大事な人との思い出を、捨てることができない人へ

あと2日で終わってしまう、博物館の話をしようと思う。

以前も記事にして取りあげた、失恋博物館。3月31日に、はじめて日本に上陸したのだ。ただし、テーマは“別れ”。

恋人だけでなく、友達や恩師、家族、あらゆる別れの痛みを象徴したものが、真っ白な空間のなかに詰め込まれている。

撮影は自由に。展示されているものに触ることは禁止されているけれど、ケースに入っているわけでもないから、ぐっと距離を詰めて、小さな傷や汚れまで見ることができる。

横には、持ち主だった人のメッセージや物語が書かれていて、いま自分の目の前にあるものに、誰の、どんな思いが込められているのかを知る。

“それでも生き続ける”という
強さを象徴したものたち

浮気をした彼氏に、昔もらったお土産
離婚した妻からのプレゼント
幼い頃に死んだ、父の声が録音されたカセットテープ
旅立つ時に、おばあちゃんがくれたシワシワのドル札
命日に、息子が着ていた洋服

 

あまりにもリアルで。

持ち主の人生を、今まで支配してきたであろう感情が、空気をつたってカラダのなかに入ってきそうだった。

新品のように綺麗なものなど、ひとつもない。
まぎれもなく、展示されているすべてに、誰かの痛みが滲んでいる。

 

手放すことを選ぶのは、「それでもこの先の人生を生きていく」という意志に他ならなくて、人間が持つたしかな生命力なのだと、気づかされた。

どんな別れを経ても、もうこの先、生きていけないと思う日々が続いても、心は治癒する力をもっている。

もし、あなたがいま
痛みを抱えて立っているのなら

きっと、手を引いてもらえるよ。今より少しだけ、一歩だけ。

そのために、撮影できるようになっている。誰かのリアルを、自分の手で切り取って、新しい思い出に更新することを、許されている。

もし今回、東京で出会うことができなくても、世界中を旅しているこの博物館と縁があれば、きっとどこかで。

 

 

展示品は、すべて一般の方々からの寄付。捨てられずにいた忘れ形見の、新しい居場所を探している人は、こちらまで。

Licensed material used with permission by Museum of Broken Relationships 「別れの博物館」
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
どうせ捨ててしまったり、クローゼットに眠らせたりするくらいなら、いっそのことオンリーワンに変身させよう。
いらないものにすがるのは、幸せへの遠回り。ときには手放すことが大事だと語るのは、「I Heart Intelligence」のRobyn Reischさん...
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
使えるものは再利用したほうがいいし、ずっと持っていることで新しい恋人と気まずくなったり、思い出が蘇って苦しくなるくらいなら、大事に使ってくれる人に渡したほ...
毎年約150万キロも捨てられているチューインガムをスニーカーへとアップサイクルしたオランダ・アムステルダムのプロジェクト。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
人にはそれぞれソウルアニマルがあると言われています。それを知ることで、心の中に潜んでいる感情はもちろん、潜在的な性格と恋愛観も知ることが。ネコ、キツネ、パ...
振り向いてくれないことをわかってて、それでも片思いをはじめる。そんなこと、大人には難しい。
友達か、恋人か。白黒つけられない恋愛は、そんなに悪いことですか?
愛する人を失った悲しみの中にいる、すべての人たちへ。
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
これまでも数々の恋愛記事を手がけてきたライターが、初デートで相手が「運命の人」かどうかを見極める3つのサインを紹介している。アプリなどを通じて短時間に多く...
今あなたが一緒にいるパートナーは「運命の人」ですか?もし確信がないなら、辛い恋愛の末に運命の人と出会えたというAnjali Sareen Nowakows...
「優しい人になりたい」と思うことは至って自然なこと。でも、ただの“いい人”で終わってしまわないかと、少なからず抵抗をもつ人もいるかもしれない。そのようなネ...
あの人が隣にいてくれる気がしました。
仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
イギリスの人気俳優、ベネディクト・カンバーバッチが出演するショートムービー『二人』。ある日、帰宅した彼が今朝の彼と決定的に違っていたら……。
日本と海外の恋愛観の違い。今回は、デートを重ねて「やっぱり違うな…」と相手に感じた時の対応について。