毎日同じことばかりしてると、あっという間に人は老けていく。

2017年が過ぎ去るのって、早すぎたと思うんです。

四季の実感も十分にないまま、流れるように気がついたら次のお正月にたどり着いていました。年を重ねるにつれて、1日や1週間だけでなく、1年が飛ぶように過ぎていくような気がしてならない。いったい、どうして?

Elite Daily』のライターCaroline Burkeさんは、科学的な視点から、年を取る度に時間経過が速く感じる理由を説明しています。

この感情の正体は、
「休日のパラドクス」

大人になるにつれて時間をはやく感じるという感覚は、科学的にも実証されています。

ミュンヘンのLudwig Maximilian大学で行われた2005年の調査結果がScientific Americanに掲載されています。

その調査は、14歳から94歳までを対象に行われました。1日、または1週間というスケジュールを、どれくらいの速度で感じているかというアンケートを実施した結果、世代によって結果に大きな差が生まれたのです。

若い人は時間の経過を比較的ゆっくり感じていて、40歳以上になると、著しくそのスピードが速くなる傾向にありました。

この現象が起きる要因のひとつに、「休日のパラドクス」と呼ばれるものがあります。

人の心は新しい経験を記憶に取り込むために、親しんだものに対しては感情の動きが鈍くなる傾向にあるのです。若い間は、新しい経験や、人間関係、知的な課題に出会うことも多くありますが、年を重ねるにつれてその機会は少なくなります。

要するに、心は日常に鈍感になっていくだけで、肝心の新しい刺激はやってこない状態が増えるのです。

当然、20代よりも50代の方が日々の生活がルーティーンになりやすく、時間の流れをはやく感じるでしょう。

“濃い1日”を過ごすために、
生活を見直してみる。

「休日のパラドクス」に陥って、飛ぶように過ぎていく毎日を受け入れることを、悲しいと思う人もいるでしょう。

解決策はただひとつ、日々に新しい刺激を取り入れることです。

「自分はもういい年だし」と、年齢を理由に、何か新しいことを始めるのを諦めてはいけません。学習をやめる必要もありません。積極的に、新しいものに出会って、新しい人間関係をつくっていきましょう。

そうすることで、感じる時の流れは以前より遅くなるはず。

あなたの日々は、たくさんの機会を秘めています。生きている限り、すべての時間はあなたのためだけにあるもの。

SNSをスクロールする代わりに、毎日5分間瞑想に励んだり、友達と会話をしましょう。時間をどのように使うかは、即ち、「どのように生きるのか」なのです。

あなたが何歳であろうと、日々を新しい刺激に満ちたものに変えることはできるはず。「何も考えずに生きること」ほど、怖いものはありません。

Licensed material used with permission by Elite Daily
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
人生がうまくいっていないわけじゃない。だけど、なんだか毎日がパッとしない。そんなとき思い出すべきヒントについて、ライターのDanielle William...
中国で3歳のときに誘拐され、行方不明となっていた21歳の男性が発見された。本人特定には、いわゆる「老け顔アプリ」の技術が活用されたという。
今朝、洋服を選ぶのに何分かかりましたか?5分、10分、もしくはそれ以上…?その時間や労力を捨て去ることができれば、人生が大きく変わるかもしれません。世の多...
「Google」の開発する「Google Map」が2月6日で15週年を迎え、それを記念した大型アップデートを実施。今回のアップデートで、メイン画面にタブ...