正月にぴったりのおめでたいポタージュ

毎年冬になると、ポタージュスープが飲みたくなるのは私だけではないだろう。今回ご紹介するポタージュの主役は、コーンでもかぼちゃでもなく、くわい。そして、くわいでできたポタージュスープは、じわじわと、“正月に飲む用”としても注目されつつあるというのだ。

伝統的なんだけど
あまり知られていない普段のくわい。

そもそも、くわいはご存知だろうか?

くわいは水田栽培される伝統野菜。にんじんや大根などの馴染みのある野菜とは少し違っていて、全国的には「おせち料理」以外ではあまり見かけることがない。逆に、なぜおせちに重宝されているかというと、実から立派な芽がでることから“芽ガデル”縁起物ということなのだ。

ほんのり甘くて、
ちょっとほろ苦い。

「くわいぽたーじゅスープ」は、くわいの生産量日本一の広島県福山市で、規格外くわいの行き場問題を解決すべく生まれた。“せっかくのおいしい地元食材を無駄にしたくない”と立ち上がった地元企業「ぬまくま夢工房」が試行錯誤(クッキー、豆菓子など試作品は数多い)し、たどり着いたのが、くわい特有のほろ苦さがほどよく生きたポタージュスープだったのだ。結果として、くわいが抱えていた悩みが解決し、正月以外にも市場に出回ることとなった。「くわいぽたーじゅスープ」が、福山生まれの創造性あふれる産品として、福山ブランド認定第一号となるのも納得だ。

 

冒頭でもふれたように、「くわいぽたーじゅスープ」は、「正月におせち料理と一緒に飲みたい」という理由で売れていくことも多いんだとか。私も率直に、昔からの名残を感じつつ正月に飲みたいスープだな、と思ったりした。けど、おいしい(そして、まだまだめずらしい)くわいを、日常的に気軽に味わうのが、これからのよりよい楽しみ方なのかもしれない、とも思った。縁起にあやかるのは正月以外でもなんら問題ない。

Licensed material used with permission by ぬまくま夢工房
「がんす」は広島市草津町あたりの方言で「〜です」「〜でございます」という意味。広島名物の「がんす」はいわゆる揚げかまぼこの一種で、魚のすり身と玉ねぎを程よ...
冬場は栄養をため込みやすいのと同時に、年末年始はクリスマスに正月とが重なり、特に太りやすい時期。普段以上に生活や食事に気を遣うことが大切です。年明けてぶく...
みなさんが普段はいているジーンズ。それに使われているデニムが他の生地と大きく違うのは「色落ちすること」にある。はき続けているうちに、擦れ、色褪せ、自分だけ...
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
女性が激しくお尻をフリフリする動き。あれはトゥワーク(Twerk)と言うダンスのひとつ。そして、それに着想を得てつくられたのが、今回紹介する「Twerk ...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
聞きなれないかもしれないが、「多島美(たとうび)」とは、瀬戸内海など内海に浮かぶ、小さな島々が連なる様子を形容した言葉だ。連なる島々にはそれぞれ魅力がある...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
広島の知られざる魅力を詰め込んだ、究極のガイドブック「カンパイ!広島県」の第3弾「広島秘境ツアーズ」が発表されました。その人気ぶりは凄まじく、明日の6月2...
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
日本のどこかで数日だけオープンする、今注目の幻の野外レストラン「DINING OUT(ダイニングアウト)」。過去には、佐賀県の有田や新潟県の佐渡で大きな成...
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
猫と坂道で有名な広島県・尾道エリアで、この地域を回廊のように巡る新たなアートフェス「海と山のアート回廊」が開かれる。それに先駆けて2017年9月16日から...
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
ピンクとオレンジ、2色のポタージュがデザイナー(部下)のピンチを救えるか……。
広島県・鞆の浦の特産品である「保命酒」。かつてあの坂本龍馬やペリー提督、島根の世界遺産・石見銀山で働く人たちも飲んだとされており、みりんに十六種類の薬味を...