あの日、あの時……オトコが放った最悪なセリフvol.2

思い出してさめざめと泣くわけじゃない。こんなオトコに二度と引っかからないよう、私の、そして誰かの教訓にするために。

実際に存在した、最悪なセリフを取材してみました。

すべて、本当の話。

二股なオトコ

リナ(仮名)・29歳

どうして見てしまったのだろう。

後悔しても、時すでに遅し。私が手にした彼氏・マサヒロの携帯には、はっきりとした証拠が表示されていた。

『今日は久しぶりのデート楽しかった♡ありがとう♡マサヒロも忙しいと思うけど、またご飯たべに行こうね』

絵文字に溢れたメール。デートという言葉。それだけでも私を落ち込ませるには十分だったけれど、何よりも攻撃力が高かったのは……。

 

* * *

 

マサヒロとは仕事を通じて知り合った。出会ってしばらくの間は儀礼的な会話しかせず、私的な会話をすることはなかった。しかし、いつだったかビジネスの場でほんの少しだけふたりきりの時間ができた。

「今日はなんか疲れてます?」

あくまでもさり気ない彼の言葉に、思わず赤面してしまう。

「あ、いいえ……昨日、飲みすぎちゃって」

隠していたつもりなのに、二日酔いがバレてしまった。けれど、これをきっかけに、彼もお酒が好きだということがわかり、飲みにいく約束を交わすことに。仕事という共通項もあり、私の知人を紹介したり、マサヒロの仕事仲間の飲み会に連れていってもらうことも増えた。

そんな、とある場でのこと。

「リナさん、紹介するよ。彼女は映像制作会社に勤めているアリサさん。かなり人脈をもってる人だから、リナさんと気が合うかも」

アリサは落ち着いた雰囲気の、ストレートの黒髪がとても似合う女性だった。話してみると年齢も私と1歳違いで、確かに気が合いそうだ。その場で互いの連絡先を交換した。

人間関係がどんどん広がっていく。大きなプールにただ浮かんでいるだけで友達が増えていくような感覚。彼といると新しい世界が拓けていく。気づけば私たちは恋人同士になっていた。

あまりにありふれた、始まり方。

しばらくはただただ楽しい時間がすぎていく。何をしても何を見ても、ひたすらに幸せで、嬉しい。しかし29歳の私は、そんな時間が永遠ではないこともまた知っていて……。

恋人になって初めて迎える大型連休なのに、マサヒロは直前まで予定を明かさなかった。何度問いかけても、

「ちょっと仕事がどうなるかわからないんだ。もう少し待って」

と言葉を濁すだけ。挙句、一度は決めた1泊旅行の予定を、直前で覆された。理由は「仕事」。それが当然、真実ではないと悟った私は、シャワーを浴びているマサヒロの携帯を手に取ってしまう。

『今日は久しぶりのデート楽しかった♡ありがとう♡マサヒロも忙しいと思うけど、またご飯たべに行こうね』

絵文字だらけのメールよりも、デートという文字よりも、打ちのめされたのは、差出人の名前。そこには、『アリサ』と書かれていて……。

もしかして、と自分の携帯を開けば、同じメールアドレスが残っていた。間違いない。あの時、紹介されたアリサだった。他に女がいるのかもとは思ったけれど、まさか知っている人だったなんて。気が合うかもなんて、言っていたのに。

「釣りをさ、してたんだよ。効率を考えて、釣り糸を2本たらしてたら、たまたまそれが同じ生簀(いけす)だったっていうだけで」

 

何食わぬ顔をしてシャワーから戻ってきたマサヒロに無言で携帯をかざす。たっぷり30秒はあけて、彼はこう言ったのだった。

私は彼に、まんまと、釣られてしまったのか。自分が泳いでいたのが生簀だとも知らずに。

……んなわけねーだろ。仮に私が魚だとしても、私が泳ぐのは大海原だ!

 

━━これが私の人生、最悪なセリフ。

思い出してさめざめと泣くわけじゃない。こんなオトコに二度と引っかからないよう、私の、そして誰かの教訓にするために。本当にあった、私の人生、最悪なセリフ。
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
今日は、人生最悪の1日。誰だって、そう感じることってありますよね?何もかもがうまくいかない。そんな負の連鎖から抜け出すことは、当然、簡単なことではありませ...
「なんであんな男と付き合ってるの?」と、周りからヒドい言われようをする。そんなつもりも自覚もないのに、なぜかこう「ダメな男」ばかりと付き合ってしまう…。じ...
「やあ、見知らぬ君」と話しかけられた。あっ、お前か!キモくてかわいいキャラクターとして話題になっているのは…。このクレイアニメを生み出したのは、LAで活躍...
あなたに恋人ができない、もしくはできても長続きしない、本当の理由はなんだと思う?それを見つけるためには、自分の恋愛の傾向を理解すること。まずはこんなネガテ...
自分に合っていない男に引っかかり、傷ついて、気を落とすのはもう散々…。ダメな恋愛にしがみついて失敗を繰り返さないために注目したいのは、「YourTango...
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
ひと頃の不倫ブームを経て、不倫や二股、浮気なんていうワードが随分とカジュアルに語られるようになった昨今。浮気実体験者から見出した、浮気男の特徴をこっそり伝授。
結局愛情って、その人に関わっていく意思や、一体感をいうのでは…なんて考えさせられる、「愛のしるし」のセリフたちをどうぞ。
「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
豊富な恋愛コンテンツが人気の「Elite Daily」には、多くの大学生が意見を投稿しています。今回紹介するのは、シンシナティ大学に通うElise Wil...
サンフランシスコ ダンジョン」という、地元の暗黒歴史をテーマにしたホラー観光名所で、あの刑務所を再現した宿泊施設が限定オープンするのだ。看守や囚人による余...
「Elite Daily」で70以上の恋愛コラムを書いてきた、ライターKimmy Foskettさんは、男遊びが増える時期こそ、気をつけたほうがいいタイプ...
どうしてかな。女が追いかける恋愛って、だいたいうまくいきませんね。
ライターSara Calivaがわざわざ「Elite Daily」で記事にしたのは、デートを重ねるごとに見出してきた好感度アップのサインと、その逆のダウン...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.28 「私立探偵 濱マイク」 「俺の名前は、濱マイク。探偵だ」横浜の黄金町を舞台にして活動する探偵を主人公にしたハード...
「言葉にできない」と、思っていたけれど。