普通に見えて、ものすごい。服の話です

春。店頭には軽やかな春物が並び、今年はどんなファッションでいこうかな〜と楽しみな季節。ファッションブランド「ナノ・ユニバース」からも春の新作が発売される中、先日その担当者が「実は、見た目は普通なのに、毎年売れ続けている商品があるんです」と教えてくれました。トレンドに関係なく人気だという、その商品とは。

01.
超ベーシック。
着回し抜群なのに、自宅で洗えちゃうニット。

究極のベーシックなラインだからこそ、毎日着たい、春先にぴったりの『コットンシルクニット』。コットンベースにシルクを混ぜた薄手の生地は、驚くほどにやわらかく、ずっと着ていたくなります。それでいて自宅で洗うことができる優れもので、洗った後もその優しい着心地のまま なのが売れ続けている理由なのだとか。

ベーシックで着回し万能なリブニットにVネックニット、抜け感を作れるニュアンスVネック、一着は持っておきたいアンサンブルニットの計4種類。価格は7,560円(税込)~と機能的なのにお手頃価格。カラーも4種類で展開しています。

02.
汗ジミよ、さようなら。
一日中さらっと着られる最強カットソー。

これからの季節とくに売れるというのが『アンチソーキッドカットソー』。どこにでもありそうなこのカットソーが大人気なのは、汗染み防止の高機能素材だから。表面と裏面に特別な加工が施され、裏に染みが広がっても表はまるで濡れていないような状態のまま着用ができます。汗ジミが目立つグレーだって、一日中爽やかに着こなせます

形はベーシックなクルーネックとVネック、トレンドのモックネック、きれいめな五分袖ワイドリブと半袖ワイドリブの計5種類。4,104円(税込)とコスパもいいので、暑くなってくる前に数枚用意しておくと重宝しそう!

03.
美しさも、快適さも手に入れる。
万能パンツ。

ナノ・ユニバースが究極のパンツを追求し開発した『ジェギニーパンツ』。6年間も売れ続けるそのワケは、その圧倒的な伸長性。足を入れた瞬間の柔らかさとストレッチ感は、一度味わうとなかなか忘れられません。シルエットもスキニーのような美しいラインを作り出してくれ、股上も深めなので足長効果も。

カラーバリエーションも豊富。価格も5,801円(税込)とお手頃なので、色違いで持っておくのもいいですね!

とことん、機能性。

セレクトショップとして知られているナノ・ユニバースで、実はよく売れているコットンシルクニット、アンチソーキッドカットソー、ジェギニーパンツ。どれも普通の見た目なのに、とことん機能性と快適さを追求して生まれた商品です。

シンプルだから、本気で使える。その効果、ぜひ試しては?

アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
北欧を中心に洋服を販売しているウェブサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
日本でも話題となった「#MeToo」のムーブメント。ショッキングな事例が次々と明らかになりましたが、問題はもっと根本的なところにあると考える女性たちも多い。
世界中の人々(特に男性)から多くの共感を集めるインスタアカウント「miserable_men」。妻や恋人のためにショッピングに付き合う男性たちが待ちぼうけ...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
「Emmy Kasbit」は、ナイジェリアの紳士服ブランド。創設者Okoro Emmanuelは、インスピレーションを70年代に父親が着ていた洋服から得て...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
「Fish on Wheels」は、魚の水槽の土台となるタイヤが、魚の動きに合わせて動くというもの。つまり動く水槽。犬や猫みたいに魚が自分の後を追いかけて...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
いまや世界中でファッションアイテムとして愛用されているジーンズ。そのルーツが、19世紀後半にアメリカで誕生した労働者向けのワークウェアであったことはよく知...
ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
ノルウェーのトロムソにあるロッジ「Volda Floating Home」。1960年代のフェリーを改装していて、中はまるで広々とした家のよう。ゆっくりオ...
エチオピアのファッションブランド「MAFI MAFI」の洋服は、伝統的な生地や製法が使われていますが、従来のアフリカファッションのイメージに比べるとカジュ...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
『10YC』は、「10年着続けられる服」をコンセプトに持ったブランド。商品価値はもちろんのこと、生産者の想いや技術を伝え、「長く着られること」の素晴らしさ...
「FEELING NOTHING」は現役女子高生によるファッションブランド。厳しすぎる校則に対し、異議を唱えるメッセージを込めている。全てが手探り。でも、...
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...