雪景色と星空を眺めながら「温泉で語りたい恋物語」

星空を舞台にした恋物語といえば、七夕伝説。日本では夏のお話ですが、ところ変われば“冬の天の川”にまつわるロマンチックな恋物語も。

夏とは反対側の星を観測できるので、実際に見ている様子も趣が異なります。寒空で見ると、小さく瞬く星々がとても繊細なんだとか。たとえば、フィンランドに伝わるこんなお話にも、その魅力が散りばめられているんです。

無数の星を集めてつくった
ズラミスとサラミの「絆の橋」

Ebb53005e07776db4562e4bb5df0f0c175dc1ea8

物語の主人公は、ズラミスとサラミという仲睦まじい夫婦。生涯をともにしたふたりでしたが、最後だけは一緒になれませんでした。天に昇り、遠く離れた別々の星となりました。

悲しんだ夫婦は、空に浮かぶ小さな星々をせっせと集めて橋をつくることにしました。一千年が経ったころにようやく橋は完成。この橋が日本でいう天の川です。夫婦は星の橋を渡って再会を果たし、おおいぬ座のシリウスのところで抱き合ったのだそう。

星空のふたりを引き寄せたものは……

ハッピーエンドなフィンランドの話と比べると、織姫と彦星は離ればなれになったあと再開しますが、その後も年に1度だけ晴れた夜にしか会えません。

その切なさからか、江戸時代には、たらいに水を張って天の川を映し、水面を手で揺らすことで織姫(こと座のベガ)と彦星(わし座のアルタイル)をくっつけていた……なんて話も。

ちょっぴり切ないけれど、そういう遊びも大切な人と一緒にできるなら素敵なものですよね。

A2cecaaa16eddb4f9fd7fb8cd158d7003b25994f

雪化粧と星空を温泉で楽しむなら
北海道にある「銀世界の森」へ

9b10ea9f646f8db7f6f6c8f330304bf169ad7aaa

冬は、一年で最も星空が綺麗な季節。澄んだ空気や明るい一等星が多いことなど理由は様々ですが、せっかく“冬の天の川”を楽しむなら、長く星を眺められる「日没の早い地域」を選んでみましょう。オススメは北海道。

おとぎ話のような銀世界の森の中、温泉に入りながら満天の星空を見上げられる場所もあります。敷地内に川や森がある広大な温泉リゾート「緑の風リゾート きたゆざわ」なんていかが?

星明かりでちらちらと光る雪景色の中で日常の喧騒を忘れ、心ゆくまで冬の星空を満喫できる最高の贅沢が味わえるんです。

52f4453baac14488d8e1ab6a8eb4d6d9aa69135c

「食と温泉」プランで
“冬の天の川”を満喫!

92d529e6fb47d0a0582012081b43e9500a51026d

「緑の風リゾート きたゆざわ」
日本最大級の露天風呂(150㎡)や大型天体望遠鏡が利用可能
2名1室で1名27,300円(羽田空港利用)

雪の積もった森へと踏み入れ張り巡らされた回廊を歩いて行くと、湯けむりのたつ温泉が。ゆずやリンゴなどバラエティ豊かな20の香り湯で、体も心もじんわりと解きほぐされます。

北海道は「食」もお楽しみ。自社農園の新鮮な食材を目の前で調理するブッフェでは、季節ならではの豊かな味も楽しめます。絶景を眺め、体を温めて、美食を味わう。五感で癒しを求めるなら、ピッタリの場所!

その他にも、広大な湖と空のインフィニティ温泉が美しい『乃の風リゾート』など、北海道の大自然にどっぷり浸れる多彩な宿泊先から選択できます。

3b7b16487785fbd75f25192009b3c6cc227106af

「洞爺湖 乃の風リゾート」
空と湖をつなぐ天空の露天風呂が利用可能
2名1室で1名30,800円(羽田空港利用)

過ごしやすい夏もいいけれど、日常では見られない壮大な景色が冬の北海道にはあります。寒くなるにつれ叙情的なムードが加速する冬。いつもとは違う天の川を見上げてみてはいかが?

この冬、北海道、絶景も食も温泉もぜんぶまとめて満喫するなら、スカイマーク×野口観光の限定ツアー「食と温泉」プランがお得。

下記のキャンペーンリンクから申し込みをすれば、10%OFFに。さらに、12月、1月は、もれなく2,000円OFF。リンクをクリックしたら、パスワード「C1089」を入力してチェックしてみて!

67f7ab68aa49943152b4230efa5bc12269e1ec5b
温泉を紹介する動画と言えば、ちょうどいい感じの美人が、ちょうどいい感じの色気で、ちょうどいい感じに腕とかにお湯をかけておけばいいと思っていたけど、そうでも...
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
シュワシュワ〜っ。まるでラムネの中に全身を浸けているような気分の温泉があるらしいのです。その名もずばり「ラムネ温泉館」。さすがに甘くはない(笑)ようですが...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
街中にアートが点在されているイベントが、いよいよグランドオープン。
大分県は、全国一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉をはじめ、「行ってみたい温泉」で常に上位にランクインする由布院温泉など魅力的な温泉がそろっています。趣ある町...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
東京都内では珍しい、源泉掛け流しの温泉。実は板橋にあるって知っていましたか?しかもココ、内装もめちゃくちゃ素敵なんです!
日本三名泉のひとつでもある群馬県の草津温泉。 おやつを食べながら散策したり、伝統の湯もみショーを見学したり、昔ながらの入浴方法を体験したり…。 ちいさな温...
下呂温泉といえば、草津温泉、有馬温泉と並び称される日本三名泉の一つ。美容にいいお湯がでることから「美人の湯」と言われています。しかし、実は男性のみなさんに...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
道後温泉といえば、『日本書紀』にも登場する日本最古の温泉。 夏目漱石の小説『坊っちゃん』にも描かれるなど、愛媛県を代表する観光地として知られている。そんな...
クリスマスに温泉ってムードない!そう思う人のほうが多いからこそ、あまり候補にあがらないのだ。でも逆に言えば、年末年始にかけて室料がぐんと上がり、家族連れで...
「#東北が美しい」 そんなハッシュタグをつけたくなるのも納得のこれらの写真は、@yossy_photoさんが撮影し、Twitterに投稿したもの。タイトル...
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...