100%裏切らない学習習慣はコレです

就職活動、インターン、アルバイト、etc……。

自己紹介の場で、履歴書や職務経歴書だけでなく「ポートフォリオ」を使うことがスタンダードになってきています。

ポートフォリオは、相手に興味をもってもらえるように自分のスキルや経歴をまとめた作品集のこと(職種によっては、成果や実績をまとめたものもあります)。評価を勝ち取るための強力な武器になるし、見る側にとって有力な判断材料になるからでしょうね。納得できる話です。

この準備、今すぐにでもはじめる価値アリ!

業界問わず
「ポートフォリオ」が重要に

©2019 TABI LABO

学歴や職歴、自己アピール欄に書いた文章だけで評価してもらうって、じつはかなり難しいです。口頭説明やジェスチャーで補足できることには限界があります。

クリエイターやデザイナー、エンジニアに限らず、営業の仕事でもアウトプットに対する評価が重要視されるようになっています。だから、ポートフォリオで結果の積み重ねが目に見える人ほど重宝されるのは当たり前。

海外では大学願書で使う高校生もいるくらい一般的で、ビジュアル込みで直感的に自己紹介を理解してもらう準備をしています。スキルの質や真剣さの度合いといった、会って話しただけでは伝わりづらい魅力が、持っていない人よりも確実に伝わるはず。

求められるのは
能動的だという証拠

今や、誰でもクリエイターになれる無料のツールがたくさんあります。インターネットを使えば、誰でも音楽や映画を世界に向けて配信できます。100万回再生される動画は、10代の若者にだってつくれるんです。その気になれば、ビジネスだって立ち上げられます。大事なのは、成績や学歴ではなくて、自発的に何を生み出してきたのかです。

それらを説明する文章力も大切ですが、実際のアウトプットを見せることができたら、物事をかんたんに、うまく伝えられるかもしれません。

簡素なつくりでもいい
努力と成果の見える化が大切

©2019 TABI LABO

ポートフォリオづくりに必要なことは、自分がどうやって使うか、どうしたら相手に伝わりやすいか、をイメージするとわかりやすいでしょう。

パワーポイントをタブレットで表示させて目の前で見せれば、グループ面接の場でも他者に明確な差をつけられます。簡素なウェブサイトをつくってURLを事前に送るだけで、会う前に事前情報を深いレベルで共有できます。

だから、過去に関わったプロジェクトや、スケッチやアートなどの制作物、それらの目標・手段・結果といった一連の流れをフローチャート化しておいて損はナシ。

©2019 TABI LABO

たとえば、無料アプリ「Sway」を使えば、画像や動画を貼り付けて、ウェブで確認できるスライドをかんたんにつくれます。

スマホで撮った写真をアップロードして、パソコンでキャプションをつければレポート完成!この手軽さで、ポートフォリオってつくれちゃうんです。とにかく手間がかからないから、海外留学や出張、旅行で得たものでさえ、難なくフィールドワークとして見せることができます。

ただし、一点だけ注意。使うデバイスの問題です。画面を見せるときに手軽だからと、スペック不足を感じるタブレットを選ぶのはオススメできません。写真・映像・音声を編集してクオリティを上げられるようにもしておきたいところ。

シリコンバレーにヘッドハントされる
大学生が選ぶツールは?

店頭で触った人の約6割が、予想以上の実力に感動して購入を決めるというパソコンがあります。それは「Microsoft Surface Pro」。一度触ってみるとその意味がわかります。

スペックが高く、メインのノートパソコンとしても使えて、ペンタブレットにも早変わり。取り外し可能なマグネット式のキーボードは着脱が一瞬で済みます。これ、ポートフォリオをつくったり、誰かに見せたりするときにピッタリなんです。

大学入学から卒業するまでカバーする保証もつくし、授業にも持っていきやすく、プライベートで映画やドラマも見やすいから、優秀な学生にも人気。もちろんビジネスマンからも注目されていますが、開発からプレゼンまで幅広く使えるその機能性からでしょう。

こういう道具のよしあしってアウトプットに直接響きます。しかも、積み重ねるほど大きな差として現れるもの。一夜漬けでは太刀打ちできない差をつけたいなら、今からここに全力を!

米「Microsoft」が昨年10月に発表して大きな注目を集めていた2画面Androidデバイス「Surface Duo」。当初は今年末の発売が予告されて...
「マイクロソフト」からワイヤレスイヤホン「Surface Earbuds」が発売。同社初となる完全ワイヤレスイヤホンは、大きな円盤のような外見が印象的なデ...
7月30日より再開している「NBA 2019-20シーズン」で、「Microsoft」のリリースした新機能「Together Mode」が採用されている。...
7月8日、「Microsoft」がウェブ会議サービス「Microsoft Teams」の新機能として、「Together Mode」をリリースすることを発...
アメリカ国内だけではなく、世界中で物議を醸している「トランプ大統領」。そんなトランプ大統領にまつわるおもしろエピソードを6つ紹介したいと思います。
2015年1月に行われた、米Microsoftのプレス向けイベント。「HoloLens」は、この場で披露され大きな反響を呼んだHMD(ヘッドマウントディス...
9月14日、「Microsoft」が約2年間運用していた海底データセンターの実証実験を終了したと発表。地上のデータセンターよりも故障率が低いなど、さまざま...
「たった数名にプレゼントする」とWindowsの公式Twitterアカウントが発表し、昨年末にデザインされたセーターの紹介です。
さて、ここからはノートの自慢。
現在「Kickstarter」で話題沸騰中の指輪型ワイヤレスマウス「Snowl」。韓国のベンチャー企業によるこのガジェットは、Bluetooth経由でパソ...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
「コクヨデザインアワード2018」にて優秀賞を受賞した「黒と白で書くノート」が商品化。「明るい色と暗い色の文字は同時に読みづらい」という性質を利用した話題...
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
Microsoftが年内に、傘下にあるSkypeの同時通訳サービスを開始するそうだ。これは米ITメディアの会合で米Microsoftが明らかにしたものだ。...
一番の魅力は、予定を書き込めることじゃない。192ページ(96枚)もあるのに8mmという薄さを実現していることがポイントだ。
2018年8月30日、彼らは「快適な労働環境を整えるために最低12週間の有給育児休暇を付与するように」とサプライヤーやベンダーたちに協力を仰ぎました。
新世代のラグジュアリーライフスタイルホテル「東京エディション虎ノ門」が今月20日(火)、東京・神谷町の「東京ワールドゲート」に正式オープンした。
“あったらいいな”を実現する、いま話題の最新ガジェットを3つ紹介。
「Microsoft」と「LinkedIn」が発表したのは、履歴書を効率良く作成するための新機能。Wordで打ち込みながら、参考にできる成功者の履歴書を確...
一般的な学習机って、棚や引き出しがゴテゴテ付いてて「いかにも子供用」って感じ。正直リビングにはあまり置きたくない存在。だけどこの「familia」なら、イ...
一冊4,980円(販売予定価格)のノート。こう聞いただけでそっぽを向いてしまったとしても何も不思議はない。どう考えたってノートの値段ではないからね。でも、...
「バタフライボード株式会社」より、何度も使って消せるノート「notes(ノーツ)」がクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で先行販売。
ミントタブレット、適当に選んでませんか?
ノートPCやタブレット用のスタンド〈JOBSON(ジョブソン)〉の「JB435」です。コイツを底にかますだけで、傾斜がついてタイピングがしやすくなるし、P...