オーストラリアでは常識「tap to pay」使ってる?

海外旅行先のコンビニ、スーパー、フェリー、いろんなところで“tap to pay”というサインを見たことはありませんか。もしくは「Tap here, please」って言われたり。

どういう意味か? 答えは決済方法です。クレジットカードやデビットカードをリーダーにタッチするだけで、スピーディに支払いができるよ、ということ。

とりわけオーストラリアは普及率が高く、Visaの対面支払いの92%がこのタッチ決済*。国中で一般的に使われているため、とっても旅行がラクちんに!

*Visa調べ(2017年9月時点)

両替しなくてOK!?

海外旅行を計画すると頭を悩ませるのが両替問題。空港でする? 街中でしたほうがお得? なんてことも、Visaカードがあれば、世界260万台*のATMで現地通貨の引き出しができるので、考える必要がありません。

オーストラリア国内は、ほとんどの場所でVisaのタッチ決済が使えるので、お買い物もスムーズ。

*2016年6月末現在

交通機関の支払いも“ピッ”

日本からVisaのタッチ決済機能があるカードを持っていけば、シドニーからマンリービーチまでのデイトリップに使うフェリーもタッチ決済可能。リーダーにかざすだけで移動できます。

また、キャッシュレス化が進んでいるため、電車やバスを利用するときに駅によって券売機が現金に対応していない可能性もアリ。運賃がお得になるOpal Cardを買いたいときも、カード決済が便利です。どうせカードが必要なら、タッチ決済機能つきにしておいたほうが絶対便利!

あらゆる買い物がとにかくラク

慣れない旅行先では、紙幣と小銭を使うバランス感が分からず、気づいたらお財布の中が小銭でいっぱい……、なんてことも。現金での支払いがなければ、そういう心配も無くなるし、身軽に旅行を楽しめますよね。

 

人気カフェでフラットホワイトをTO GO!
NO.1のグルメタウン「サリーヒルズ」でディナー!
お土産は時間をかけずにTim Tamを大量購入!

 

と、旅行先ではやりたいことがたくさんあるわけで。混雑している人気のカフェやレストランでこそ、ローカルと同じようにスマートに支払いたいところ。今やスーパーで現金精算している人なんてほとんどいないと言ってもいいのがオーストラリアですから。

日本で発行されているクレジットカードやデビットカードにも、タッチ決済に対応したカードが続々登場中。渡航する国によっても違いますが、100ドル以上の決済にサインや暗証番号の入力が必要になるなど、セキュリティー上の予防線もちゃんとあるので安心。

日本と季節が真逆の南半球に位置する国なので、これから心地良い初夏の陽気を楽しめる場所もあります。 旅行の手間を最小限にして、もう一度夏休み気分を味わうことだってできるかもしれません。タッチ決済の準備は早めにしておきましょう!

ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
「シドニー・フィッシュ・マーケット」は近年老朽化が進み、デンマークの建築デザイン事務所「3XN」の設計図を基に建て直しが決まりました。
新たな観光スポットとして要チェックです。
外国に行って複数の都市を豪華客船で巡る「海外クルーズ」をオーストラリアでしてきたんですが、思い出としては「ロイヤルな英国旅!?」をしてきたって感じ。
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...