海外で律儀に「Sorry」を言い過ぎない方がいいワケ。

前回は、気になる外国人の彼に「I love you」と言われたらどう受け止めたらいいかについて触れました。今回は、英語をしゃべる機会がある人なら、どの人も必ず使うだろう言葉について書こうと思います。

ちょっとしたコトでも
「Sorry!」

6004950341517312

日本で英語を学び、喋っている人の言葉に耳を傾けてみると、日本語の「すみません」「ごめんね」というニュアンスをそのまま訳して、「Sorry」を必要以上に多用しているなぁと、感じる時があります。

これは、私自身も海外で生活しはじめてから(しかも割りと早い段階で)気づいたのだけれど、英語圏の人たち(他の言語を喋る国もそうかもしれませんが…)は、本当に自分が悪いと思った時や、謝らなければいけない状況にならない限り、「Sorry」という言葉を口にしません。

例えば、誰かになにかしてもらったら「Thank you」。誰かにぶつかってしまった程度であれば「Excuse me」とひとこと言えば、なにも謝る必要までないのです。

そのひとことが、
思わぬ弊害を引き起こす!?

5576743712718848

「謝る必要はないとはいえ、つい言っちゃうよ!」そんなあなたには、昔、気軽に「Sorry」を使ったばかりに陥った、私の失敗例を紹介したいと思います。

(読んでくださる皆さんが、同じ目にあわないように…!)

先ほども例に出したように、誰かとふいにぶつかってしまった時に「Sorry」と、日本にいた時の癖をそのまま口に出していた時期がありました。そしてある日、道端でまた誰かとぶつかったんです。その時も私、無意識のうちにあの言葉を口にしました。でも、相手から返ってきた言葉は「It's okay(あぁ、いいよ)」。

その時、正直すこしイラッときちゃった。なぜかって、どちらかと言うと相手が携帯をいじりながらふらふら歩いていたからぶつかったのに…「どうして私ばかり謝っているの!?」と(笑)似たようなシチュエーション、実はその後も何度かあったんです。謝ってソンしたっていう変な気分に。

他にも、本当にささいな出来事があり、相手への思いやりのつもりで「Sorry」と言ったら、「じゃあ」と言わんばかりに私が悪かったていで会話がすすんでしまった…など。

コミュニケーションって、相手と対等であった方が絶対に楽しいと思うんです。このように、ささいだけど大事なニュアンスを知っておけば、後々変な勘違いで嫌な思いをすることもありませんしね。

動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
私たちが気をつかってしたことも、逆に失礼にあたるかも…!?
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
日本と海外の恋愛観の違い。今回は、デートを重ねて「やっぱり違うな…」と相手に感じた時の対応について。
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
日本人は、もともと自己主張が苦手という印象を持たれています。侘び寂びの文化なども影響しているのかも。ここでは、8つの日本人気質について紹介します。1.めち...
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
海外で暮らしたら、さぞかし楽しいだろう。漠然とそう思ったことがある人も多いでしょう。でも現実は、そんな単純なものじゃなさそう。独・ベルリン在住の女性ジャー...
精神科医師の水島広子さんの書籍『女子の人間関係』、他人から嫌われる態度ばかりで面倒な性格の女性を「女」と表現し、どのように彼女たちと付き合っていくべきかを...
人間関係において多くの人が苦手意識を感じるのが「威圧感のある人」ではないでしょうか。上司、先輩、お客様。日常的に関わらざるを得ない「威圧感のある人」にはど...
海外での抹茶ブームはすっかり定着し、「Matcha」という言葉で親しまれていることは、ご存知の方も多いでしょう。しかしよくよく見てみると、海外の抹茶ラバー...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
海外で働くためには、まず語学!そう思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、大切なのは、日本と外国におけるコミュニケーションの考え方の違いを知ってお...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...