男目線でカワイイ「HAYの文具」

先日、表参道のGYLEの地下1Fにオープンしたばかりのインテリアショップ〈HAY(ヘイ)〉。早速、店舗を覗いてみたら欲しいものだらけでした。で、実際に衝動買いしちゃったのが、写真の文具です。

なんのことはない鉛筆やボールペンです。なのに食指が動いたのは、いちいち色使いがカワイイから。

ずっとこのビー!の記事を読んでくれている人ならわかると思いますが、当方中年の男性です。だから、少々のことでは“カワイイ”とか言わない。無邪気に使うには抵抗がある言葉です。ところが〈HAY〉のアイテムに関しては素直に“カワイイ”と言っちゃう。

男目線でカワイイ。

これこそが〈HAY〉の魅力なんじゃないでしょうか。これからのシーズン、ギフトにもよさそうです。

ゴールドのトレイ、マーブルの消しゴムも同ブランドのものですよ。

© 2018 TABI LABO
© 2018 TABI LABO
© 2018 TABI LABO
© 2018 TABI LABO
© 2018 TABI LABO
Top image: © 2018 TABI LABO
他の記事を見る
忠孝新生駅(台北市内)近くの『Plain Stationery Homeware & Cafe』。生粋の文具マニアであるタイガー・シェンの有名文具店ではク...
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
やっぱり文具は定番品がいい。長年愛されて存在し続ける理由がそこにはあるのだ。僕が使っているメモのセットは、メモパッドの定番中の定番、〈ロディア〉の「NO....
〈フェローズ社〉の「バンカーズボックス」。世界中のオフィスで使われている書類保管箱にミニサイズの「バンカーズボックス101ミニ」が登場しました。デスク上の...
このドキュメントファイルは、バックパックにいろいろモノを詰め込んで打ち合わせにでかけるような人たち向けだ。例えば、自分のような!
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
偶然出会った本のなかから人生の道しるべになるかもしれない金言・名言を探す旅。今回は 厄介な「上から目線」の人との付き合い方が学べる一冊をご紹介します。
ケーブル類、バッテリー、ポケットWi-Fi、ステーショナリーにケアグッズなどなど。およそ日常で持ち歩きたいものは、すべてこの「THE POWER PACK...
ひと頃の不倫ブームを経て、不倫や二股、浮気なんていうワードが随分とカジュアルに語られるようになった昨今。浮気実体験者から見出した、浮気男の特徴をこっそり伝授。
文字や数字をテープに打ち込める〈DYMO(ダイモ)〉のテープライター。書類のファイルや備品などを整理するのに使われる事務用品というイメージが強く、あんまり...
財布が小さく、薄くなっていくなかで、難しくなるのがカード類や領収書の整理だ。電子マネーだなんだと言ったところで、コチラは一向に減らない。個人的には増えてい...
オーストリアの〈IMCO(イムコ)〉が1968年に発売した「バード」。それをもとに日本の〈拓製作所〉がブランドを引き継ぎ、2013年に復活させたライター「...
韓国を代表する筆記具メーカーの「monami」が、本社にinkLabをオープンさせました。このコンセプトストアでは、世界にひとつだけのオリジナルインクを作...
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
このマグカップのユーモラスな形がすごくいい。“まる”というのがひとつのキーになっているようで、持ち手も台座も全体のフォルムも丸っこい。でも、カワイイだけに...
トラベルグッズ専門のストア〈Flight 001(フライトワン)〉から発売されている変換アダプターがカワイイ! 4つのプラグと1つのアダプタがセットになっ...
〈LUSH(ラッシュ)〉から発売されたワッペンです。アイロンで簡単にシャツや帽子につけられます。税込500円。見た目カワイイけれど、それだけじゃありません。
美しいドレスですが、これ、「紙」でできているんです。タイトルは「World Brides」。ロシア人アーティストAsya Kozinaさんによる作品です。...
寒い朝に布団のなかでウダウダする必要はありません。飛び起きても、寒くない。
ドイツ発〈sänger(サンガー)〉の湯たんぽです。ゴム製なので、金物のそれと違って柔らかく使いやすいです。表面のギザギザは、低音火傷を防ぐための構造で、...