおにぎり!でも、何度驚かされ...
“フレッシュなとうもろこしをバター醤油で香ばしく焼き上げ、とうもろこし味のソフトクリームにとうもろこしジャムをトッピング”。神宮前にあるドミニクアンセルベ...
ブルックリンでひそかに話題になっていたジム『Playground』が日本に上陸しました。「遊び場」という意味が込められているこの場所では、遊びを通して体を...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
誰もが知るフランスのファションブランド、シャネル。では、その旗艦店となるシャネル銀座ビルディングの屋上テラスに、期間限定カフェがオープンしていることをご存...
スペインの高級パティスリー『bubó Barcelona(ブボ バルセロナ)』が、東京に日本第1号店をオープンすることになった。オープン日は、バレンタイン...
SA BIRTH(サバース)」から、新たなジュエリーブランド「SA BIRTH GINZA」が誕生。10月20日、銀座4丁目にオープンしました。デザインは...
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
じゃがいもに無数の切れ目を入れてオーブンで焼く。たったこれだけの工程なのに、めちゃくちゃ美味しい!SNSで話題となるや、シンプルな調理法がウケて、じわじわ...
『bills(ビルズ)』と言えば、あのふっくらまあるいパンケーキ。それから、口のなかでとろけるなめらかなスクランブルエッグ。世界一の朝食が食べられると謳わ...
2014年に、シアトルにオープンした、店内に焙煎施設がある「スターバックス リザーブ ロースタリー」。先日、第2号となるお店が、12月5日、上海にオープン...
渋谷・道玄坂沿いにある「森の図書室」は、深夜までお酒やコーヒーを味わいながら本を読める、くつろぎの場として人気。2016年3月18日には、その2号店がオー...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
2016年1月に銀座にオープンした「STAND BY FARM」は、千葉県佐倉市にある自家農園「在来農場」直送の、穫れたて&無農薬・無化学肥料で育てた野菜...
「ダンデライオン・チョコレート鎌倉店」がオープンしたのは、鎌倉駅の西口から徒歩1分、東口から出ても、2分歩けば十分に到着する絶妙な立地条件だ。
ブルックリン発のベーカリー「BAKED」の代表作は、ダークチョコレートを使ったブラウニー。フランス料理協会ベストデザート賞など数々の賞に輝くこの味を...
しかも、カカオ豆からチョコレートになるまでの、各製作工程の豆を試食して選べちゃうチョコレートスタンドなんです!「Minimal 銀座Bean to Bar...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
11月30日、秋葉原に寿司ブリトー専門店「beeat sushi burrito Tokyo」がオープンしました。