目の周りにあるソレ……昆虫じゃん!!

Instagramを見ていたら、なんと昆虫をメイクの飾りにしている人を発見。

気持ち悪いと思う人もいるかもしれないけれど、Jasmineさんのアカウントを見ると、色とりどりのアイシャドウやグリッター、スタッズなどと組み合わせれば意外と写真映えすることがわかります。

彼女のメイクで使われている虫は、蛾や蜜蜂、クワガタまで種類は様々。昆虫を添えるとここまでメイクが際立つなんて!

あまりに鮮やかなので作り物に見えますが、Jasmineさんによると、これらはすべてホンモノの虫を使っているとのこと。

Top image: © ButterflyJasmine49
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
フランスの「Jimini's」が販売するのは、食用昆虫。かわいいパッケージに入ったソレは、ヨーロッパのスーパーマーケットなどで目にすることができます。
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
これは竹細工。竹から生まれた昆虫たちに、私は惚れてしまった。細やかで美しく、力強い。まるで生きているみたいだから。
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
「ぐるなび総研」が毎年選定する「今年の一皿」、2019年は空前のブームに沸いた「タピオカ」に決定。
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
南アフリカ、ケープタウンにオープンした「昆虫食専門レストラン」。ゲテモノではなく、おいしい料理として食べる。そこが新しい。
みんな、昆虫食には興味ないだろうか? 私は最近、激しく興味を抱いている。なぜかって?栄養価が高く、国連食糧農業機関(FAO)から食糧不足を解消する手段とし...
未来の食糧として期待される「昆虫食」。口にする機会は少ないのだが、今「ヴィレッジヴァンガードオンライン」でタガメ味のサイダーや昆虫のふりかけが購入できる。
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
「オリィ研究所」が開発を手掛ける分身ロボット「OriHime」が、カフェ「WIRED SHIBUYA」に12月15日までの期間限定でサービススタッフとして...
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
3Dメイクを手がけることで有名なイタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現...
長年ビヨンセのメイクアップアーティストを務めるSir JohnさんとLuminess Cosmeticsが組んで生まれたコスメがあります。既にLumine...
虫が嫌いというわけではないんだけど、はじめて見た時に思わず「うわっ!?」と声を上げてしまいました。まるで白い壁を大量の昆虫が這っているような光景ですが、一...
今日、世界的に危惧されている食糧危機。万が一、明日直面することになったら、あなたはこんな料理を食べられますか?
フィンランドで現職世界最年少の女性首相サンナ・マリン氏が誕生!これによりフィンランドの5党の党首は全員女性になる見通しだ。
「もし空港で僕を見つけたら、ファーストクラスの席と代わってあげるよ」。空港で出会った人の航空券を無償でビジネスクラスにアップグレードするプロジェクト「Ca...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
これまでもさまざまなタトゥーが話題となってきましたが、今注目されているのは、「刺繍みたい」と言われているソレ。柄を描く一本一本のラインがまるで糸で編まれて...
ひとり暮らしの女性の部屋に、インテリア感覚で置けるハンディクリーナー「Drip」。淡いピンクで温かみがあり、春っぽい、柔らかな色合い。
キッチンを清潔に保つことはもちろん、食料棚も念入りにチェックしたほうがいいかもしれません。とても小さな虫があなたの棚に潜んでいる可能性があるのです。
じっくり見てみると、顔からはみ出た部分は厚紙だったり、絵の具の塗りムラがあったり、鼻の中にティッシュが詰められていたりと手作り感が満載(笑)。
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。