脱がなくたって「勝負」できる、とっておきの下着が登場。

気になる人と夜、出かける時、わざわざ相手に伝える必要はないけれど、お気に入りの下着をつけていったりする。「もし何かあっても大丈夫」という、妙な安心感をコッソリ感じながら。

特別セクシーなデザインというわけじゃなくても、普段のローテーションには入っていない下着、つまり「勝負下着」をです。

とはいえ、下着をもとに相手に判断されるかと言えばそんなことはない。だって、脱ぐ頃には“勝負”なんてだいたいは決まっているものだから。ならば、普段からもっと魅力ある女性になりたいと思わずにはいられない。

けれど、それにはある重大な問題が…。

「運動」、って言うのは簡単。
でももっと大事なことが…。

5244246672015360

脱いだら美ボディという状態を目指すとなると、まずはエクササイズでカラダを絞らなければという思いが頭をよぎる。ジムやヨガクラスへ通うのもいいけれど、いざ決まった時間に決まった場所へ行くなんてなると、正直なところ腰が重かったり。

そこで、体型よりも注目したいのは「姿勢」。

昔から「見返り美人」と言われるくらい、スッとのびた背筋や姿勢は多くの男女にとって魅力的。でも日常生活では、デスクワークでパソコンを操作したり、通勤でスマホ画面を見たりして、無意識のうちに背中が丸くなるようなことばかりしている。これじゃ理想の後ろ姿に近づくどころか、遠のいてしまう…。

おまけに運動を怠っていれば、どんどん下着にお肉がのっかっていき、脱いだ姿なんて見せられないダラしない身体に。

そもそも脱ぐ必要なんてない
優れもの!

485102792055193653334083140321286162763546099712

なかなか運動できない!でもキレイになりたい!そんなワガママに寄り添ってくれるのが、「DAY&ALBY」。

運動不足であまっている背中や脇の贅肉を、ガッチリつかんで寄せて上げてくれる。脇高仕様だから、ズレてしまって、いつのまにか肉がはみ出ていた、なんてことにはならないから安心。ふっくらした丸盛りバストをつくってくれる優れもの。

それだけではなく、後ろ姿もスッキリと美しく仕上げてくれるから、着けるだけで、「後ろ姿美人」の完成。

「インナー・下着・ナイトウェア(1/14付)」の楽天デイリーランキングでは1位を獲得し、すでに女性のあいだで、熱い視線が注がれている。

5914525442244608

ダサいイメージとはオサラバ!
「矯正中」も可愛くいられる♡

5426265506971648

簡単に丸盛りバストがつくれるブラだけれど、念のため伝えると、こう見えて「矯正下着」。

驚いた人も少なくないはず。周りに聞いてみても、これまでの矯正下着と言えばあまりデザイン性がなく、着心地はキツくて締めつけられるというイメージがあったみたい。

でも、「DAY&ALBY」はレースをあしらった明るくて華やかなデザインで着心地もバッチリ。ゴムを使っていないから、かゆみが大幅に軽減される。これだと、「矯正下着を着けているんです」という感覚ではなく、可愛い下着を着けているような嬉しい気分に。

実際に試した感想を聞いてみると、「持ち上がった後の持続力がすごい」「脇の部分が縦に広くなっているから、ホールド感がある」「いつもはミミズ腫れになりやすいけど、確かにかゆくなかった。見た目も丸っとした感じに」という声が。

そして、彼女たちが口を揃えて言っていたのが、「デザインが可愛くてこれまでの矯正下着のイメージを変えてくれた」というもの。

脱がずに“勝負”できる最高のアイテム。けれど、これほど優秀であれば「もしもの時」でも大丈夫かもしれない…♡

6570180385701888
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
デリケートな部分を守るため、隠すため、カタチを整えるため。私がもう一つあげるとしたら、「気持ちを引き締める」ため。服を上から着てしまったら意味ないじゃんっ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
遊び呆けた20代前半はいつしか過去に。20代後半へ突入したと思ったら、目まぐるしく時間は過ぎ、いつの間にか30歳目前。自身もアラサーであるライター・Jen...
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
20代から30代へと変わるうちに、親友と楽しむことをまとめました。ダンスパーティへ行ったり、知らない土地へ旅行したり、一緒に本読んだりと、20のチェックリ...
20代のうちにこれだけはやっておけ。それこそ耳にタコができるくらい、多くのアドバイスを聞いてきたことでしょう。さて、それが一度でも腑に落ちたことがありますか?
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
30代に入る事も一つの大きな転機でもあります。20代で許された事が、30代でも通用するかどうか、一度自分自身を見つめ直し、今後のための教訓を学ぶべき一つの...
20代のうちは誕生日があんなに楽しみだったのに、30歳を超えると「筋肉痛が二日遅れで来た」だの「お肌の曲がり角」だの、何かとマイナスなイメージ。だけど、2...
30代は、20代で得た知識をフル活用していける最高の年頃です。「Elite Daily」に寄稿する女性ライターLauren Martinさんがまとめた「3...
30代は人生において活力に満ち、転機を迎える時期。フォトグラファーのStephaneさんとライターのAnneさんは、世界中の30代にフォーカスしてポートレ...
NYのライフスタイルを中心に情報を発信する「Elite Daily」のライターZara Barrie氏は、30歳を目前にしてさまざまな悪習慣とサヨナラする...
30代になってから、20代の頃の恋愛を振り返ると「もっとこうしておけば良かったな」「これを分かっていればな」という気持ちになることもあるでしょう。ここで紹...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
一年の最後の日「大晦日」。あなたは今、誰とどう過ごしていますか?年を重ねるごと人生に求めるものって少しずつ変化していきますが、この大晦日の過ごし方だって、...
成人式を終えて今どのような気持ちですか?いろいろ思う事はあるにせよ、「最高の20代にしたい!」という気持ちは多くの人が持っているはず。だからこそ、あなたに...
子どものころ、30歳にどんなイメージをもっていましたか?立派な大人?もうおじさん、おばさん?実際になってみると案外それまでと変わらないものですが、確実に2...
年を重ねるにつれ、変わっていく両親との関係性。若い頃は無鉄砲なことばかりで心配をかけていても、ある日、親の存在のありがたさに気づかされるもの。「Elite...
長く生きていると、昔の色んな失敗を思い出してはチクッとすることもいっぱいあります。今回紹介するのは、「Elite Daily」に掲載されていた30代女性ブ...
カナダのファッションカンパニーが開発した下着「Skiin」は、あなたの体温や心拍数、呼吸回数、水分量、体脂肪率などのあらゆる健康に関するデータを集めてくれます。