プロポーズの覚悟が決まったら、指輪とともに「パパラッチ」の準備を。

ワイドショーなどで、ジャスティン・ビーバーが彼らと格闘している映像をよく目にする。そう、パパラッチのことだ。僕みたいな一般人はな〜んの被害もないから問題ないんだけど、あとを付け回されるセレブの心情は推して知るべし。感情的になるのも無理はない。

でもアメリカでは、本来は煙たい存在の彼らに、お金を払ってまで“パパラッて”もらえるサービスが流行中。その写真が一生の思い出になるというのだから、もうこう思わずにはいられない。

パパラッチ、ありがとうな。

PAPARAZZI PROPOSALS」は、プロポーズの瞬間を写真撮影してくれるサービス。する側にとってもされる側にとっても、基本的には一生に一度の大切な時間。にもかかわらず、多くの人はその様子を記録していない。こんなにもナイスなリアクションは、二人の思い出として絶対に残しておきたいはずなのに。

撮影までの流れはこうだ。

まずは、日時や場所などプロポーズのアイデアを練っていく。経験豊富なスタッフが、それぞれの街ごとのオススメロケーションを提案してくれるらしい。

ある程度内容が決まったら、プロポーズを行う正確な場所やカメラマンの隠れている位置を共有。たしかに、少し角度がズレるだけで、撮りたい表情を記録できなくなってしまう。

当日はもう、勇気を振り絞って頑張るだけ。

価格は495ドル(約54,000円)から。ちなみに、メインはアメリカだが、それ以外の国でも撮影してもらえる可能性があるらしい。HPには、海外の希望者でも諦めずにコンタクトしてほしいと書かれている。実際に、バルセロナやシドニーでの事例も確認することができた。

とはいえ、ザッと見たかぎり日本での事例は確認できない。お願いすれば、はるばる極東まで来てくれるのだろうか?プロポーズの覚悟が決まった人は、指輪だけでなく、パパラッチの準備も検討してみてほしい。

Licensed material used with permission by Paparazzi Proposals
他の記事を見る
サプライズで指輪を渡してプロポーズ!そんなときに活躍するのがこのスマホリングケース。リングケースとスマホケースを一体にすることで、指輪と彼女、両方を一度に...
「この人が運命の人だ」。 そう思ったら急に、彼もそう思ってくれているかな?いつプロポーズしてくれるかな?サプライズもいいけど好みの指輪かな?などなど、いろ...
カリフォルニア州の山火事で、自宅を失ったDonさんとJulieさん夫妻。真っ黒に焼けてしまった家から2人は、結婚指輪を見るけると、DonさんはJulieさ...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
都会の真ん中で緑に癒される焙煎カフェも併設した南青山の話題スポットSHARE GREEN MINAMI AOYAMA〒107-0062 東京都港区南青山1...
男性はどんなときに結婚に踏み切ろうと思うのでしょうか?プロポーズを決めた男性12人の答えを、『Elite Daily』のRachel Shattoさんがま...
とにかくサプライズを好むと言う人もいれば、「早く結末が知りたい!」と先が気になってしょうがないタイプの人も。もしあなたが後者なら、この記事は嬉しいもの。付...
2019年になって早々、話題になったある男の話。彼女にプロポーズしたにも関わらず、指輪を返して欲しい、婚約を破棄したいなどとネットでぼやいたことで炎上した...
「彼女にすべて内緒のプロジェクトだからね。ドキドキしたよ」。画家のJared Heidenさんは、恋人Rachelさんへのプロポーズを地平線の見える気球の...
おかゆカルチャーを発信する池尻大橋にオープンしたカスタムお粥専門店CAYUZO〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目22-3https://cayuz...
オーストラリア在住のAlexさんは、パートナーの故郷でもある南アフリカの景色をVRで再現しました。そして、たくさんの彼女の思い出の詰まった場所でプロポーズ...
ある日、森の中で行われたプロポーズ。結婚を申し込まれた女性は、自分が一番大切にしているモノも全てひっくるめて受け入れてくれた彼の思いに、思わず号泣してしま...
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。
今年4月に公開されてから2か月余りで動画再生回数300万回越えを達成した、話題のカップルがいます。オーストラリア在住のAnnaさんがプロポーズされて一番驚...
カップルの数だけ感動的なプロポーズがあります。どれが正解って訳でもありません。たとえば、こんな方法で愛を成就させた男性がいます。あえて、結論から先に言うの...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
世の中には、たくさんの仕事があります。今回は、NYの街で「プロポーズプランナー」として活躍するアッシュ・フォックスさんを紹介します。なんと彼女、これまで1...
ドイツ出身のボディ・ビルダーPatrick Huberさんの恋人は、1996年のアトランタオリンピックに飛び込み競技のスウェーデン代表のとして出場したJi...
40回目の結婚記念日が近づいてきたある日の晩に、彼はタキシードに身を包んで妻の帰りを待ちました。家にピアニストを呼んでおき、驚く彼女をリビングに連れていく...
「Your Tango」のShelby Hendersonは、『風と共に去ぬ』から『きみに読む物語』まで、ありとあらゆる名作品から21のプロポーズ台詞をチ...
「METAPHASE」という名の漫画がある。自閉症の息子、Ollie君のパパが自分で描いたものだ。理由は、既存のものを探しても「どうしても読ませたいと思う...
プロポーズの瞬間ーー。パートナーの驚き、喜ぶ顔を一生の記念にしたい。そんなロマンチックな願いを叶えてくれるアイテムが、カメラ付きリングケース「YES CA...
一瞬見ただけで、思わず顔がほころんでしまった。フォトグラファーのGuy Vainerは1歳になる双子の父親なのだけど、自分の子どもたちを愛しすぎて彼のIn...