早くも大阪の新名所?「日本最大級のフードホール」

フードホールって聞いたことありますか?

フードコートならわかりますよね。ショッピングモールにあって、飲食店がたくさん並んでいて気軽に立ち寄れるスポットです。どうやらフードホールは、マルシェ(市場)とフードコートとレストランが融合した場所らしいのです。

いま、世界中で注目されている新しいグルメスポット、フードホールの魅力をご紹介します。

フードホールは、
ただのグルメスポットじゃない。

6669784032739328

フードコートはたぶん、ファミリーでも気兼ねなく楽しめるカジュアルなイメージですよね。フードホールとの共通点は、たくさんの飲食店が並んでいることくらい。おしゃれな外装、新鮮な食材、こだわりの料理、その場所でしか楽しめないお店がフードホールには揃っています。広い敷地に、テーマやサービスも多様なレストランやショップがあり、目移りしてしまうほど。フードホールに来れば、食のトレンドを丸ごと味わうことができるんです。

ニューヨークといえば、フードホール。

6186618733985792

フードホールの人気に火をつけたのは、ニューヨーク。
ブルックリンやマンハッタンといった流行の発信地に、相次いでオープンし、流行に敏感なニューヨーカーがいち早く反応しました。本物志向やヘルシー志向といった、コンセプトもさまざまなフードホールが注目を集めています。大型商業施設内や駅構内だけではなく、美術館や旧倉庫といった文化的に価値がある場所などでもオープンし、ニューヨークの生活に欠かせないスポットになっています。
そして今、フードホールは、日本にも進出してきているのです。

ついに大阪に、上陸。

57158324705034245369630054940672

徐々に日本でもフードホールが増えてきています。もしこれから行くとしたら、大阪に新しくオープンした「LUCUA FOOD HALL」がおすすめ。マルシェとレストランが融合した、日本最大級のフードホールです。

中心となるキッチン&マーケットは、本場のマルシェのように新鮮な食材を買うこともでき、ダイニングではその食材を使用した料理も食べることができるボーダレスな空間。料理を食べて気に入った調味料や食材も、その場で購入できちゃいます。フロア内の座席も300席以上あるので、ゆっくり食事を楽しむこともサッと済ませたいときにも、あらゆるシーンに対応してくれます。

LUCUA FOOD HALL「キッチン&マーケット」

「メルカ」

513198709853388848066801015193606257887005376512

朝のコーヒー、ランチに窯焼きピッツァ、仕事終わりにはチーズ、生ハム、ワインを楽しむことができる。豊富な食材が揃うイタリアンマーケットエリア。

「フレッシュガーデン」

480044072199782466892882845368325740553631170560

新鮮な産地直送野菜や鮮魚、精肉が購入でき、ダイニングでは新鮮野菜のサラダバーや、寿司職人が握ってくれる寿司も。他にも熟成肉が味わえたり、店内で購入した食材を持ち込んで、BBQができるセルフコーナーが併設されているエリア。

「スイーツアットホーム」

67220051979141126357723251736576

店頭に並ぶ旬のフルーツを使ったスイーツやカフェが楽しめるエリア。旬のフルーツはジュースやクレープ、パフェなどで味わえる。和菓子も揃えており、手土産にも最適。

「ミート&イートスクエア」

6278782423924736

すべてのエリアをつなぐ、キッチン&マーケットの中心。待ち合わせやランチ、ティータイムなど、好きな時間に気兼ねなく過ごすことができる。他エリアで購入したものも、お好きなドリンクと楽しめる。アルコールも提供。

食のシーン、すべてを融合。

「LUCUA FOOD HALL」は、LUCUA osaka地下2階の大規模リニューアルを経て、4月1日にグランドオープンしたばかり。

今回ご紹介したキッチン&マーケット以外にも、お店はたくさん。
西日本初出店の「スターバックスリザーブ®️バー」は、コーヒーとアルコールを組み合わせたドリンクを楽しむことができ、スイーツでは、原宿で大人気の「クロッカンシューザクザク」が関西初上陸。また、ベルギーワッフルのマネケンがプロデュースする一口サイズのベルギーワッフル専門店「コロンコロン ブシェ」は全国初出店です。

様々な人のライフスタイルに合わせられるように、あらゆる食のシーンに対応できる空間を目指す「LUCUA FOOD HALL」。大阪駅直結だから、アクセスのしやすさも抜群です。大阪に住んでいる方も、これから遊びに行く方も、新しいグルメスポットに足を運んでみてはいかがでしょうか?

Cc2f291fbd54face27d7435858e3cf747c81c395
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
B級グルメの代表格「ご当地焼きそば」は、愛知県の瀬戸市にもあった。一見するとなんの変哲もない茶色い普通の焼きそばだけど、食べてみると甘みがある。立ち寄った...
インパクトのあるカラフルなイラストを得意とするMIKE HUGHESが描くのは、ジャンクフードに狂う人々。病的な感じもするけど、どこか幸せそうな人々の姿に...
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
大阪でも、年配の人しか使わなくなった方言のひとつ「ねき」。それが、このお店の名前です。一品一品が美味しくて、どこかホッとする。そんな食事が楽しめました。野...
2015年11月、万博記念公園内に誕生した日本最大級の複合施設「EXPOCITY」。すぐ隣には、ガンバ大阪の本拠地「市立吹田サッカースタジアム」も新たに完...
群馬県で愛されているソウルフードのひとつ、それが「モツ煮」。モツ煮専門店がたくさんあるだけでなく、ラーメン屋やとんかつ屋でモツ煮がメニューに載っていたり、...
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
毎年増えつづける、大阪に訪れる外国人観光客。その中心でもある難波の一角にある、文化住宅をリノベした「道草アパートメント」という建物。 なかでも通行人の目を...
アメリカ・ニューハンプシャー州にあるアニマルシェルター。ここでは、ペットに食事を用意できないほど貧しい家族や高齢者に、ペットフードを寄付していました。しか...
『キャドバリー』の「デイリーミルク」。
スタジアムでの野球観戦、醍醐味のひとつとして欠かせないのが球場グルメです。各球場ごとの特色が出るのは本場アメリカも同じ。たとえばこの「チャチャボウル」は、...
Fox 11 Los Angelesがそんなフリーウェイの様子をレポートしている動画には、フードトラックが営業を始めて、多くの人が並んでいる様子が映し出さ...
100年以上の歴史がある通天閣のふもとにある「新世界市場」は、今では半分以上のお店が閉まっている、いわゆるシャッター街。でも、そこが以前のように活気ある市...
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...