「あなたの可能性は何点?」人工知能が採点する話題のサービス

誰しも自分の評価は気になるもの。
 
学生時代は、例えば偏差値や順位といったもので知ることができた自分の現在地だが、大人につれそれは曖昧になる。仕事面の出来不出来だけならまだしも、プライベートや経済面など、あらゆる要素が関わってくる。わかりやすく数値で評価されることが少なくなるのだ。
 
「今、自分は相対的に見て、何点ぐらいなんだろう?」
 
そんな漠然とした疑問を持つ人が注目したい、話題のFinTechサービスがある。
 
その名も『AIスコア』。
 
なんと、人工知能(AI)が“可能性”を採点してくれるというのだ。
 
みずほ銀行とソフトバンクが設立したFinTechベンチャーのJ.Score(ジェイスコア)が立ち上げたこのサービスは、AIやデータ分析技術におけるトップレベルのメンバーが開発したという今話題のFinTechサービスだ。
 
なにやら小難しそう?
 
いやいや、使い方は簡単そのもの。
 
誰でもスマホから無料で自分の可能性をスコア化できる。しかも、所用時間はわずか2分程度だ。

意外な質問内容。

『AIスコア』の利用方法は、とってもシンプルだ。
 
最初にアカウント登録して、チャット形式に18問程度の質問に答えるかたちでプロフィールを入力すればOK。
 
名前、住所、電話番号といった個人を特定する情報の入力は必要なく、名前のニックネームでOK。安心して利用できる。
 

プロフィール入力が終了すると、早速下記のように自分のAIスコアが表示される。

上は試しに編集部でやってみた結果。745点……と、ここまでならよくある診断サイトとあまり違いはないかもしれない。『AIスコア』がおもしろいのはここから。

より詳細な情報を入力することで、スコアがアップする可能性があるのだ。

入力できる情報の項目は「生活」「情報連携」「性格」「ウォレット」「ファイナンス」「(より詳しい)プロフィール」の6つ。

例えば、「生活」の項目ではこんな質問が。

「性格」の項目ではこんな質問も。

『AIスコア』は信用力と“将来の可能性”をスコア化している点が、これまでの金融機関とは大きく異なる。生活や性格などカジュアルな質問も多く、自分の状況を振り返りつつ、楽しみながらできる。

もちろん、個人を特定するような質問は一切ないし、信用情報機関に記録が残ったりする心配はないので安心だ。

AIスコアを活用した
さまざまなサービスがスタート!

さて、算出されたAIスコアは、“フムフムこれぐらいの点数か”と眺めるだけでなく、10月から始まった「AIスコア・リワード」というサービスを使って、AIスコアに応じてアライアンス企業からさまざまな特典(リワード)が受けられる。もちろん申込は無料。一般には公開されていないリゾートホテルの限定特別プランや、優待や割引クーポン等を特別に提供しているようだ。第1弾として現在18社のアライアンス企業の特典があり、今後も順次アライアンス企業や魅力的な特典を増やしていく予定とのこと。

今後もJ.ScoreはこのAIスコアを利用したさまざまなサービスをリリース予定。そちらにも期待とともに、まずは話題のFinTechサービスを体験し、自分の可能性を調べてみてはどうだろうか?

2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
スウェーデンで誕生した、AIが搭載されたソフトウェア「Memory Lane」。話し相手がいなくて寂しい思いをしているお年寄りの話を聞いてくれるというもの...
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
デスメタルの曲をノンストップで配信するYouTubeチャンネル。これ、DADABOTSというアーティストによるもの……とされていますが、その正体はAI(人...
2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...
近年、目覚ましい発展を遂げるAI(人工知能)ですが、イギリスの医療研究機関MRC(Medical Research Council)の発表によれば、心不全...
AI(人工知能)の進化は、僕たちの想像を越えている。小説を書いたり、作曲をしたり、将棋をしたり。最近では、ラップまで覚えたようだ。AIにラップを教えたのは...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
チェスの世界王者を破ったり、料理のレシピを考えたりと、活躍の場を広げる人工知能。今度は顧客から送られてきたフィードバックを活かした「ビール作り」に取り入れ...
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
AIの進化によって、数多くの職業が失われるという説があります。今でもすでに、機械化によって職を追われる人々が出てきている状況です。しかし「Inc.com」...
「Kickstarter」でクラウドファンディング中の「Vinci」は、AI(人工知能)搭載のワイヤレススマートヘッドホン。すでに目標額の3倍以上となる約...
AIがイスを設計しました。裏ではデザイナーのフィリップ・スタルク、ソフトウェア開発企業のオートデスク、インテリアブランドのカルテルがサポートをしています。
「こんにちは」そう同時に発言したのはふたりのチャットボット。この動画は2011年にコロンビア大学で行われた人工知能同士の会話の模様を撮影してYouTube...
「Kickstarter」でクラウドファンディング中のこのアラーム。期限まで2週間を残しながら、すでに目標額の11倍以上を調達済み。その額なんと、日本円に...
世界を驚かせるような絶品料理を考え出す「優秀なシェフ」が現れた?しかし、どうやら人間ではないようです。かつてアメリカのクイズ番組「ジェパディ!」で、オフラ...
英・オックスフォード大学の研究チームが発表した研究結果によれば、人工知能によって、唇の動きから会話の内容を文章レベルで認識できる機能が実現しました。これま...