一番近くて行きやすい「豪華な海外リゾート」で週末を!

移動は最小限に。楽しみは最大限に。だったらここ!週末海外の定番・韓国です。北東アジア初の統合型リゾート(IR)施設「パラダイスシティ」が2017年4月にオープンしました。

成田・羽田空港から仁川空港まで約2時間半(関空からは約2時間)。それからホテルまで、シャトルバスかリニアモノレール(どちらも無料)に乗り換えて5分、徒歩でも15分ほどで到着する好立地。

休日を満喫できる要素がぎゅぎゅぎゅっと詰まっているから、ここだけで旅行のプランを立てられます!

5c6b491e4f404821db81f7d3751c7c489151321c

満たせる欲求その①
“5つ星ホテルでのんびりしたい”

D53234c5400fc74c73566ee62a1f6b67c16701750f3abe2781e464445bfac36db14f5733115ae97004dcf2fe5c353fa46ea0e759c62d8833a60529ac

グランドプレミアデラックスダブル

パラダイスは、韓国を代表する観光レジャー産業のリーディングカンパニーであり、カジノ運営で有名な一流企業。ここなら、ソウルのカジノ付きホテルと大きく変わらない予算ながら、ラスベガスやマカオにあるような大型の本格カジノやリゾート施設がある5つ星ホテルに泊まれます。

オープンしたての場所で“泊まる”と“遊ぶ”が完結。あちこち行く予定を考えずに思いっきり羽を伸ばせるから、精神的・体力的にゆとりを持てますよね。優雅でリッチなひとときを、こんな場所で過ごしてみたいもの!

Cb863a5ceee4aaef206d7de4ddb33cd4892f38ae

満たせる欲求その②
“海外リゾートで羽目を外したい”

83e6341615d1332f2f58e436033fb08ab9b05bea

シャンパンバー
最高級のシャルドネが飲める
メゾン「ペリエ ジュエ」がプロデュース

F67b8b328beab162dd45d1749957200d1c2564e2

ライブミュージックラウンジ「ルービック」
生演奏などのパフォーマンスイベントを観ながら銘酒を楽しめる

A103601a856cbdb0849a3ee47f2b601958aef62e

バー併設の屋内プール

C3fb9a63ecef807d6fa40684ed311946a322352d

サウナ・スパ・フィットネスジムも

Cb33e39a096715bf5abd1bf8ddeb404e9a8ea068

バーやプールで、友だちや恋人とリゾート気分。日差しを浴びながら泳ぐも良し、お酒を飲んでチェアーに寝そべり読書にふけるも良し。バカンス気分を味わいながら、スパやサウナで全身をリラックスさせてメンテするのもアリ。

思う存分、自分にご褒美をあげられます。そんなふうに、海外で気分転換できたら嬉しいですよね。ここならすぐそこ。それに、快適な空間でのんびりできるだけじゃありません。

カジノ、ボウリング、ビリヤード、ダーツ、キッズエリアやVRゲームがプレイできるプレイステーション体験ゾーン、生演奏を鑑賞できる施設も充実しています。

E429d1136fdb7c2eb445783816ea8210f2ff5bbe

満たせる欲求その③
“刺激的なものに目を奪われたい”

07962be53310801fafb755a544d00cfcdbccf3e3

パラダイスシティには「アートテインメント・リゾート」というコンセプトがあります。つまり、アートとエンタテインメントに注力しているリゾートというわけ。

敷地内には、アレッサンドロ・メンディーニ、草間彌生、ダミアン・ハースト、ロバート・インディアナなどなど、著名な作家を含めた作品が2,700品も展示されています。

26e7387a3f16476ca35e2a72358ade7e3c61053137ef0e4eaf916ef318a30a14d2666c42fed978320af7e952f0e3b61e5fb91e44d5b97067666f145e

素敵な何かに夢中になっていたいときってあります。ここなら、敷地内を散歩しているだけで目を奪われる作品に出会えるはず。どんなアートが飾られているかは、コチラから確認してみて。

満たせる欲求その④
“一生に一度は体験してみたい”

