一日中あなたの側で気分をコントロールしてくれるアイテム

定番になりつつある「ワイヤレスイヤホン/ヘッドホン×ノイズキャンセリング」の組み合わせ。BOSEの「QUIETCONTROL30 WIRELWSS HEADPHONES」もこれに該当するものですが、しかしストレートに言って次元が違います。

©2018 TABI LABO

というのも、従来のノイズキャンセリングヘッドホンではせいぜい3段階程度のノイキャンレベル調節が一般的なのに対して、なんとQC30は12段階で可能だから。もちろん「これぞBOSE」というどっしりとした低音とクリアなサウンドはそのままにです。

ここまでくると、もはや騒音は打ち消すものではなく、自由にコントロールするもの。そのメリットは、シーン別で考えてみるとわかりやすい!

ノイキャンレベル12(MAX)
騒音を完全に遮断

急いで仕事を終わらせたい。何かアイデアをひねり出したい。とにかく集中したいときは、レベル12で騒音をシャットアウト。

これは体感してもらうほかないのですが、なんというか山奥のお寺で徹底的に自分と向き合える感覚。驚くほど周囲の騒音が気になりません。さすがMAXです。

あえて音楽を流さずに図書館のような静けさを作り出す、なんて使い方もできますね。

ノイキャンレベル8
“聞こえなきゃいけない音”は逃さない

電車内での乗り換え案内や空港での搭乗アナウンスなど、完全に音を遮断してしまうと困ってしまうときはレベルを少し下げて。

周囲の話し声はほとんど聞こえないので、音楽に集中できる一方、大切な情報は逃しません。

ノイキャンレベル4
周囲の音も“ちゃんと聞こえる”

外を歩いているときは、車や自転車が近づいてくる音には気を配っておく必要があります。ここはレベル4くらいで、音楽は“それなりに”楽しみましょう。

ノイキャンレベル1
まるでカフェのBGM

いつものコーヒースタンドで、出来上がりを待ちながら店員と話すとき。どちらの服がいいか、ショップスタッフに相談しているとき。こうしたシチュエーションで普通に会話ができるレベルにまで、ノイキャンをコントロールできます。

イメージはカフェで流れるBGMといったところ。適度なざわざわが心地いい場合もありますよね。

レベルの調節は
本体ボタンとアプリで使い分けを

©2018 TABI LABO

ノイキャンレベルの上げ下げは、本体のボタンだけでなく、BOSEの公式アプリ「Bose  Connect」でも可能。ユーザーの使用状況に応じた“最短距離”で操作できるのは気が効いています。

ちなみに、試しに一日中装着してみましたが、首の疲れはまったくありません。これも軽量かつソフトで肌触りのいいネックバンドのおかげ。どれだけサウンドやノイキャンにこだわっていても、快適さを欠いてしまうと音を楽しむことなんて到底できませんから。

Top photo: © 2018 TABI LABO
目的地までの空の上。飛行機という限られた空間を快適にしてくれる、見栄えからスマートな便利グッズは旅のお供にいかがでしょう?旅のアイテムとして便利なのはもう...
斬新なアイデアを採用したイヤホンの紹介です。
フランスのハイエンドなオーディオメーカー〈FOCAL(フォーカル)〉の「SPARK WIRELESS」です。
iPhone7以降、イヤホンジャックがなくなったのを機にワイヤレスイヤホンに乗り換えた人も多いはず。街中でも「AirPods」を使用している人をかなり見か...
アメリカの11州では、雪で覆われた自動車を運転していると罰金を取られる可能性があるのだ。
耳に引っ掛けるだけのストレスフリーな超薄型Bluetoothイヤホン「CLiCK」。残り期間わずかなクラウンドファンディングでは、最大32%(記事公開時)...
「ambie sound earcuffs(アンビー サウンド イヤーカフ)」は、そもそも耳穴をふさがない。耳たぶにクリップするように装着します。ゆえに、...
完全独立型イヤホン「hGroov」は、2つの革新的な機能を搭載しています。1つ目は、ワイヤレス充電規格Qiに対応。2つ目は、専用のケースも充電される仕組み...
ランニングやトレーニングなどのスポーツをするときのために、開発されたスマートヘッドホン「Vinci 2.0」。その特徴を考えると、満員電車の中でも活躍して...
「フランス人の女の子と知り合ったとき、アイデアを思いついたんだーー」そう語るのは、リアルタイムで外国語を翻訳してくれるイヤホン「the Pilot」の開発...
「ぐるなび総研」が毎年選定する「今年の一皿」、2019年は空前のブームに沸いた「タピオカ」に決定。
音楽デバイスの進化は日進月歩で改善し、いまやウェアラブルが基本。ではイヤホンはといえば…。誰もがこんな経験があるのでは?音楽を聞きながらジョギングをしてい...
「WT2 Plus」は、イヤホン型の翻訳機。使い方は簡単で、ひとつは自分、もう片方を相手に着用してもらうだけ。Bluetoothでアプリと連動させると、会...
『Makuake』さんから紹介してもらった「VIE FIT」は、かなりのスグレモノです。とってもソフトなシリコン素材を使ったイヤーチップが耳にフィット……...
通勤中の電車の中で、はたまた休日のカフェで。「音楽を聴くこと」は、当たり前のように日常に溶け込んだ行為です。が、その前にごちゃごちゃに絡まったイヤホンを解...
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
「オリィ研究所」が開発を手掛ける分身ロボット「OriHime」が、カフェ「WIRED SHIBUYA」に12月15日までの期間限定でサービススタッフとして...
フィンランドで現職世界最年少の女性首相サンナ・マリン氏が誕生!これによりフィンランドの5党の党首は全員女性になる見通しだ。
8月12日にテキサス州オースティンで、サイレントディスコのように参加者一人ひとりがヘッドホンをつけて、ハイキングをするイベントが開催予定だ。
どこからどう見てもヘッドホンのマッサージ機の登場です。効果は、心臓や肝臓、肺機能を整えてくれるのだとか。
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。
「Kickstarter」に登場した、最新イヤホン「Revols」。資金募集をスタートして、わずか7時間で目標金額の10万ドル(約1,200万円)を集め、...
クラウドファンディング「Indiegogo」で発表されて以来、異例のスピードで潤沢な資金を調達した、世界で最も快適と標榜するスマートヘッドホン「Sound...
音楽を聞こうとしたら、ポケットの中でイヤホンが絡まっている…。接続部分が壊れて買い換えなければならないこともあるし、カナル型だったらイヤーピースをなくして...