目の周りにあるソレ……昆虫じゃん!!

Instagramを見ていたら、なんと昆虫をメイクの飾りにしている人を発見。

気持ち悪いと思う人もいるかもしれないけれど、Jasmineさんのアカウントを見ると、色とりどりのアイシャドウやグリッター、スタッズなどと組み合わせれば意外と写真映えすることがわかります。

彼女のメイクで使われている虫は、蛾や蜜蜂、クワガタまで種類は様々。昆虫を添えるとここまでメイクが際立つなんて!

あまりに鮮やかなので作り物に見えますが、Jasmineさんによると、これらはすべてホンモノの虫を使っているとのこと。

Top image: © ButterflyJasmine49
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
フランスの「Jimini's」が販売するのは、食用昆虫。かわいいパッケージに入ったソレは、ヨーロッパのスーパーマーケットなどで目にすることができます。
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
これは竹細工。竹から生まれた昆虫たちに、私は惚れてしまった。細やかで美しく、力強い。まるで生きているみたいだから。
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...