Fbdce3b5228f97073397587ef8fc98d65e393ce2

目玉は、なんといってもカジノ。

日本企業が運営に携わっていて、日本語で対応できるスタッフが多いのが特徴。ディーラーとのやりとりも、言語の壁を気にせずに遊べる貴重な場所だから、経験がなくても安心してゲームを楽しめます。

8eac0d2db3eb0b5707d7089f3fb80ad3e37fea39

テーブルゲームのミニマムベットは約1,000円から。予算が少なくてもOK。勝ち負けにこだわらず、その場のゴージャスな気分を楽しむだけでも十分。大富豪の巨額のベットを目の当たりにしちゃうかも?そういうことも、一度は体験してみたい!

もしかしたら、ゲームを通して一緒に行った人の意外な一面も見えてくるかもしれません。

754b2956663b864f023b95726086061c96373321

グルメな人にもオススメです。

A79ff133494416bd8f8172c60b978edb97f1f570

ヨーロッパ、ニューヨーク、上海の最新トレンドを取り入れたプレミアムビュッフェ
「On The Plate」

パラダイスシティには、ミシュランガイド上海で2つ星を獲得し、2017年「アジアのベストレストラン50」に選出された中華料理店「インペリアルトレジャー」のほか、オペラのアリアを思わせる本場イタリアン「LA SCALA」、モダンで洗練された雰囲気の中で日本料理を味わえる和食レストラン「Raku」、ヨーロッパ、ニューヨーク、上海の最新トレンドを取り入れたプレミアムビュッフェ「ON THE PLATE」などなど、美食・美食・美食が集結!

2018年には、スパやクラブなどを含めた様々な施設が新たにオープン予定。市内へのアクセスもよく、ソウル観光をするために選ぶホテルとしても魅力的なのです。

週末、土日を使って海外旅行へ行きたいと考えている人にとって嬉しい要素が満載。その雰囲気を、イメージビデオで一度チェックしてみて!

現在、フィリピンの海は、過度の漁獲量、観光地化、プラスチック廃棄物や有毒製品による大規模汚染などによって深刻な脅威にさらされている。そんな背景から、パラワ...
死ぬまでに一度は行っておきたい。そう思えるホテルが世界中にはいくつも存在します。ここで紹介するのもそんなホテルの中の一つ。タンザニアのペンバ島に存在する「...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、砂漠のオアシスー。アラブ首長国連邦・アブダビに位置する、世界最大の砂漠として有名なリワ砂漠を車で走り続...
フォーブス・トラベルガイドの「眺めのイイ世界のベストバー」を筆頭に、数々の受賞歴を持つ「絶景バー」をご紹介。場所は、インドネシアの人気リゾート地・バリ島。...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
海外ツアーの添乗員として働いていた頃は、お客様と一緒に高級ホテルに泊まる機会も多かった。主な顧客がシニア層だったこともあり、ツアーではだいたい4ツ星か5ツ...
UAE(アラブ首長国連邦)の南部「リワの砂漠」に、巨大なソーラーパネルを設置した星型の施設ができるそう。その名も「オアシス・エコリゾート」。2020年のオ...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
ホテルブッキングアプリ「As You Stay」が、ユーザー体験による独自調査をもとに未来のホテルのあり方を大胆予測。今後どこまでこれに近づくかは別として...
シーガイアが、新しく生まれ変わったそうです。これまでも日本の屈指のリゾート、宮崎を堪能する場所として愛されてきた「フェニックス・シーガイア・リゾート」です...
和歌山県にあるリゾート型宿泊施設「とれとれヴィレッジ」。一歩足を踏み入れた瞬間に味わえる“異国情緒”はもちろんのこと、「発泡スチロール製ホテル」としても注...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...
一人で行くならあまりこだわらないけれど、ふたりで行くなら宿泊先は重要。スウェーデン北部のJukkasjärviにある「ICEHOTEL」は、そのすべてが雪...
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
カレとの距離を縮める一番のコツは非日常的な環境に身を置くこと。つまり一緒に旅に出ることです。「Elite Daily」ライターのRachel Shatto...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...