一番近くて行きやすい「豪華な海外リゾート」で週末を!

移動は最小限に。楽しみは最大限に。だったらここ!週末海外の定番・韓国です。北東アジア初の統合型リゾート(IR)施設「パラダイスシティ」が2017年4月にオープンしました。

成田・羽田空港から仁川空港まで約2時間半(関空からは約2時間)。それからホテルまで、シャトルバスかリニアモノレール(どちらも無料)に乗り換えて5分、徒歩でも15分ほどで到着する好立地。

休日を満喫できる要素がぎゅぎゅぎゅっと詰まっているから、ここだけで旅行のプランを立てられます!

満たせる欲求その①
“5つ星ホテルでのんびりしたい”

グランドプレミアデラックスダブル

パラダイスは、韓国を代表する観光レジャー産業のリーディングカンパニーであり、カジノ運営で有名な一流企業。ここなら、ソウルのカジノ付きホテルと大きく変わらない予算ながら、ラスベガスやマカオにあるような大型の本格カジノやリゾート施設がある5つ星ホテルに泊まれます。

オープンしたての場所で“泊まる”と“遊ぶ”が完結。あちこち行く予定を考えずに思いっきり羽を伸ばせるから、精神的・体力的にゆとりを持てますよね。優雅でリッチなひとときを、こんな場所で過ごしてみたいもの!

満たせる欲求その②
“海外リゾートで羽目を外したい”

シャンパンバー
最高級のシャルドネが飲める
メゾン「ペリエ ジュエ」がプロデュース

ライブミュージックラウンジ「ルービック」
生演奏などのパフォーマンスイベントを観ながら銘酒を楽しめる

バー併設の屋内プール

サウナ・スパ・フィットネスジムも

バーやプールで、友だちや恋人とリゾート気分。日差しを浴びながら泳ぐも良し、お酒を飲んでチェアーに寝そべり読書にふけるも良し。バカンス気分を味わいながら、スパやサウナで全身をリラックスさせてメンテするのもアリ。

思う存分、自分にご褒美をあげられます。そんなふうに、海外で気分転換できたら嬉しいですよね。ここならすぐそこ。それに、快適な空間でのんびりできるだけじゃありません。

カジノ、ボウリング、ビリヤード、ダーツ、キッズエリアやVRゲームがプレイできるプレイステーション体験ゾーン、生演奏を鑑賞できる施設も充実しています。

満たせる欲求その③
“刺激的なものに目を奪われたい”

パラダイスシティには「アートテインメント・リゾート」というコンセプトがあります。つまり、アートとエンタテインメントに注力しているリゾートというわけ。

敷地内には、アレッサンドロ・メンディーニ、草間彌生、ダミアン・ハースト、ロバート・インディアナなどなど、著名な作家を含めた作品が2,700品も展示されています。

素敵な何かに夢中になっていたいときってあります。ここなら、敷地内を散歩しているだけで目を奪われる作品に出会えるはず。どんなアートが飾られているかは、コチラから確認してみて。

満たせる欲求その④
“一生に一度は体験してみたい”

目玉は、なんといってもカジノ。

日本企業が運営に携わっていて、日本語で対応できるスタッフが多いのが特徴。ディーラーとのやりとりも、言語の壁を気にせずに遊べる貴重な場所だから、経験がなくても安心してゲームを楽しめます。

テーブルゲームのミニマムベットは約1,000円から。予算が少なくてもOK。勝ち負けにこだわらず、その場のゴージャスな気分を楽しむだけでも十分。大富豪の巨額のベットを目の当たりにしちゃうかも?そういうことも、一度は体験してみたい!

もしかしたら、ゲームを通して一緒に行った人の意外な一面も見えてくるかもしれません。

グルメな人にもオススメです。

ヨーロッパ、ニューヨーク、上海の最新トレンドを取り入れたプレミアムビュッフェ
「On The Plate」

パラダイスシティには、ミシュランガイド上海で2つ星を獲得し、2017年「アジアのベストレストラン50」に選出された中華料理店「インペリアルトレジャー」のほか、オペラのアリアを思わせる本場イタリアン「LA SCALA」、モダンで洗練された雰囲気の中で日本料理を味わえる和食レストラン「Raku」、ヨーロッパ、ニューヨーク、上海の最新トレンドを取り入れたプレミアムビュッフェ「ON THE PLATE」などなど、美食・美食・美食が集結!

2018年には、スパやクラブなどを含めた様々な施設が新たにオープン予定。市内へのアクセスもよく、ソウル観光をするために選ぶホテルとしても魅力的なのです。

週末、土日を使って海外旅行へ行きたいと考えている人にとって嬉しい要素が満載。その雰囲気を、イメージビデオで一度チェックしてみて!

ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
「世界一高いホテルのスイートルームのひとつ」と報じられているのは、ラスベガスのパームズ カジノ リゾートに新しくできた一室。宿泊料金は1泊なんと10万ドル...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
ノマドな古着屋「weber(ウェーバー)」のポップアップイベント「Reading」が、12月14日〜17日に「ヒビヤ セントラルマーケット」で開催。
現在、フィリピンの海は、過度の漁獲量、観光地化、プラスチック廃棄物や有毒製品による大規模汚染などによって深刻な脅威にさらされている。そんな背景から、パラワ...
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
フーコック島のホテルの19階にあるバー「INK360」。同島で一番高い場所にあり、もちろん景色は抜群。メニューにはないスペシャルカクテルもあります。
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
「Google」の社内ベンチャーとしてスタートし、現在は独立して自動運転車の開発を続ける「Waymo」。米国フェニックスの一部地域で一般向けに自動運転タク...
ソウルじゃなくて、釜山でもなくて、第三の都市・大邸(テグ)。ここは甘党向けです。
旅先の「食」を中心にソウルのナイトライフを並べてみた。
オランダを中心に展開するポップアップカジノ「The Black Box Bellagio」。無料で遊べるワケは、お金の代わりにあなたのプライバシーを使えるから。
新しい韓国旅なら大邱(テグ)。直行便が増えたことで、注目度が高まっています。
観光促進、雇用創出、外国投資を目的に進められている、サウジアラビアの新プロジェクト「Amaala」。同国の北西の沿岸部に、新たなリゾートを建設するというもの。
「Netflix」は、先日12月9日に発表された米「ゴールデングローブ賞」において、合計で34ノミネーションという快挙を成し遂げた。
「GMOインターネットグループ」は、12月5日に開業した「渋谷フクラス」の商業施設「東急プラザ渋谷」にて「GMOデジタル・ハチ公」をオープンした。
スリランカの5つ星ホテル「Chena Huts by Uga Escapes」。近くには、国内に22ある国立公園で2番目に広い、指折りの観光名所「ヤーラ国...
観光産業が著しく成長しているスリランカですが、国の玄関のほど近くから癒やしのホテルが迎えてくれます。「The Wallawwa」は、バンダラナイケ国際空港...
スリランカといえば動物の「象」というのは、海外でも広く有名。現地では多くの象が、観光客を魅了していますが、動物の象だけが観光客を迎えているわけではありませ...
死ぬまでに一度は行っておきたい。そう思えるホテルが世界中にはいくつも存在します。ここで紹介するのもそんなホテルの中の一つ。タンザニアのペンバ島に存在する「...
フォーブス・トラベルガイドの「眺めのイイ世界のベストバー」を筆頭に、数々の受賞歴を持つ「絶景バー」をご紹介。場所は、インドネシアの人気リゾート地・バリ島。...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、砂漠のオアシスー。アラブ首長国連邦・アブダビに位置する、世界最大の砂漠として有名なリワ砂漠を車で走り続...