「原材料:愛」と記載したアメリカのパン屋さん、痛い目にあう。

「お母さんの料理は"愛"が込もっているから、
そこらのレストランよりも美味しいのよ」

夕飯を出すとき、「愛」をまるで材料の1つかのように話す母に対して、私は「え〜、そんなのどうやって入れるの〜」なんて返していました。

今思えばそれもキュートなメタファー。そう言われるとなんだか美味しく感じてしまったりね。

がしかし、「愛」を原材料欄に記載したアメリカのベーカリーが、食品薬品局からお叱りを受けてしまったそうな。「Food52」のライターValerio Farrisさんは「愛を材料として認めたっていいんじゃないか!派」のようです。

あなたはどう思う?

食品医薬品局から
お叱りのお便り

私は至るところで、シェフたちのこのセリフを耳にしてきました。「愛を持って調理すればどんなに濃いソースであろうと愛は伝う」と。

ところが米食品医薬品局以下、FDA)によると、食べ物は「愛」にまったく感化されないとかなんとか。

マサチューセッツ州ウェスト・コンコードにあるナショバ・ブルックス・ベーカリー宛てにFDAが手紙を出したのは、とある火曜日のこと。
それは、なんとこの店が商品のホームメイドグラノーラの原材料欄に「愛」と表記したからだそう。

茶目っ気を込めただけだったのに、FDAは見過ごしてはくれなかったようです。

「貴社のグラノーラの原材料欄に
"愛"といった表記を拝見いたしました」

…手紙の書き出しはいたってシリアス。

「"愛"は一般的に知られている原材料として
認可されていません。
つきましては、愛を材料欄に記載するのは
不必要とされます」

(いやいや、FDAさん。たしかに愛は一般的な原材料じゃないかもしれませんが、だからこそ特別なんじゃないっ)

FDAはこのベーカリーの衛生面にも触れているものの、「愛」と記載したことに対してあまりに堅苦しく訴えられていて、まるでオーウェル(イギリス作家)の作風を模したように聞こえるのは否めないところ。とは言え、このキュートな試みが官僚の厳しい目に引っかかってしまったのが、なんだか笑えますよね。

「美味しい食べ物には
“愛”が詰まってるんだ」

このベーカリーが言いたかったのは「大事なのは気持ちだ」ってこと

たしかに愛は計量スプーンなんかじゃ測れないけれど、思いっきり甘いケーキやグツグツ煮込まれたクリーミーなリゾットを口に入れた瞬間、ジワジワ湧き出てくるものなのです。

みなさんもグラノーラを作るときは、FDAには認可されていない「愛」を込めるのも忘れずにね。

Licensed material used with permission by Food52
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
友人に絶対行けって言われた茨城・つくばのパン屋さん、「encuit(アンキュイ)」。誰がどう見ても、右から見ても左から見ても、外観が、「ガソリンスタンド」...
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
埼玉にある自家製酵母のベーカリー「タロー屋」では、季節折々の自家菜園の素材で酵母を起こし、その酵母でパンを焼いている。だが、この記事で注目したいのはパンで...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
シンプルで潔ぎよい。東京・浅草にある老舗パン屋「ペリカン」には、たった2種類のパンだけ。食パンとロールパン。それは、ずっと変わらない。それでも、焼きあがっ...
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
「食」をテーマにデザインするテキスタイルブランド・gochisouのデザイナー、坂本あこさんが、東京代々木上原エリアの伝説的パン屋「ルヴァン」のパンを、テ...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
「炭水化物×炭水化物」は反則だと思う。ラーメン&炒飯、そばめし、焼きそばパン...。この罪悪感と幸福感が入り混じったおいしさは、もちろん日本だけのものじゃ...
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...
ほんのちょっとした悩みを解決する「パンの家」を紹介します。
はっきりしない関係を、はっきりさせたいのなら。
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
醤油のラベルにでかでかと書かれた「パン」の文字。なんだこれは! 意外や意外、手がけるのは宗像神湊にある「ナカマル醤油醸造元」。創業は1850年(嘉永三年・...