早くも大阪の新名所?「日本最大級のフードホール」

フードホールって聞いたことありますか?

フードコートならわかりますよね。ショッピングモールにあって、飲食店がたくさん並んでいて気軽に立ち寄れるスポットです。どうやらフードホールは、マルシェ(市場)とフードコートとレストランが融合した場所らしいのです。

いま、世界中で注目されている新しいグルメスポット、フードホールの魅力をご紹介します。

フードホールは、
ただのグルメスポットじゃない。

フードコートはたぶん、ファミリーでも気兼ねなく楽しめるカジュアルなイメージですよね。フードホールとの共通点は、たくさんの飲食店が並んでいることくらい。おしゃれな外装、新鮮な食材、こだわりの料理、その場所でしか楽しめないお店がフードホールには揃っています。広い敷地に、テーマやサービスも多様なレストランやショップがあり、目移りしてしまうほど。フードホールに来れば、食のトレンドを丸ごと味わうことができるんです。

ニューヨークといえば、フードホール。

フードホールの人気に火をつけたのは、ニューヨーク。
ブルックリンやマンハッタンといった流行の発信地に、相次いでオープンし、流行に敏感なニューヨーカーがいち早く反応しました。本物志向やヘルシー志向といった、コンセプトもさまざまなフードホールが注目を集めています。大型商業施設内や駅構内だけではなく、美術館や旧倉庫といった文化的に価値がある場所などでもオープンし、ニューヨークの生活に欠かせないスポットになっています。
そして今、フードホールは、日本にも進出してきているのです。

ついに大阪に、上陸。

徐々に日本でもフードホールが増えてきています。もしこれから行くとしたら、大阪に新しくオープンした「LUCUA FOOD HALL」がおすすめ。マルシェとレストランが融合した、日本最大級のフードホールです。

中心となるキッチン&マーケットは、本場のマルシェのように新鮮な食材を買うこともでき、ダイニングではその食材を使用した料理も食べることができるボーダレスな空間。料理を食べて気に入った調味料や食材も、その場で購入できちゃいます。フロア内の座席も300席以上あるので、ゆっくり食事を楽しむこともサッと済ませたいときにも、あらゆるシーンに対応してくれます。

LUCUA FOOD HALL「キッチン&マーケット」

「メルカ」

朝のコーヒー、ランチに窯焼きピッツァ、仕事終わりにはチーズ、生ハム、ワインを楽しむことができる。豊富な食材が揃うイタリアンマーケットエリア。

「フレッシュガーデン」

新鮮な産地直送野菜や鮮魚、精肉が購入でき、ダイニングでは新鮮野菜のサラダバーや、寿司職人が握ってくれる寿司も。他にも熟成肉が味わえたり、店内で購入した食材を持ち込んで、BBQができるセルフコーナーが併設されているエリア。

「スイーツアットホーム」

店頭に並ぶ旬のフルーツを使ったスイーツやカフェが楽しめるエリア。旬のフルーツはジュースやクレープ、パフェなどで味わえる。和菓子も揃えており、手土産にも最適。

「ミート&イートスクエア」

すべてのエリアをつなぐ、キッチン&マーケットの中心。待ち合わせやランチ、ティータイムなど、好きな時間に気兼ねなく過ごすことができる。他エリアで購入したものも、お好きなドリンクと楽しめる。アルコールも提供。

食のシーン、すべてを融合。

「LUCUA FOOD HALL」は、LUCUA osaka地下2階の大規模リニューアルを経て、4月1日にグランドオープンしたばかり。

今回ご紹介したキッチン&マーケット以外にも、お店はたくさん。
西日本初出店の「スターバックスリザーブ®️バー」は、コーヒーとアルコールを組み合わせたドリンクを楽しむことができ、スイーツでは、原宿で大人気の「クロッカンシューザクザク」が関西初上陸。また、ベルギーワッフルのマネケンがプロデュースする一口サイズのベルギーワッフル専門店「コロンコロン ブシェ」は全国初出店です。

様々な人のライフスタイルに合わせられるように、あらゆる食のシーンに対応できる空間を目指す「LUCUA FOOD HALL」。大阪駅直結だから、アクセスのしやすさも抜群です。大阪に住んでいる方も、これから遊びに行く方も、新しいグルメスポットに足を運んでみてはいかがでしょうか?

大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
B級グルメの代表格「ご当地焼きそば」は、愛知県の瀬戸市にもあった。一見するとなんの変哲もない茶色い普通の焼きそばだけど、食べてみると甘みがある。立ち寄った...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
インパクトのあるカラフルなイラストを得意とするMIKE HUGHESが描くのは、ジャンクフードに狂う人々。病的な感じもするけど、どこか幸せそうな人々の姿に...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
大阪でも、年配の人しか使わなくなった方言のひとつ「ねき」。それが、このお店の名前です。一品一品が美味しくて、どこかホッとする。そんな食事が楽しめました。野...
2015年11月、万博記念公園内に誕生した日本最大級の複合施設「EXPOCITY」。すぐ隣には、ガンバ大阪の本拠地「市立吹田サッカースタジアム」も新たに完...
群馬県で愛されているソウルフードのひとつ、それが「モツ煮」。モツ煮専門店がたくさんあるだけでなく、ラーメン屋やとんかつ屋でモツ煮がメニューに載っていたり、...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
毎年増えつづける、大阪に訪れる外国人観光客。その中心でもある難波の一角にある、文化住宅をリノベした「道草アパートメント」という建物。 なかでも通行人の目を...
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
Fox 11 Los Angelesがそんなフリーウェイの様子をレポートしている動画には、フードトラックが営業を始めて、多くの人が並んでいる様子が映し出さ...
アメリカ・ニューハンプシャー州にあるアニマルシェルター。ここでは、ペットに食事を用意できないほど貧しい家族や高齢者に、ペットフードを寄付していました。しか...
スタジアムでの野球観戦、醍醐味のひとつとして欠かせないのが球場グルメです。各球場ごとの特色が出るのは本場アメリカも同じ。たとえばこの「チャチャボウル」は、...
100年以上の歴史がある通天閣のふもとにある「新世界市場」は、今では半分以上のお店が閉まっている、いわゆるシャッター街。でも、そこが以前のように活気ある市...
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
小さな造形物って、見ているだけでほっこりさせられる魅力があります。そして、食品の模型って、つくった人の味の好みが出ますよね。ここでは、アメリカンなミニチュ...
「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」「Baby Organic」は、そんな疑問を...