映画鑑賞のために購入したら、それ以上に使えてビックリ!

ホームシアターには憧れるけれど、専用のスペースを設けたり、ナン十万円もかけてシステムを導入するのは現実的じゃない……というわけで、購入したのが〈ソニー〉の「ポータブル超短焦点プロジェクター LSPX-P1」です。

女性でも片手で持てるほどコンパクト。超短焦点なので壁との距離も必要ナシ。固定の場所をつくる必要がありません。これなら、ベッドルームで手軽にNetflixなどのVOD(動画配信サービス)が楽しめるな〜と。

で、使いはじめてみると、これが想像以上!

まず、どこでも使えるっていうのは大きいです。ベッドルームの壁だけでなく、リビングのちょっとしたスペースでも映画や海外ドラマが最大80インチ(!)の大画面で楽しめる。ブルーレイレコーダーと繋げれば、テレビ番組だって観れちゃいます。

もともと“自分の趣味の品”として購入したのですが、ワイヤレスでヒョイッと持ち運べるので、今では奥さんも使っているし、娘が子ども部屋でアニメを観ていることも。バッテリーとスピーカー内蔵でケーブルなしっていうのも、彼女たちにとっては使いやすいみたい。

壁だけでなく、写真のようにテーブルの上に投写することができるので、家族で写真をみる時なんかにも使えます。

主目的としては、映画鑑賞なんだけど、それ以上に使えちゃうプロジェクター。これは便利。

ソニーストアでも購入可能です。

ちなみにこの「ポータブル超短焦点プロジェクター」は、〈ソニー〉の「Life Space UX」シリーズから。そのほかにもこれまでの家電のイメージを変えるようなプロダクトがラインナップされています。もっと知りたい人は、こちらの記事もチェックしてみて。

コンパクトな本体(左)と同梱されているワイヤレスユニット(右)。
ワイヤレスユニットにHDMI入力がついているので、PCやブルーレイレコーダーなどさまざまな機器と接続可能。ワイヤレスユニットからプロジェクターに無線で映像を送るので、プロジェクターは配線なしで投写できます。

壁からたった28cm離すだけで、最大80インチの大画面に! 

こちらは壁にくっつけた状態。これでも22インチの画面サイズで投写できちゃいます。

使わない時は、キャンドルなんかと一緒に棚の上に。いわゆる“家電っぽさ”は皆無です。

テーブルの上に投写することも可能。写真は時計モードですが、家族で写真をみる時なんかに使える機能です。

他の記事を見る
愛犬と一緒に行ける映画館がないなら自分で作ってしまおう、という考えのもとできた「K9 Cinemas」。愛犬と一緒に映画鑑賞を楽しむことができる!
アメリカの中西部に位置するミズーリ州のローレンス郡というエリアで、ある男性が違法に鹿を殺害したことを理由に逮捕されました。裁判官は禁錮1年の判決を下し、さ...
大きなスクリーンで映画鑑賞しながら、テーブル付きの座席まで運ばれてくる本格的な料理を味わい、ビールやワインに酔いしれるーー。そんな映画館が2016年4月2...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
1月の気温がマイナス20度くらいになるフィンランド・ロヴァニエミで体験できる「オーロラ鑑賞アクティビティ」です。
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
1950〜60年代、アメリカを中心に隆盛をきわめた「ドライブインシアター」。車の中から鑑賞できる屋外映画館です。テレビの普及などによって徐々に廃れてしまい...
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
大事な場面のセリフを一字一句違わず記憶しているほど、お気に入りの映画。それくらい何度も見返した一本でも、ツンと空気の澄んだ「夜の森の中」で鑑賞すると、また...
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
1万以上の応募作品の中から厳選された、約250作品が上映されます。
目が見えなくても映画を楽しめることを伝えたい!松田高加子さん。視覚障害のある人が映画を楽しむ時の補助ツール・音声ガイドの制作を手掛けている「虹とねいろプロ...
2014年に始まり、これまでも森や川、岩場など、開催場所のシチュエーションを生かした映画鑑賞を開催してきた「夜空と交差する森の映画祭」。2016年は山梨県...
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。