SNS感覚で写真が売れる「コントリビューター」とは

「モバイルフォトグラファー」という言葉を聞いたことはありますか?

文字通り、スマホなどのモバイルデバイスで写真を撮り、さらにはその作品で収入を得ている人のこと。といっても、どうやら特別なスキルはいらないよう。この記事を読んでいる全員に、今からすぐなれるチャンスがありますよ。

まずは、『iStock』の
「コントリビューター」になろう

iStock.com/scyther5

iStock(アイストック)』は、世界最大級の写真エージェンシー「ゲッティイメージズ」が運営するストックフォトサイト。

ストックフォトとは、例えばウェブサイトの記事やプレゼン資料、バナー広告のデザインなんかに使うための画像を購入できるサービス。サイトを覗けばわかりますが、世界の絶景から日常のワンシーンまで、あらゆる場面の写真が揃っています。自分たちで撮影しなくてもイメージ通りの写真を記事に添えることができるので、とっても便利。TABI LABOの記事でもよく使われていたりするんです(もちろん、この記事にも)。

それではiStockがそんな大量の写真をどうやって集めているのかというと、ここで出てくるキーワードが「コントリビューター」です。簡単に言えば自分の撮影した写真をiStock上で販売する人たちのことで、世界中にいるiStockのコントリビューターはプロに限らず普段スマホでしか撮影しない超アマチュアの主婦や学生も多数。簡単なアカウント登録申請を行って審査に通りさえすれば誰でもなれるのです(登録費は無料!)。

 

今、スマホで撮った
アマチュアの写真が「売れる」わけ

iStock.com/Yue_

それは、「本物のリアルさ」(ちょっと変な言葉ですが)が求められているから。

これまでストックフォトと言えばハイスペックな機材とモデルを使って本格的に撮影した「作られた世界」がほとんどを占めていました。しかし今は、プレゼン資料を作るにも、広告を作るにも、企業がお客さんの信頼を得るために、よりナチュラルなビジュアルでの訴求にシフトしているのだそうです。だからこそ、モバイルフォトグラファーがデジタル一眼レフカメラではなく「スマホ」で撮った「素」の写真の需要は高まるばかりなのです。

例えば、よく資料や広告で見かける「スーツを着ているビジネスマンが握手をしている」シーンって、実は日本では普段ほぼ見かけないので、ちょっと作られた感がありますよね?

日常生活からビジネスシーンまで、人物が写っているあらゆる場面の写真に需要がある今、これからのコントリビューターは、撮影技術よりも、いかにナチュラルなシーンを押さえられるかが勝負ポイント。普段SNSで「いいね」をもらうのとは全く別のポイントを意識しながら写真を撮るのも、なかなか面白いかもしれませんよ。

すでに「売れる写真」が
カメラロールに眠ってるかも?

ストックフォトのトレンドはわかったけれど、どんな風に撮影すればいいのか……と考えてしまったあなた、まずはカメラロールをチェックしてみて。

家族や友人、職場での一場面などなど。リアルなシーンって結構面白いもの。実際に売れるのかは神様のみぞ知る、ですが、下記のような写真が眠っていませんか?

iStock.com/twinsterphoto

風景写真をスマホで撮ろうとしているところ。旅行ではよくあるシーンですよね。

カフェ

iStock.com/daruma46

カフェでお茶しているところ。こういうシーンは汎用性が高いのでは?と、ピックアップしてみました。

スポーツ

iStock.com/torwai

夕日をバックにランニングをしている様子。こういうリアリティかつ躍動感のあるスポーツ写真って、意外と登録数が少ないんです。

東京の日常風景

iStock.com/portishead1

東京にあるどこかの横断歩道で撮られた「リアルトーキョー(とくに週末)」のすがた。外国人に受けるかも!?

アプリなら、いつもの「SNS感覚」で

さらに、最近コントリビューター用のアプリ「Contributor by Getty ImagesAndroidの方はコチラ)」がローンチされました。これならスマホで撮影した写真をインスタにアップするがごとく登録できてなかなか便利。いつでもどこでも、シャッターチャンスがあったその場で販売に出せる=写真を売るチャンスが広がりますよ!

気になる報酬(ロイヤリティ)は非専属契約のコントリビューターで売上の15%から。契約内容や期間によって上がる仕組みになっています。1枚1枚の収入はわずかな額ですが、SNSとほぼ同様の感覚で投稿するだけでお金がもらえると考えればかなりラッキー(※)。

コントリビューターの登録に審査があったり、ロイヤリティを受け取るための手続きがあったり、多少のハードルはあるものの、SNSに代わる新たな写真の楽しみ方として登録してみる価値はあるかも!

受け取りはロイヤリティの合計が100ドルを超えてからになります。

Top image: iStock.com/knape

SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
旅先から絵葉書を送るのって正直面倒。とはいえSNSで写真を送るだけって、どこか味気ない気がします。そんな人にぴったりなのが、SNSと絵葉書のいいとこ取りが...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
『スマホ依存症』って最近よく耳にしますが、常に持っていないと落ち着かない、1日に何時間も画面を見ている、などの症状は、多くの人に当てはまるものだと思います。
SNSにアップする過激な画像や文章が話題となり、10代を中心に絶大な支持を受ける「BLACK BRAIN Clothing」(BBC)のディレクター・iL...
17歳の少女をレイプしたとして、27歳の男性が罪に問われた裁判がアイルランドで先月行われていたことを知っていますか?そしてこの時のことがきっかけで、あるム...
Twitter、Facebook、Instagram、どのSNSにも溢れている食べ物の写真。プロアマの垣根を越えて、およそ100万もの「グルメフォト」が毎...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
心理学と機械学習の計算社会学での研究により、インスタグラムの投稿写真からうつ病の傾向が判明した。166人の研究対象(うつ病患者とそうでない人)との投稿写真...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
SNSにアップする過激な画像や文章が話題となり、10代を中心に絶大な支持を受ける「BLACK BRAIN Clothing」(BBC)のディレクター・iL...
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
InstagramがAIを利用した「いじめ防止策」を発表しました。