いつ行く? どこ行く? 「新婚旅行」の話

脅かすわけじゃないんですが、結婚式をするってほんとにハード。最高潮の幸せに至るまでの準備はすごく大変。式後しばらくの間は余韻と疲労で仕事が手につかなくなる可能性も。

 

だから、新婚旅行は「式直後」に! ってわけです。

 

開放感と疲労感は、どちらもここがピーク。土曜日に式をして、日曜日はあと片付け、ひと息ついたらさっさと旅行へ。俗世界から離れちゃうのがGOODです。

とはいえ、行き先やアクティビティ選びは慎重に。おしゃれな観光地を歩き回るなんてさらにクタクタになるし、南国リゾートでのんびりするのもいいけど、なにか物足りない。適度に休めて、適度に刺激的で、新しい生活のことも考えたいふたりにぴったりな場所ってどこ?

本当に優先するべきことって、実はそんなに多くありません。幸せを噛みしめながら、これまでと、これからを考えられれば良いんです。目的をこの3つにしぼりましょう。

 

①ふたりで話す時間を確保する。
②毎日おいしいごはんをステキな環境で食べる。
③言葉にならない感動を共有する。

 

オススメの行き先は、ニュージーランド!


ふたりで話す時間を確保する

5460999545028608

ニュージーランドって、雰囲気が抜群に良くて、ちゃんと話し合いながら楽しめるアクティビティがたくさんあるんです。

世界でも指折りの平和な国というのは、聞いたことがある人も多いハズ。ゆとりがあるからでしょうか、「とにかく人がやさしい」とは誰もが口をそろえる魅力のひとつ。これから始まる夫婦生活を考えるには、できるだけやさしさに溢れた場所が良いですよね。

そして、ゆっくり散策するには最高のロケーションが揃っています。牧歌的であり、都会的でもあります。この絶妙なバランス感が見事に両立していて、街並みはステキ、移民が多く国際色豊かな文化が感じられるし、自然もいっぱいでアウトドア好きなファンも多い。その魅力に気づいていない人、意外とたくさんいるかも。

例えば、絶景を眺めながらトレッキングできるマウント・クック。高低差が少ない歩きやすい道のりに、ミルキーなターコイズブルーの湖や川、万年雪に覆われた山並み、見えるのは絶景中の絶景。“地球上で最も素晴らしい”とも言われているテカポ湖の星空も、ふたりを優しく包みこんでくれます。

リフレッシュが目的ならコレ以上ない、っていう環境ばっかりなんですよね。

4922160665591808


毎日おいしいごはんを
ステキな環境で食べる

6050948468178944

「食事」は夫婦生活を支える基本でもあります。毎日、朝・昼・晩と向き合ってごはんを食べるって、忙しいとなかなか難しいもの。だから、長期休暇を堂々と申請しやすいこのチャンスに、とびっきり心地良い環境のなか、とびっきりおいしいものを。

ニュージーランドは素晴らしい眺望が楽しめるレストランがいっぱい! 大きなパノラマウィンドウから風景を眺め、新鮮なお肉や魚介類を食べながらワインで乾杯。一緒に食事することの大切さを、結婚式直後の幸せとともに味わいましょう。

4805570020245504


言葉にならない感動を共有する

4858195851870208

散策コースだけでも絶景は盛りだくさんですが、一生モノの想い出になるような「非日常体験」もかんたんにできるのがニュージーランド。

写真は、ワイトモ鍾乳洞。星空のように見えますが、洞窟の中なんです。実は、ぜんぶ土ボタルの光! プラネタリウムみたいでしょう? 言葉はいりません。暗がりの中、ふたりで物語の中に飛び込んだような異世界感を噛み締めましょう。

Cc2f291fbd54face27d7435858e3cf747c81c395

「この人と一緒でよかった」って思える
新婚旅行先を選ぼう!

4909009207296000

そんなわけで「新婚旅行は式直後にニュージーランドへ」がオススメ。パッケージツアーを選ぶのが楽ちんです。

JTBなら、自由時間が比較的多く、夜景・星空などロマンチックにゆっくり過ごすコースや、食事が毎回付いていて、且つ目玉観光箇所を抑えたコースが選べます。

のんびりと行動しながら、これから始まる夫婦生活を想像できて、なおかつ刺激的な感動も得られるちょうどいい温度感があるからこそ、一緒にいるパートナーと過ごす時間が特別になります。新婚旅行に、ぜひ。

5931469927088128
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
旅行に行きたい、と言いながら早半年…。ずるずると予定を先延ばしにしたくないなら、旅行上手な友だちに頼ってしまいましょう。「Elite Daily」のKri...
どうしても仕事に行きたくない朝。あなただったらどうしますか?重い足を引きずって泣く泣く会社に行く人もいれば、ウソも方便と1日だけ休んで家でゴロゴロしちゃう...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
どうやら、週末に離島へ行けるツアーがあるようだ。東京近郊、離島、ツアーなどのいくつかの条件で調べてみた結果、僕がたどり着いたのは「プラネタリウムアイランド...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...