日本一のテレビっ子が選ぶ、いま見ておくべき「ネット番組」

ネットのバラエティ番組に有名芸能人が続々と出演するようになってきた。

地上波とネットで見る有料番組では、規制や予算が違うのはなんとなくわかる。けれど、具体的にどんな違いがあるんだろう。この人ならきっとわかりやすく教えてくれるはず!ってことで、てれびのスキマさんに話を聞いてみた。

てれびのスキマ

1978年生まれ。テレビっ子ライター。2015年に福島県から上京。全録態勢で今日もテレビを見続けている。著書に『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮新書)など。「週刊文春」はじめ、雑誌連載も多い。

ネットの番組は
テレビが便利で面白くなったような存在

「『地上波は不便』という話をよく聞きます。ネットの番組って、スマートフォンやタブレットはもちろん、さまざまな媒体でシーンや時間を選ばず自由に見ることができるので、僕は便利で面白いテレビのような存在だと思っています。いまはAmazonプライム・ビデオなどのネット番組もテレビ画面で簡単に見れます。

そもそも番組をすべてアーカイブできるというのはかなり大きなポイントで、地上波の場合、見逃してしまった番組を後から見返せないこともあります。そのため、作り手も前回見れなかった人のためにシーンを繰り返し挿入しなければなりません。見ていた人にとっては煩わしいもの。それが必要ないので見る側にストレスが少ないんです」

自主規制や視聴率を気にせず入れられる
「無駄なシーン」が重要

「地上波同様、視聴者数を上げることは求められると思いますが、がんじがらめの自主規制や毎分の視聴率を気にしなくてもいい。だから無駄なシーンも入れられます。コレ、じつは見る側にとっても重要だったりします」

「時間という枠の制限がゆるいのも大きなポイントでしょう。そもそも面白さを伝えるために最適な時間というのは各番組で異なるはずですが、地上波の場合、決められた枠に当てはめるように作らなければなりません。ネット番組では、その回ごとで最適な長さに編集すればいいので、作る側にも見る側にも快適だと思います」

おすすめしたい番組はコレ!

「ひとつ目は『戦闘車(※)』。ネット番組の可能性を切り開いたとされる『ドキュメンタル』に続いて配信をスタートした番組です」

※車好きで知られる芸能人たちが浜田雅功軍VS千原ジュニア軍に分かれ、それぞれの“戦闘車”に乗り込んで、さまざまな試合に挑むデンジャー(危険)とエンターテイメントをかけ合わせたデンジャーテイメント。

「もうひとつは『有田と週刊プロレスと』。有田哲平さんが、毎回1冊の『週刊プロレス』を、プロレスに詳しくないゲストに解説する番組で、低予算で趣味性を強く打ち出す、旧来的なネット番組の典型例です。それを超一流の芸人がやるとこんなにも面白くなるのかと感心して、いまでは自分の好きなものの魅力を他人に伝えることの最高の教科書になっています。

とくに、本来の地上波バラエティが好きな人は前者がオススメ。スケール感やなんでもあり感、バカバカしさなどテレビならではのすべての要素が『戦闘車』に詰まっているんじゃないかなと思っています」

「出演者だけでなく、制作陣も地上波テレビの第一線で活躍されている方なので、画面のクオリティは地上波に遜色ないどころか、凌駕しています。また、さっきも少し話しましたが、地上波では時間などの制約で切られてしまいがちな出演者のちょっとした無駄話も活かす編集もされているところもポイントですね」

「単純に命の危険、怪我を負う危険、人によっては自分の愛車が壊れてしまう危険と向かいながら覚悟を決めて対戦に挑むというヒヤヒヤする部分ももちろんあります。でも、それ以上に、いまではなかなかできなくなった、やりたい放題できる自由な環境を与えられ、そこで下手なパフォーマンスを見せられないという芸人としての覚悟やプライドが画面越しにビリビリと伝わってくるんです。みんなで爆発音に歓声をあげながらワイワイ盛り上がって見るのも楽しい番組だと思います」 

