男の嘘は顔に出る。女の嘘は「メール」でわかる。

男性のものよりも綿密に計算されていて、見破るのがとにかく難しいのが“女性のウソ”。あ、これ僕のイメージですけど。だけど、ここに紹介する研究を踏まえていうならば、文章においてはそうでもないのだとか

特徴さえ覚えてしまえば、会話をしているときでも、ウソかどうかを判断できるようになるかもしれませんよー。

ウソをついている女性は
文章が長い?

スマートフォンを見つめる女性

米コーネル大学は、「人がウソをつくときに、どんな言葉を使うのか?」という疑問から、テキストメッセンジャーの会話を調査しました。

結果を説明する前に断っておくと、研究チームは、論文で「サンプルの数が少なかった」と補足しています。対象になった会話の数は1,703。(正直、規模の大きい実験のような気もするんだけど…)

で話を元に戻すと、女性はウソをついているとき相手に送る単語の数が多くなる傾向にあるんだとか。さらに、第一人称を使うことも多くなり、曖昧な言葉も増えるそう。

ちなみに、男性の場合はぶっきらぼうな言葉を使うとのこと。なぜなら、「語彙力を女性ほど持ち合わせていないから」と、研究者Jason Dou。

もう少し、女性の傾向を掘り下げていきます。

スマホを握る女性の手

研究では、男性が「お酒を飲みに行こう」と誘ったときに、女性がどう返答したのかという、実例をあげています。

テキストメッセージ:

念のため、行くときになったら教えてね」
Maybe let me know when you are going)

 

本当の意味:

「彼の弟と彼と、お酒を飲むためにバーに行くつもりなんてないわ」
(I was not going to go to the local bar to have drinks with his brother and him)

このように曖昧なことを言って、ごまかす傾向があるとのこと。日本語で言うなら、「行けたら行くね」に近いのかもしれません。

また、第一人称を多く使うというポイントは、ウソをついていない“現在の私”に、意識を促しているようです。

あやふやにされたら
「黄色信号」

語り合うカップル

コーネル大学の結果は、アメリカ人が英語を使ったテキストメッセージを元にしているので、日本では多少の誤差が生まれるかもしれません。だけど、漠然な言葉を使うところは、日本語に置き換えても同じでしょう。さらに、会話にも当てはまります。

例えば、こんなこと。

「今度、一緒にご飯行こう」
「じゃ、あとでLINEするね」
「予定決めたら、連絡する」

今一度考え直してみると、どれも曖昧です。裏を返せば、相手のことを傷つけないための“女性の優しさ”なのでしょう。でも、返答があやふやだったら、男性は要注意。

真実を追求して、知りたくなかったことを知ってしまう可能性もありますが、1つの指標として覚えておいてもイイのかもしれません。顔に出るのとテキストに表われる、まあ似たもの同士といえば、それまでですが…。

人は誰でも多かれ少なかれ、嘘をつくものです。嘘をついた方が人間関係がうまくいったり、嘘をつかざるを得ない場面もあるでしょう。とは言っても、あまりにも嘘ばか...
ブロガーVishnu Subramaniam氏は断言します。この世には、鵜呑みにしてはいけない「7つの嘘」があると。じつは彼、数年前に人生のどん底を経験し...
人気、実力共にフランスを代表する監督になったフランソワ・オゾン。最新作『婚約者の友人』は「嘘」について描かれた映画だ。第一次世界大戦後のフランスとドイツを...
米メディア「Mic」のライターJulianne Ross氏が、世の中にはびこるセックスの嘘を暴こうとまとめました。なぜいま彼女が真実を伝える必要性を感じた...
「個性」と「進化」を磨き続ける2つのブランド「ニューバランス×フランク ミュラー」から生まれたスニーカー「CM996」が金と銀、各色996足限定で登場。
普通に恋したいし、駆け引きなんて私には無理。なれないってわかってるのに、なぜこんなにも恋の駆け引きが上手な女性に惹かれてしまうのかな。もしかしたら、Cri...
「人は10分間に3回嘘をつく」と聞いて、ドキッとしたんです。皮肉にも、優しい嘘に助けられることもあるのですから。「SciShow」が動画で紹介しているのは...
まだ辞書や参考書にも載っていない“今使われている英語”を知りたいなら、チェックをしておいて損はありません。マサチューセッツ州にあるLowell High ...
23年間FBIで諜報員として活躍したというLaRae Quy氏。彼女が、現場での豊富な経験を元に、嘘を見破る方法をライターJustin Bariso氏に伝...
かなしいけど、上手くできないときもある。
スマホのスワイプ動作のようにカードの出し入れができるミニマルウォレットが登場。「決済はカード派」というアナタにこそオススメしたい一品だ。
みなさんは「いい女」と言われると、どのようなイメージが浮かびますか?中には、「いい女=美人」だと思った方もいるかもしれません。しかし、必ずしも「美人=いい...
日本と海外の恋愛観の違い。今回は、デートを重ねて「やっぱり違うな…」と相手に感じた時の対応について。
片思い中だけではなく、付き合ってすぐの頃は「恋愛の駆け引き」が、ふたりの間にまだあるからなのかもしれない。「Elite Daily」では、43%の人が初デ...
どうしてかな。女が追いかける恋愛って、だいたいうまくいきませんね。
映画やテレビドラマではかなり誇張されていますが、現実社会にも「魔性の女」はいます。ちょっとした言動から、男性を虜にしてしまう…そんな女性に出会ったことがあ...
クリスマスに子どもたちに本を届けるプロジェクト『ブックサンタ2020』が、本を寄付してくれるサンタさんを募集中!
「タイムタイマーオリジナル」がリニューアルして登場。基本的なスペックはそのままに、数字と余白が大きくなって見やすさがUP。忙しい朝や、タイムリミットのある...
恋をする、人を愛する感覚は、男女に差があるものなのでしょうか。多くの人が考えてしまう、答えのない問いのようなもの。その疑問を、様々な視点から解明するEli...
偶然出会った本のなかから人生の道しるべになるかもしれない金言・名言を探す旅。今回は 「一流の男」になるための虎の巻(?)をご紹介します。
一般的に、人間関係で何かトラブルが起きたとき、女性のほうが感情的になりやすく、ほとぼりが冷めるのにも時間がかかる。だから、男友達と一緒にいるほうがラクだと...
ある研究によると「名前は顔を形作る」そうです。可愛い子を育てたいなら愛おしくなる名前を付けるとイイのかもしれません。一体、なぜこんなことが起きるのでしょう...
ひと頃の不倫ブームを経て、不倫や二股、浮気なんていうワードが随分とカジュアルに語られるようになった昨今。浮気実体験者から見出した、浮気男の特徴をこっそり伝授。
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。それを「Elite Daily」のMaria Cascianoさんは「初めての大人の恋愛」と呼んでいます。...