完成度も高い!家具の“栽培”プロジェクト

デザイナーGavin Munroさんによるプロジェクト

イギリス・ダービーシャー州にある農園「Full Grown」で、生育中の木に接ぎ木や剪定をすることで、見た人を虜にする家具を“栽培”しています。

「逆さまになったイス」が映えている一角なんて、J・K・ローリングの世界に出てきそうですよ!見ているだけで、不思議な気分になる家具が生まれているのも納得です。

ちなみに、彼はイスだけでなく他の家具も“栽培”しているんです。オススメはランプシェード。ピーラーで剥いた野菜や果物の皮を連想させるデザインがいいですよね!

Top image: © 2018 Full Grown
andmore
他の記事を見る
この家具は、全体重をかけるのではなく、お互いを支え合うようにうまくバランスを取りながら、力加減をしなくてはなりません。そう、ヒトとモノ(この家具)が相互に...
2015年5月のこと。悩みを抱えている様子のTwitterユーザー@BrocaesarTVさんが、「ハリー・ポッター」シリーズの原作者である「J.K.ロー...
サブスクリプションサービスが当たり前の存在になりつつある中で、IKEAも毎月決まった価格で家具を使えるサービスを展開するようです。
470年以上の家具づくりの歴史をもつ大川の「大川家具」。その技術とセンスを証明するために「ネコ家具」が誕生した。人間にもネコにも全力の職人魂が生きたネコ家...
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
道具を一切使わず自分の体だけを使ってイスをつくりあげたNikolas Bentelさん。歯や腕など体の様々な部位だけを使ってイスをつくりました。その内容が...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
ポルトガル・アブランテスで行われたインスタレーション「DomestiCITY」は、公共の場に家族団らんの場と同じような空間をつくったもの。プロジェクトオー...
いい家具があると空間が華やぎます。いいデザインで環境に配慮していたら最高。「We Do Wood」はそんなプロダクトを提供しています。同社が採用する素材は...
デザイン、機能、あとは“何役”こなせるかも重要ですよね。
家事サポートサービス「フラオ グルッペ」代表の沖幸子さんは、イギリス、ドイツ、オランダで生活マーケティングを学び、暮らしのデザイナーとして活躍している人物...
多くの人の注目を集めるのが上手いIKEAイズムの真骨頂とも言えるのが、この広告キャンペーンです。新店舗オープンの際に、パリの地下鉄の駅をショールームのよう...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
部屋の中からテレビの存在感が薄れてきてた。こう感じているのは私だけではないはずです。スマホ画面で4K動画が見られるこの時代。「薄さ」や「インチ数」へのこだ...
香港のデザインスタジオLim + Luがデザインした「荷台」は、ただ車輪がついていて、取っ手を持ち上げて運ぶだけものではありません。これ、棚にもソファにも...
タイの家具デザイナーApiwat Chitapanyaさんが製作したソファの紹介です。これは日本庭園のなかで佇む石に着想を得ていて、名前は「Zen Sto...