母と娘の京都ふたり旅。コンパクトに満喫する方法

親元を離れ、何年過ぎたでしょうか?
毎日の忙しさにかまけて、親孝行もろくにできていない…。そんな心当たりがあるなら、自分自身も母世代もどちらも満足できる「京都旅行」へ母親を誘ってみませんか?

観光地として定番の京都ですが、忙しい女性が親孝行に母親を連れ出す旅先として、改めてこれ以上のエリアはなさそう!

理由はこんな感じ……

・観光名所が多いので、滞在時間やスケジュールに合わせて幅広い旅程が組める!

・女性を主役とした観光スポットが多く、母・娘が同じように楽しめる!

親孝行旅として母を配慮しながら自分も満喫できる、母娘ふたりの京都旅をご紹介します。

拠点をどこに置く?
半径5kmで京都を満喫できる場所

京都駅から地下鉄で3駅ほど。烏丸駅と烏丸御池駅のちょうど中間ほどに位置する六角町というエリアは、まさに京の中心地。

その六角通と新町通の交差するあたりに構える『三井ガーデンホテル京都新町 別邸』
ここがまさに、母とふたりで訪れる京都旅行におあつらえ向きな宿なのです!

旧松坂屋京都仕入店の跡地に建つ「三井ガーデンホテル京都新町 別邸」は、旧建物を活かした町家づくりの佇まい。歴史を重ねてきた京の町の雰囲気をそのままに、新町通の街並みの中に調和しています。

「伝統・継承・再生」をキーワードにしているという趣のある外観は、母とのふたり旅にぴったり。

便利な立地にありながらも京都らしいホテルを拠点とすることで、コンパクトに充実した滞在が叶います!

すべてはリラックスできる空間から
母娘ふたりにちょうどいい部屋

今回注目した客室「デラックスツインルーム」は、部屋の奥に小上がりスペースがあるのが特徴。

全室が新町通に面していて、祇園祭の山鉾「北観音山」が保存されている一角なので、祭の巡行時には室内から間近で鉾が通るのを見られる貴重なスポット。その時期の予約は早々に埋まってしまうのだとか!

室内設備は、バスルーム・パウダースペース・トイレが独立しているタイプ。
女性にうれしいアメニティも揃うので、母とふたりでも女子旅気分を楽しめます。

ナノケアドライヤーで髪を乾かしてあげたり、フェイシャルスチーマーを操作してあげたり、普段の家事から解放された母をどこまでもリラックスさせてあげたい気持ちになります。

ホテルの朝食も京都ならでは!
「おばんざいビュッフェ」がうれしすぎる

久しぶりにふたりで囲む朝の食卓。
これからも元気に過ごしてほしいから、食事も健康に気遣ったものを。

小鉢の種類も豊富で、旬の野菜もたっぷり摂れる「おばんざいビュッフェ」は、京都ならではのおもてなしの心が伝わってきます。

やさしいお出汁の煮物や目にも鮮やかな野菜の数々、少しずついろいろ食べたいのはいくつになっても変わらない女心。

洋食メニューも並ぶので、母と娘のわがままな食欲を満たしてくれるはず。

さぁ、母娘デートへ繰り出そう!

京都の中心地からほど近くの観光スポットでおすすめしたいのが、古都京都の文化財として世界遺産に登録されている『下鴨神社』

広大な境内にある摂社のひとつ「河合神社」は“美”の神様。そのほか、安産・育児・縁結び・学業・長寿など、女性の味方ともいえるご神徳が集まっていて、母から娘へと受け継がれるルーツを感じるのにはぴったりなスポットです。

敷地内の「糺の森(ただすのもり)」もお忘れなく。古代の姿を残した荘厳な雰囲気のなかで“氣”の満ちあふれるパワーを感じましょう!

味覚が似ている母娘。
“京都”を味わうグルメといえば?

