2018年のヒットに学ぶ。あなたの周りの意外な「No.1」は?

ナンバー1かオンリー1か、みたいな論争が巻き起こったのが2002年のことかと思うと、時が経つのは早いものです。

2018年もあっというまに過ぎ去っていきましたが、ここでは「2018年のNo.1」をいくつかおさらいしておきたいと思います。

身近なNo.1のなかに、ヒットの法則が隠されてるかも。

資金調達No.1のクラウドファンディングは?
→約1億2000万円を集めた「スマートロック」

©2019 makuake

2018年は、日本でクラウドファンディングが一気に花開いた年。そんな年に、国内最大のクラウドファンディングサイト「Makuake」で1番資金を調達したのが「スマートロックSESAME セサミmini」というプロジェクトです。

目標金額100万円だったのに対し、集まった金額は1億1847万5860円! 支援者は8232人にものぼり、11847%という達成率は、思わず二度見してしまうような数値*。

「SESAME(セサミ)」は、アプリで鍵を管理できるスマートロックのこと。さらにそれを日本人向けに小型化&軽量化した「SESAME mini」のクラウドファンディングを始めたところ、これが大ヒットしました日本には1000種類以上の鍵があるそうですが、そのほとんどに対応していることも人気の理由のひとつ。

簡単に鍵がシェアできるので民泊などにも便利とあって、今では世界中で約5万台のSESAMEが使われています。

(※2018年10月末でプロジェクトは終了)

外国人に人気No.1の観光スポットは?
→5年連続で京都の「伏見稲荷大社」

© August_0802/Shutterstock.com

東京五輪バブルか大阪万博バブルか、インバウンドの勢いは加速するばかり。そんな彼らに人気No.1の観光スポットが、京都市内からのアクセスもいい「伏見稲荷大社」だそうです。しかも5年連続!

世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」によると、伏見稲荷大社への口コミは21000件を超えていて(2018年12月時点)、 そのうち7割近くが外国語の投稿。 英語だけではなく、スペイン語やイタリア語、中国語など25言語以上の口コミがあり、世界中のトラベラーが目指すスポットになっていることがわかります。

写真映えする鳥居の周辺は観光客で溢れていますが、頂上を目指すとなると、トレッキングのような本格的な登りが待ち受けています。

ちなみに、2位と3位はいずれも広島県。広島市の「広島平和記念資料館(原爆ドーム、広島平和記念公園)」が2位で、廿日市市の「宮島(厳島神社)」が3位でした。

いま、日本で一番売れているクルマは?
→「NOTE e-POWER」が登録車販売台数No.1

©2019 日産自動車株式会社

そう、2018年に一番売れた自動車は、日産「NOTE e-POWER」なんです*。

2016下半期〜2017年はコンパクトカー部門で販売台数No.1になり、2018年は登録車販売台数No.1。「さぁ、日本一に乗ろう。」というキャッチコピーを掲げるほどのヒット商品になりました。

*2018年登録車販売台数No.1(登録車とは軽自動車及び海外ブランドを除く普通自動車を指します)

©2019 日産自動車株式会社

「NOTE e-POWER」は、何より乗って楽しいのが人気のヒミツ。

それは “エンジンで発電して、モーターだけで走る” という新しいカタチの電気自動車だからなんですが、ここでは難しい話は置いておきます。まず市街地で乗ったのときのキビキビ感にテンションが上がります。加速感があるので信号のストップ&ゴーさえも、いちいち楽しいんです。

さらに、山道も安定していて燃費もいいので、旅行やキャンプが好きな人にもおすすめです。

あ、先ほど「電気自動車」と表現しましたが、e-POWERは充電いらずです。遠出したときに「充電スタンドあるかな……バッテリー切れないかな……」なんて心配する必要はありません。ガソリンエンジン車のような感覚で楽しめる電気自動車なんです。

楽チンで楽しいクルマ、と言ってしまえばそれまでなんですが「ちょうどよさ」を求める時代だからこそ、NOTEのようにバランスが良くてリーズナブルな自動車がNo.1になるんでしょうね。ちなみに、13色もカラバリがあります。

アンケートに答えて、
AMAZONギフト券1万円分を当てよう!

本記事でも紹介した「日産NOTE」について、アンケートに答えていただいた方の中から抽選で5名様に、Amazonギフトコード10,000円分をプレゼント。アンケートの詳細は、コチラから。

関連する記事

米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
「ソニー」は「CES 2020」に合わせて開催されたカンファレンスにて、電気自動車のコンセプトモデル「VISION-S」を披露した。
「BMWグループ」が先日『BMW Concept i4』を発表。縦長に大きく配置されたBMWの代名詞「キドニーグリル」が特徴的で、電気自動車らしいデザイン...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
最高級羽毛「アイダーダウン」を生態模倣した人工羽毛「AirFlake」を中綿素材に使用。マミー型と封筒型の両方のメリットを活かした「ブーツ型」の寝袋「レリ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...