そして、誰もいなくなりました

 

GIGI CIFALI が撮影した、閉鎖された公衆浴場の写真たち。

よく見てみると、突き当たりには「DEEP END」の文字。調べてみると、「一番深いところ」っていう意味らしい。よく考えてみればわかるんだけど、書いてある場所が場所だったもので。

日本のプールは真ん中が一番深くなっていることが多いのに、海外のプールは端が深くなっているんですね。(これ、地味だけど結構発見でした)

 

 

思い出したのは、水がすべて抜かれた公衆浴場のシーンが印象的な映画、『早春』(1972年)のこと。その原題が『DEEP END』なんです。

年上の女性に恋をした、公衆浴場ではたらく15歳の少年。どうにも気持ちをとめられなくて、とにかくいろいろやらかします。深く深く、なによりも深く、その女性に焦がれてしまいます。そう考えると、タイトルの付け方お洒落すぎませんか? ひさしぶりに、観たくなっちゃいました。

と、話がずれましたね。ここからたくさんGIGIの写真を見れるから、気になる人はチェックしてみて!

 

Licensed material used with permission by GIGI CIFALI
「Glacier Pools」と称されたTom Hegenさんの作品は、直訳すると「氷河のプール」という意味。詳しいロケーションは明かされていませんが、ア...
こんなに「泳いでみたいプール」って、早々ないです。
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
「東洋のベネチア」と形容される中国の蘇州市に新たにオープンした「Loong Swim Club」。子どもから大人まで楽しめる空間をとの想いが存分に込められ...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!
これらの写真を見ていて、映画「ブレードランナー」を思い出した。1982年に公開された作品は、サイバーパンクSFという新ジャンルを確立した。その世界観は、退...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
なんとなく自分の中で勝手に限界を決めてしまっていた「プールが持つ可能性」。でも、一歩引いた視点から既存のルールを見直してみると、たしかに、まだまだ“改革”...