タイムスリップしてでも食べたい「11日間だけ」の軍鶏鍋

江戸のカルチャーとは切っても切れない関係にある伝統料理「軍鶏鍋(しゃもなべ)」。今でも軍鶏鍋を食べさせてくれるお店は東京都内でもいくつかありますが、雰囲気込みで最高の一杯が味わえるのは、栃木県日光市にある「EDO WONDERLAND 日光江戸村」が一番なんじゃないかな、と思うんです。

ちなみに、この軍鶏鍋をいわゆるテーマパークの “お飾りメシ” と思うなかれ。

2018年11月8日〜18日に開催される期間限定イベント「秋の宴」のためだけに用意された特別メニューなんです。

本気で江戸にタイムスリップしてこそ
粋な鍋にありつける

4865340261531648
©2018 EDO WONDERLAND 日光江戸村

最高の一杯を食すには、まず「100%入り込む」ことが大事。

本格的に再現された江戸の街並みをツーリスト気分で巡るのではなく、本気で変身して「江戸人」になりきりましょう。

侍やかぶき者、新撰組、町娘や花魁、大奥など、変身メニューは驚くほどの充実ぶり。変身スタイルごとで、キャストに話しかけられる内容やリアクションも変わってくるので、まるで自分が時代劇の主役になったような気分で1日過ごせるんです。

「見廻り、ご苦労様です」
「刀の向きがおかしいでござるぞ」
「お主、怪しいな」

といった具合。

これが、想像以上に楽しい!

6605070049214464
©2018 安東佳介

「変身処 時空」で着替えて、いざタイムスリップ。

5460535806001152
©2018 安東佳介

江戸の旅人気分になれる、旅籠屋(はたごや)。

6586435712843776
©2018 安東佳介

矢場で弓矢のお遊び。どうしても右にズレちゃうんですよね。

5542065643454464
©2018 安東佳介

豪華絢爛さに驚いた「花魁道中」

5992962920022016
©2018 EDO WONDERLAND 日光江戸村

醤油の香りが香ばしい! 七輪で「せんべい焼き体験」

6099019688312832
©2018 EDO WONDERLAND 日光江戸村

映画のワンシーンさながらの忍者が!

4858180735598592
©2018 EDO WONDERLAND 日光江戸村

無料で化粧体験ができる「紅庵」。小町紅(口紅)も人気。

歩き回ってお腹が空いたところで
いざ、軍鶏鍋を

5485758219550720
©2018 安東佳介

特別に用意された店舗、竃屋(かまどや)で
提供される「剛鍋(軍鶏鍋)」1800円。

この軍鶏鍋が「最高」と言われるのには、ワケがあります。

NHKの『幕末グルメ ブシメシ!』シリーズの料理監修もしている冬木れいさんがメニュー開発を手がけていて、当時好まれた “潔くて男前な江戸料理” を研究し、1品1品に至るまで食材の良さがダイレクトに伝わるようにこだわり抜かれているんです。

メインのお肉には弾力がある栃木産の軍鶏を使っていて、醤油ベースの出汁はほど良い甘みが食欲をそそります。さらに、脇役かと思いきや「しじみのしぐれ煮」や「灰干しさんまの煎り酒漬け」もクセになる味わい。

美味でござるー!

 

一気に食文化が花開き、季節ごとの「旬」を味わうことが粋とされた江戸時代。400年前の人たちもきっと、同じようにニンマリしていたんでしょうね。

5889248653737984
©2018 安東佳介

こちらは、江戸野菜をメインにした「柔鍋(野菜白鍋)」1800円。

5874796357222400
©2018 安東佳介

栗銀杏ごはんやぬか漬け、ハゼの天ぷらなどの小鉢も絶品。

5780079040790528
©2018 安東佳介

秋満載な「干し柿の味噌漬けと栗せんべい」はとても色鮮やか。

紅葉シーズンに飛び込みたい
ワンダーランド

エンタメ空間でありながらも、江戸の文化を体感しながら学ぶこともできる「江戸ワンダーランド」。

家族と行くのはもちろん、ワイワイ楽しめる友だち数人で行ったら、1日中盛り上がれると思います。

東京から約2時間。タイムスリップしてでも食べたい「軍鶏鍋」には、江戸の伝統や秋の旨味がいっぱい詰まってますよ。

6551716958830592
©2018 安東佳介

町全体がリアルな江戸。「女ねずみ小僧が捕まった!」

5254486847127552
©2018 安東佳介

元祖ゆるキャラ「ニャンまげ」も待ってます。

「EDO WONDERLAND 日光江戸村 秋の宴」

イベント開催期間:2018年11月8日(木)〜11月18日(日)
イベント開催時間:日光江戸村の営業時間に準ずる
場所:栃木県日光市柄倉470-2
公式HP:http://edowonderland.net/

Top image: © 2018 安東佳介
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
今回、栃木県小山市で見つけた行列の先にあったもの、それは、「おとん」のメンチカツ。ちなみにその「おとん」ってのは、お父さんのことではありませんよ。小山のブ...
自慢の一張羅を着るおじいちゃん。お気に入りのアクセサリーを身につけるおばあちゃん。シニア向けクラブ「The Posh Club」に参加している人たちは、年...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
チャンスがないと食べないもの。たぶん「ナマズ」もその類。クセがあるんじゃないかって? みんながモジモジしているうちにお先にいただきましたよ! しかも、栃木...
栃木県小山市民を中心に老若男女に愛され、2005年に惜しまれつつ閉園した「小山ゆうえんち」。遊園地が開園中に活躍していた2層式アンティークのメリーゴーラン...
神奈川県足柄上郡山北町の玄倉川上流にあるユーシン渓谷で、美しい紅葉とエメラルドグリーンに輝く水のコラボレーションが、なんと神奈川県で楽しめます!
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
山梨県のお蕎麦屋さんで食べるべき一品、それが「鳥もつ煮」。砂肝やハツ、レバーにキンカンと、鳥肉の様々な部位を甘辛く照り煮にしていて、お酒との相性も◎。もと...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
「うなぎの聖地」と言われる浜松には、関東風と関西風のお店がちょうど半分ずつあるそうです。なかでも明治25年(1892年)に浜名湖産うなぎの行商から始まった...
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
桃好きのみんな、このリキュール、絶対飲んだ方がいいよ。なぜかってまずは果肉。果肉がすごい。「飲んでる時に、邪魔だなって思うくらい果肉入ってますよ」って栃木...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
605年に聖徳太子が創建したとされる、滋賀県の「教林坊」。この隠れ里では、紅葉の時期になると、敷地内のもみじの大木が一斉に真っ赤に染まる。11月1日からは...
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
栃木・小山市「小山駅」西口の大通りから一本脇。焼き鳥、鳥わさ、鳥刺しなどなど「いつもの処」は鳥料理がメインの居酒屋さん。「なんで栄えてるのかってのは、行け...
ちょっと一服。愛煙家ではありませんが、お茶を飲んでひと休みする時は、昔からこの表現が一番しっくりくる気がします。栃木県小山市の駅前で、この、ちょっと一服を...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...