大事な人との思い出を、捨てることができない人へ

あと2日で終わってしまう、博物館の話をしようと思う。

以前も記事にして取りあげた、失恋博物館。3月31日に、はじめて日本に上陸したのだ。ただし、テーマは“別れ”。

恋人だけでなく、友達や恩師、家族、あらゆる別れの痛みを象徴したものが、真っ白な空間のなかに詰め込まれている。

6035508899610624

撮影は自由に。展示されているものに触ることは禁止されているけれど、ケースに入っているわけでもないから、ぐっと距離を詰めて、小さな傷や汚れまで見ることができる。

横には、持ち主だった人のメッセージや物語が書かれていて、いま自分の目の前にあるものに、誰の、どんな思いが込められているのかを知る。

“それでも生き続ける”という
強さを象徴したものたち

浮気をした彼氏に、昔もらったお土産
離婚した妻からのプレゼント
幼い頃に死んだ、父の声が録音されたカセットテープ
旅立つ時に、おばあちゃんがくれたシワシワのドル札
命日に、息子が着ていた洋服

 

あまりにもリアルで。

持ち主の人生を、今まで支配してきたであろう感情が、空気をつたってカラダのなかに入ってきそうだった。

新品のように綺麗なものなど、ひとつもない。
まぎれもなく、展示されているすべてに、誰かの痛みが滲んでいる。

 

手放すことを選ぶのは、「それでもこの先の人生を生きていく」という意志に他ならなくて、人間が持つたしかな生命力なのだと、気づかされた。

どんな別れを経ても、もうこの先、生きていけないと思う日々が続いても、心は治癒する力をもっている。

もし、あなたがいま
痛みを抱えて立っているのなら

6174727311720448

きっと、手を引いてもらえるよ。今より少しだけ、一歩だけ。

そのために、撮影できるようになっている。誰かのリアルを、自分の手で切り取って、新しい思い出に更新することを、許されている。

もし今回、東京で出会うことができなくても、世界中を旅しているこの博物館と縁があれば、きっとどこかで。

 

 

展示品は、すべて一般の方々からの寄付。捨てられずにいた忘れ形見の、新しい居場所を探している人は、こちらまで。

Licensed material used with permission by Museum of Broken Relationships 「別れの博物館」
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
どうせ捨ててしまったり、クローゼットに眠らせたりするくらいなら、いっそのことオンリーワンに変身させよう。
いらないものにすがるのは、幸せへの遠回り。ときには手放すことが大事だと語るのは、「I Heart Intelligence」のRobyn Reischさん...
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...
愛知県・瀬戸市にきたら、だいたい宿泊先は「瀬戸パークホテル」になる。そもそも街中に泊まれるホテルが少ないのも理由のひとつだが、深川神社の境内のなかにあると...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?
使えるものは再利用したほうがいいし、ずっと持っていることで新しい恋人と気まずくなったり、思い出が蘇って苦しくなるくらいなら、大事に使ってくれる人に渡したほ...
友達か、恋人か。白黒つけられない恋愛は、そんなに悪いことですか?
ある意味、好きな人にだけとどけばいい。
これまでも数々の恋愛記事を手がけてきたライターが、初デートで相手が「運命の人」かどうかを見極める3つのサインを紹介している。アプリなどを通じて短時間に多く...
今あなたが一緒にいるパートナーは「運命の人」ですか?もし確信がないなら、辛い恋愛の末に運命の人と出会えたというAnjali Sareen Nowakows...
振り向いてくれないことをわかってて、それでも片思いをはじめる。そんなこと、大人には難しい。
人にはそれぞれソウルアニマルがあると言われています。それを知ることで、心の中に潜んでいる感情はもちろん、潜在的な性格と恋愛観も知ることが。ネコ、キツネ、パ...
愛する人を失った悲しみの中にいる、すべての人たちへ。
仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
あの人が隣にいてくれる気がしました。
彼女に振られたら辛いのは、誰もが同じ。だからと言っていつまでも落ち込んでいるわけにはいきません。一刻も早く明るく立ち上がるために、捨てるべき7つのものをお...
恋愛が上手くいかないと悩んでいるあなたに、知っておいて欲しいことがあります。それはなんら難しいことではなく、考え方を少し変えればいいだけのことなのです。拙...
ひとりの相手と半世紀ほど共に過ごすことになる結婚生活。そんなに長い期間一緒にいるのならば、「運命の人」と人生を歩んでいきたいもの。でもそれが誰かって、どう...
胸がギュッと締め付けられるほど切なかったり、燃えるように熱い気持ちになったり。自分でもびっくりするくらい、思いにあふれてしまうのが本気の恋愛だと思う。様々...
これまでに「運命の人」だと感じた経験は、何度かあるかと思います。でも、「違った」「思い過ごしだった」「出来心だった」という結末を迎えてしまうことも、同じく...