すべての夫婦に交わしてもらいたい「12ヶ月分の約束」

二人でドキドキしましょう。彼氏と彼女だったあの頃みたいに。
夫婦で過ごす時間はもっとあっても良いと思うのです。むしろ作るべきだと思うのです。
だから毎月22日を「夫婦の日」にしませんか?前もって二人で決めておいた12ヶ月分の約束を守る日。たとえばこんな風に……。

4/22
早めに帰って、一緒に料理をつくる

滅多にそんな機会はないはずです。新鮮でいいんじゃないかなあ。肝心のメニューは二人とも初チャレンジのものを。だって、どちらかが作ったことがあれば「あ〜そうじゃない!」と、つい小言を言いたくなるでしょう?

ビールに合えば、もう言うことなしですね。たとえばフリットなんてどう?それほど手間はかからないのに、特別感のあるメニュー。ビールとの相性はもちろん◎。ふわサクの軽い口当たりで何個でも食べられます。

キリン一番搾りの公式HP内シェアクッキングでは、他にも夫婦で作るのにぴったりな簡単レシピが紹介されています。

5/22
相手の直して欲しいところを言い合ってみる

ふだんは険悪なムードになるのが嫌だからと、ちょっとムカついても言葉や態度には出さず、自分の心に留めておくのかもしれません。でも、それが続くと心のモヤモヤは大きくなる一方。どこかで吐き出さないとあとで大変なことに……。

溜まったイライラをぜんぶ、ぶつけちゃいましょう。5/22はきれいさっぱりこころの毒を取り除く日。

6/22
午後、二人で半休をとって
最初にデートした場所へ行ってみる

あなた達はどこへ行きましたか?海?公園?映画館?
もしかしたら当時とは姿形が変わっているかもしれないけれど、その場所に身を置くだけで、走馬灯のように初デートの思い出がよみがえってくるのです。「あんなことしたっけ?」「ここが変わったね〜」と話していたら、付き合い始めた頃の初々しい気持ちがほっと心に浮かんで、どちらからともなく手をつないだりして。

7/22
1年後のパートナーにラブレターを書く

ラブレターなんていつぶりかな?もしかするとはじめてかも。しかも1年後のパートナーへ、って何を書けばいいんだろう……。

大丈夫。相手のことを想って精一杯書いたなら、たとえうまい文章じゃなくても、愛はちゃんと伝わりますから。ただ、交換は来年にしません?その内容を実現させることが1年間のモチベーションになると思うのです。答え合わせをする時に「書いた通りになってる、スゴいね」と褒められるのはやっぱり嬉しいもの。

8/22
「22のありがとう」を伝える

ほんとうは「ありがとう」を伝えられる場面って日常にたくさんあります。でも、一緒にいる時間が長くなれば、そのチャンスに鈍感になってしまうのです。朝起こしてくれたり、ごはんを作ってくれたり、掃除をしてくれたり、子どもの送り迎えをしてくれたり。当たり前のことに感謝しましょう。「ありがとう」と言いましょう。きっと、22個なんてあっという間に終わっちゃいますよ。

さ、5つの約束ができました。あとの7ヶ月分は二人でほっこりビールでも飲みながら話し合ってみては?

キリン一番搾りが運営する
メディア「一番PRESS」では
新しくていろいろなビールの楽しみ方が
紹介されています。

苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
夫婦関係が悪化する原因のひとつとして、よく「お金の問題」が挙げられます。特に共働きの場合、しっかり話し合わないと後で揉めることにもなりかねません。そこで岡...
ずっと一緒にいると、忘れがちなパートナーへの想い。心の奥にある「キモチ」に気づくのは、もしかしたら2人の間に大きなトラブルや壁が立ちはだかった時なのかもし...
結婚生活の破綻に直面した時に、「別れる」という選択ではなく「継続する」ために女性側の立場から何ができるのかを提案する著書『夫を夢中にさせる いい妻の愛され...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
長年寄り添えば寄り添うほど、良くいえば落ち着く、わるくいえばマンネリ化するのが夫婦関係というもの。でもそんな日常の中に必ずあって欲しいのは、ふたりの愛を二...
愛を知らない一組の男女が、「本当のしあわせ」を見つけるまで。
結婚65周年を迎えた、HaroldさんとRubyさん夫妻。半世紀以上を共に歩んだふたりが記念日に撮った写真からは、幸せが溢れ出ています。
アーティストであるAnnabel Oosteweeghelの「Everlasting」というシリーズは、ある老夫婦の平穏な生活が写し出されている。誰も会っ...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
夫婦って面白いものですよね。夫婦の数だけ愛のカタチがある、なんて言葉もありますが、掛け合い漫才のような夫婦生活を慈しむおじいちゃん、おばあちゃんの川柳から...
ライターとしてだけでなく、カウンセラーとしても活躍中のDebra Fileta氏。結婚生活を良好なものにするためのコツは、「些細なことを意図的に行うこと」...
「ロレアル パリ」が制作した、この動画。主人公は、夫が色覚異常の悩みを抱えている3組の夫婦です。物語は、妻たちの不満の声から始まります。仕方のないことだと...
結婚したら、次は子ども…なんてステレオタイプなイメージは未だに根強くありますが、子どもを持つかどうかは夫婦にとっても重大な選択。経済的に難しいと考える夫婦...
フォトグラファーのKen Griffithsさんは12ヶ月間にわたり、毎月まったく同じ場所で、一組の老夫婦を撮り続けました。その幸せな日常と、最後の1枚で...
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
夫婦円満の秘訣は互いに「平等」であること。現代社会においては、夫が稼いで妻は内助の功に徹する、なんて構図の方が珍しいくらいです。じゃあ、掃除や洗濯、料理に...
「夫婦は、生活を共にするもの?」「Your Tango」に寄稿された遠距離婚の経験者、作家でブロガーのビクトリア・フェデンさんのコラムによれば、離れている...
うつ病に苦しむ妻を献身的に支え続ける夫。ある日、彼女を励まそうと夫はあるサプライズを仕掛けました。愛する夫からの贈り物を得た妻。うつを抱えて生きる彼女の反...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
カナダ・バンクーバーアイランドから10分ほど船に揺られると、「Freedom Cove」と名付けられた、おもちゃのようにカラフルな家を見つけることが出来ま...
ラブラブな夫婦生活をおくるライターAnjali Sareen Nowakowskiからのアドバイス。読めばやっぱり、単なる“おのろけ”。ところが、まんざら...
働き者の男がいた。彼はお金が大好きだ。なぜならそれは、これまでの実績を証明するもの。だからこそ、そのすべてを自分の懐にとっておきたかった。男はケチなことで...