結局、使いこなせなかった「スキレット」真の実力

いっとき大流行した「スキレット」。その見栄えの良さから買ったものの、あまり活用しきれていないなんて人も多いのではないでしょうか。

スキレットは、めちゃくちゃデキるヤツなんです。なんとなく料理がおいしくなる…くらいの認識で使っている方にも知っていただきたいメリットを、おすすめの料理とともに紹介します。

食材を入れても温度が下がらないから、
カリッカリに仕上がる

6031293389209600

餃子やステーキ、ソテーなどを美味しく感じさせるのが、こうばしく焼きあがった表面の「カリッ」とした食感。薄手の軽いフライパンだと、素材を入れた瞬間に一度フライパンの温度が下がってしまい、どうしてもこの食感が出せません。

その点スキレットならば、その分厚さゆえに温度が下がりすぎることなく加熱し続けられるのです。

直火でも大丈夫、大胆に使えます。

電子レンジだけは使えませんが、ガスコンロ、直火、オーブン、トースター、魚焼きグリルなどで使えます。大胆に使えるのがいいところ。オーブンに入れられるので、パンや焼き菓子作りにだって使えるんです。直火でも使えるから、アウトドアに持っていっても大活躍ですよ。

温度を長時間キープしてくれる。
それは冷たいものにだって有効。

5005782034677760

肉などを焼いたスキレットをそのまま食卓に出す、というのは定番の使い方。いつまでもアツアツの食事を楽しめますよね。

冷たいものにだって同じことが言えます。スキレットでプリンやベイクドチーズケーキを作って、粗熱がとれたらそのまま冷蔵庫へ入れればOK。冷たいままいただけるのは夏場に嬉しいですね。プリンにグラニュー糖をかけてバーナーで炙ればクレームブリュレになりますよ。

百聞は一見に如かず。
とにかく一度「ステーキ」を焼いてみて。

6057916951953408

スキレットの実力を実感するにはステーキが一番。簡単な作り方を紹介します。
魚焼きグリル(またはオーブン)を予熱しておきます。アッツアツに熱したスキレットで肉の表面を焼いたら、アルミホイルをかぶして魚焼きグリルに入れて2分ほど加熱し、火を止めて6分休ませます。そのまま食卓に出せば、カリカリなミディアムレアのステーキの出来上がりです。

海外ブロガーの間で火がついた「スキレットブレット」が、日本でもちょっとしたブームに。ちぎりパンの進化系ともいえるこのパンは、特別なスキルがなくてもあっとい...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
愛するキモチを伝えるなら、やっぱ「行動」あるのみ。なんて、手垢のついた表現にうんざり。この手の恋愛ものコンテンツって、結局は書き手の承認欲求を満たすだけ…...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
朝起きて、仕事に行き、帰宅して、食事をする。あとはベッドにもぐりこむだけ。そう、今日はいたって普通の1日だ。ただバレンタインデーっていうだけ。恋人がほしい...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第10回は、ハイチの海の幸を使っ...
ピザ、パン、それにローストビーフやローストチキン。どうしても窯で焼かなければ出せない味わいがある料理たち。でも、実際に薪や炭で火おこしするオーブンを設置す...
すべては、極上のシメのため。コタキナバルの「蒸し鍋」について。
職業柄人に会うことが多いので、口臭には気を遣っています。コーヒーを飲んだ後やこってり系のご飯を食べた後には、ミントキャンディを一粒。ゴリッとカリッとした噛...
世界最大規模のシークレット・ディナーパーティーをご存知ですか?参加者全員が真っ白な装いで、公共のど真ん中で楽しむフランス発の大人のパーティー。「ディネ・ア...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
フランス中南部オーブラック地方に伝わる、摩訶不思議な料理が、ここのところSNSで大きな話題になっています。「アリゴ」という名のポテト料理。じゃがいものポテ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第4回は島国フィリピンより、楽...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...