水どころ・京都だからこそおいしい、あつあつの湯豆腐を。

町家づくりが古き良き京都の趣を感じられる『豆水楼 木屋町本店』は、鴨川を臨みながら豆腐料理を楽しむことができます。

季節の食材と掛け合わされた豆腐懐石を囲めば、母とのおしゃべりも一段と弾みそう。

次に京都を訪れるときにもまた再訪したくなる魅力のあるお店です。

新しい世界観のお菓子に見惚れる

旅先でのお菓子屋さん巡りは母と娘の共通項。
「お父さんへのお土産も買わなくちゃ!」なんて、言い訳じみたことを言いながら女ふたりではしゃぐ、ちょっぴり華やかな時間です。

いま気になるのは、200年以上の歴史がある老舗和菓子店『亀屋良長』がプロデュースするブランド「Satomi Fujita by KAMEYA YOSHINAGA」

パリで2ツ星レストランのシェフパティシエを務めていた藤田怜美さんの和洋にとらわれない新しいタイプのお菓子に胸がときめきます。

人気ナンバーワンの「まろん marron」はお土産用と自分用に購入したくなること間違いなし。

“気軽”に“満足”できる「京都」がここに

なんと、今回ご紹介したスポットはすべて、『三井ガーデンホテル京都新町 別邸』を拠点として半径5kmあればまわれてしまう場所にあります。

忙しいなかで旅行日程を何日も確保するのは大変ですが、親孝行はできるうちにしておかないと!

短い日程でも、母親とふたりでコンパクトに楽しめる京都旅行。

日頃の感謝の気持ちを込めて、あなたも計画をたててみませんか?

10月より東京も対象となったことでさらなる注目を集めているGo To トラベルキャンペーン。この記事ではGo To トラベルキャンペーンを使っていける京都...
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
「三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺」は、500年以上の歴史を誇る浄教寺を三井ガーデンホテルと一体開発することで、その伽藍再建を実現するというプロジェクト。
木造注文住宅を手がける「アキュラホーム」が期間限定で販売をはじめた「地球と家計にやさしい家」は、ウイルス対策を標準化した“新しい生活様式の家”だ。
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
NYの有名ホテルチェーン「ACE HOTEL」のロビーでは、クリエイターやノマドワーカー、スタートアップ企業たちが仕事をしているらしい。日本でもそんな新し...
京都の「ENSO ANGO」は内装テーマの異なる5棟が、徒歩圏内に分散しているちょっと変わった形態のホテル。モダンホテルなのに坐禅体験ができるのは注目ポイ...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
マッサージ+ストレッチ+運動、3つの機能をすべてひとつにしたマッサージアイテム「バランスアップ」が、年末年始にたまった身体をコリを吹き飛ばす!?
京都の「MOGANA」は、“日本の食事”を味わえるモダンホテル。2018年12月のオープン以来、食の宝庫と呼ばれる淡路島から食材を取り寄せ、こだわりの朝ご...
ホテルブランド「ヒルトン」から、日本初上陸となるブランド「ヒルトン・ガーデン・イン」を京都に2022年12月開業すると発表された。
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
京都の中心部、祇園にあるリーズナブルに宿泊できるシンプルさを追求した「TSUKIMI HOTEL」は、“お弁当”というスタイルで朝ごはんの販売を開始。
場所は、中京区・烏丸通りの「京都市有形文化財第一号」に登録されている歴史的建造物「新風館」内だ。
台湾を代表する映画監督、ツァイ・ミンリャンが手がけ、ヴェネチア国際映画祭で発表&絶賛された『蘭若寺の住人』が、東京・六本木の「ANB Tokyo」にて期間...
「バーガーキング」は今年から、すでに支援していた男子チームと同じ条件、同じレベルで「スティーブニッジFCウィメンズ」も後押しすることを決定。手始めに「バー...
ハッリ・コスキネンが監修するカプセルホテル「MAJA HOTEL KYOTO」が、2019年12月に京都に開業。
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
京都の中心部、四条烏丸にある「凛葩(RINPA)」は、日本画と京町家をかけ合わせた宿。一棟貸し切りのこの宿には、きらびやかな日本画と木造建築の雰囲気がマッ...
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期となっていた「フォションホテル京都」の開業日が、来年3月に決まった。