「あ、好きかも。」と気づいた夏の夜、聴いてほしいのはこの5曲。

 

「あ、好きかも。」

さっきまで一緒にふざけて笑っていたのに、じゃあねってひとりになった瞬間、気づいてしまった。夏の終わり、好きなひとができた夜—。

胸が高鳴って眠れないあなたに、夜が明けるまでのサウンドトラックを贈ります。

夏の終わりの夜
恋をしたら聴きたい曲 5選

#01.
indigo la End / 夏夜のマジック

「好きなのかもしれない」と気づく瞬間を迎えたすべての人のところへ行って、『夏夜のマジック』のイントロのコーラス部分を(独断で)流したい。暑くてあんなに終わってほしかった夏だけど....秋、やっぱりちょっと待ってて。(曲の内容はちょっと切ないんだけどね...)

#02.
おかもとえみ / POOL

いつも通りじゃあねと別れたけれど、「いつもと何かがちがう」。終電を降りてやっと気づいた。「これは、好きなのか...?」。『POOL』をプレイリストから探しだし、上の空で改札を抜け、いつもの出口を出て、コンビニに寄り道。雑誌の星座占いをチェックしたら、もう恋のはじまり。

Reference:okamotoemi

#03.
LUCKY TAPES / MOON

するといつもは気がつかないのに、月がいつもよりきれいに見えたり、星をたくさん見つけたり。目に映る “森羅万象” が突然輝きだします(あくまでも偏見です)。『MOON』を部屋の中に流して、ベッドに入る。このまま眠ってしまいたいけれど....やっぱり今日は、眠れそうにない。

Reference:Rallye Label

#04.
SHISHAMO / 熱帯夜

午前3時すぎ、もうすぐ夜が終わってしまう。暑くて寝苦しいっていうのもあるけれど、まぁ、それだけじゃない。「起きてるかな? LINE 送ったら既読になるかな?...いや、でもこんな時間におかしいか」。スマホを出してはしまい、何度も寝がえりを打ち、長い長い『熱帯夜』はつづく。

#05.
ホテルニュートーキョー/
カルトヒーロー

空が明るくなってきた。『カルトヒーロー』をかけたままだけれど、そろそろ眠れそう。今日も暑くなるのかな。朝会ったら、ちゃんと話せるかな。この気持ち、伝えようか、どうしようか。夏は、もうすぐ終わってしまう。

Reference:HOTELNEWTOKYO

Photo by Takao Iwasawa

いつもより、少し早く家についたら。
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
何かにつけ、ひねくれて物を見がちな性格だけど、夏の花火だけは、どストレートに大好きだ。青春時代にいい思い出があるわけでもないし、大人になってからはしゃぎま...
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?
すこし、胸がきゅっとなる瞬間です。
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
意味もなく、家で水着なんて着ちゃったりして。
夏はもうそこ。けど、ジムに通うのだってツライし、面倒くさい。毎日サウナには行くなってサイフが言ってる。こんな人を救うのが、この逆さまの傘。
なんかわかんないけど、みんなが励ましてくれているような気がしそう……じゃない?
瀬戸内国際芸術祭2016で発表された作品「檸檬ホテル」。 古民家が1軒まるごとアート作品であり、1日1組限定だが泊まることもできる宿泊施設でもある。そんな...
いろんな国のミレニアル世代の女の子たちの日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載企画「世界の女の子たち。」、今回はビーチ編です。
こんな晴れた日に、思い出すのは。
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
「早起きは三文の徳」など、早寝早起きをする人は働き者でデキる人で、夜更かしをする人は不摂生で仕事もデキない人、というイメージはいまだに根強いものがあります...
水分補給が欠かせない、夏ーー。とは言っても「なにを飲むか」は、仕事中でもバケーション中でも、つねに頭をめぐるテーマですよね。ここで紹介するのは、海外で話題...
はっきり言って、「解決策」がないです。
あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。Ryley ...
もうすぐ、夏がやってきます。楽しみな一方で、日焼けが気になるし、エアコンが効きすぎて乾燥もするし、暑さで夏バテにもなったり……。何かとカラダのケアが大変な...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。