オーストラリアでは常識「tap to pay」使ってる?

海外旅行先のコンビニ、スーパー、フェリー、いろんなところで“tap to pay”というサインを見たことはありませんか。もしくは「Tap here, please」って言われたり。

どういう意味か? 答えは決済方法です。クレジットカードやデビットカードをリーダーにタッチするだけで、スピーディに支払いができるよ、ということ。

とりわけオーストラリアは普及率が高く、Visaの対面支払いの92%がこのタッチ決済*。国中で一般的に使われているため、とっても旅行がラクちんに!

*Visa調べ(2017年9月時点)

両替しなくてOK!?

海外旅行を計画すると頭を悩ませるのが両替問題。空港でする? 街中でしたほうがお得? なんてことも、Visaカードがあれば、世界260万台*のATMで現地通貨の引き出しができるので、考える必要がありません。

オーストラリア国内は、ほとんどの場所でVisaのタッチ決済が使えるので、お買い物もスムーズ。

*2016年6月末現在

交通機関の支払いも“ピッ”

日本からVisaのタッチ決済機能があるカードを持っていけば、シドニーからマンリービーチまでのデイトリップに使うフェリーもタッチ決済可能。リーダーにかざすだけで移動できます。

また、キャッシュレス化が進んでいるため、電車やバスを利用するときに駅によって券売機が現金に対応していない可能性もアリ。運賃がお得になるOpal Cardを買いたいときも、カード決済が便利です。どうせカードが必要なら、タッチ決済機能つきにしておいたほうが絶対便利!

あらゆる買い物がとにかくラク

慣れない旅行先では、紙幣と小銭を使うバランス感が分からず、気づいたらお財布の中が小銭でいっぱい……、なんてことも。現金での支払いがなければ、そういう心配も無くなるし、身軽に旅行を楽しめますよね。

 

人気カフェでフラットホワイトをTO GO!
NO.1のグルメタウン「サリーヒルズ」でディナー!
お土産は時間をかけずにTim Tamを大量購入!

 

と、旅行先ではやりたいことがたくさんあるわけで。混雑している人気のカフェやレストランでこそ、ローカルと同じようにスマートに支払いたいところ。今やスーパーで現金精算している人なんてほとんどいないと言ってもいいのがオーストラリアですから。

日本で発行されているクレジットカードやデビットカードにも、タッチ決済に対応したカードが続々登場中。渡航する国によっても違いますが、100ドル以上の決済にサインや暗証番号の入力が必要になるなど、セキュリティー上の予防線もちゃんとあるので安心。

日本と季節が真逆の南半球に位置する国なので、これから心地良い初夏の陽気を楽しめる場所もあります。 旅行の手間を最小限にして、もう一度夏休み気分を味わうことだってできるかもしれません。タッチ決済の準備は早めにしておきましょう!

ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
新たな観光スポットとして要チェックです。
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas ...
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州は、換金されなかった宝くじの賞金を使って、ジャッキー・チェン主演のアクション映画『ポリス・ストーリー / REBO...
同性愛者同士が結婚することを法的に認める国が徐々に増えてきている今、一番動きが活発なのはオーストラリアだ。現在、同性婚の合法化の賛否を問う国民投票が行われ...
愛犬と一緒に行ける映画館がないなら自分で作ってしまおう、という考えのもとできた「K9 Cinemas」。愛犬と一緒に映画鑑賞を楽しむことができる!
写真を見ると、ブルーやピンク、オレンジの色が幻想的です。
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
オーストラリアのニューカッスル大学が、18世紀から19世紀にかけて国内各地で起こった先住民の虐殺をデータ化したサイトを作成。いつ頃、何人の先住民が殺害され...
留学と言ったら、もちろんまずは勉強が大事だけど、その国の文化やライフスタイルに溶け込んで、日本じゃできない経験もしてこそ、本当の留学と言えるんじゃないかと...
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
小麦色の肌が良い!けれどシミや皺ができてしまうのは嫌。そんなワガママを叶えてくれるアイテムがオーストラリアから登場。アイデアが生まれたキッカケは、現地のビ...
オーストラリアで同性婚に反対する団体は、IT'S OK TO SAY “NO” (ノーという意見表明をしてもいいのですよ)という意見広告を掲げた。それに対...
サザンクイーンズランド大学の准教授Warren Midgley氏が、オーストラリアの子供達が学ぶべき言語を話者数、ビジネス、旅行、貿易などの面から考察。実...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!
オーストラリアの議会で、ある男性議員は同性のパートナーにプロポーズ。ちょうど、同性婚を合法化する法改正案を審議しているところでした。答えは「YES」。議場...