関連する記事

レトロなテレビが、ある意味「大画面」でありのままを伝えています。
「Amazonプライム・ビデオ」にてファッションリアリティ番組『MAKING THE CUT』が、2020年3月27日から配信される。優勝者が番組内でデザ...
この時代に生きてこられてて、ほんとによかった!
5月9日、ニューヨーク市長・Bill de Blasio(ビル・デブラシオ)氏は、ニューヨーク市の住民だけでなく、市を訪れた観光客にも新型コロナウイルスの...
透明ディスプレイを採用していて、どんな部屋にも馴染むミニマルなテレビの紹介。
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...
いつでも好きなアニメや番組をたっぷり楽しめる時代。“テレビっ子”が増えていっても仕方ないし、そうなるのも当たり前なような気がしてしまう。でも、Donna ...
「東海テレビ」開局60周年記念番組『さよならテレビ』が映画化され、年明けの1月2日から東京「ポレポレ東中野」「名古屋シネマテーク」ほかで順次公開。テレビの...
以前より大手家電メーカーでも構想されていた「透明テレビ」だが、ついに中国の家電メーカー「Xiaomi」が一般消費者向けに販売を開始した。
Facebookが去年立ち上げたNPEチーム(新製品実験チーム)が、新たにカップル向けのアプリ「Tuned」をリリース。恋人同士のプライベート空間を提供す...
「Waffles + Mochi(ワッフルとモチ)」という番組が「Netflix」で新たにスタートする。それを手掛けるのは、なんとあのミシェル・オバマ元米...
ラスベガスで開催されている家電見本市「CES 2019」で、LGエレクトロニクスが巻き取り式ディスプレイを採用したテレビ「LG Signatures OL...
Netflixでおすすめ! シズル感たっぷりの「Netflixオリジナル作品のグルメ番組」を紹介。『ストリート・グルメを求めて: アジア』『100万ポンド...
Samsung(サムスン)が「The Frame」という名の新しい薄型テレビを発表。その名の通り、まるで額縁の中に飾られているような、アーティスティックな...
米「Amazon」は、先月末、プライムメンバー向けに「Watch Party(ウォッチパーティー)」という「Co-watching(共同視聴)」機能を提供...
先週6月11日、「一般社団法人 日本ケーブルテレビ連盟」と「Netflix」のサービス提携が発表された。今月から北海道、東北、信越、東海地区のケーブルテレ...
「チームラボ」が、自宅のテレビを”アート”にして世界中とつながるプロジェクトを始動。自作の花を絵をアップロードすることで、世界中の人が描いた花と共に咲き乱...
子ども向けから大人向けまで、じつにさまざまなドラマや映画を配信している「Amazonプライム・ビデオ」がフランスで実施したユニークな広告手法に注目が集まっ...
世界18都市の番組が聴けるイタリア発のおしゃれラジオ「THE CITY RADIO」。
「おきらくごくらく!」というセリフ。知っていますか? 25年以上たった今も影響力がある伝説の番組『ウゴウゴ・ルーガ』の生みの親である当時のチーフディレクタ...
かき氷屋さんの店長にして、話題のバンド「ねこね、こねこね。」のメンバーという異色のプロフィールを持つ、むらまつえりかさん。ずっと大切にしている“オール・タ...
部屋の中からテレビの存在感が薄れてきてた。こう感じているのは私だけではないはずです。スマホ画面で4K動画が見られるこの時代。「薄さ」や「インチ数」へのこだ...
いま、薄型テレビ市場は二極化が進んでいます。売れ筋ランクを見れば、50インチ(第1位)を超える大型なものがいまだに根強い人気。その一方で、次位は32インチ...
「Netflix」が一部ユーザーを対象に実施した、ビデオを無効にし、バックグラウンドでテレビ番組や映画の音声を聞くことができるというテスト。実装されれば、...
反人種差別をテーマにした「セサミストリート」の特別番組「The Power of We」が10月15日(現地時間)にアメリカにて放送。自分や周りの人を守る...
2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も...
「Netflix」がオリジナルで制作を手掛けた初となるリアリティファッション番組『ネクスト・イン・ファッション』が公開中。司会にはモデルのアレクサ・チャン...
卓球は、比較的誰でも楽しめるのが魅力のスポーツ。少し大きめのテーブルとラケットがあれば、「なんちゃって」で遊ぶことだってできるでしょう。そんな「お遊び卓球...
テレビやネットを通しては見れない、リアルなアメリカを映す写真がある。被写体は皆、ベッドルームにいるBarbara Peacockさんの写真だ。様々な年代や...