2018年のヒットに学ぶ。あなたの周りの意外な「No.1」は?

ナンバー1かオンリー1か、みたいな論争が巻き起こったのが2002年のことかと思うと、時が経つのは早いものです。

2018年もあっというまに過ぎ去っていきましたが、ここでは「2018年のNo.1」をいくつかおさらいしておきたいと思います。

身近なNo.1のなかに、ヒットの法則が隠されてるかも。

資金調達No.1のクラウドファンディングは?
→約1億2000万円を集めた「スマートロック」

©2019 makuake

2018年は、日本でクラウドファンディングが一気に花開いた年。そんな年に、国内最大のクラウドファンディングサイト「Makuake」で1番資金を調達したのが「スマートロックSESAME セサミmini」というプロジェクトです。

目標金額100万円だったのに対し、集まった金額は1億1847万5860円! 支援者は8232人にものぼり、11847%という達成率は、思わず二度見してしまうような数値*。

「SESAME(セサミ)」は、アプリで鍵を管理できるスマートロックのこと。さらにそれを日本人向けに小型化&軽量化した「SESAME mini」のクラウドファンディングを始めたところ、これが大ヒットしました日本には1000種類以上の鍵があるそうですが、そのほとんどに対応していることも人気の理由のひとつ。

簡単に鍵がシェアできるので民泊などにも便利とあって、今では世界中で約5万台のSESAMEが使われています。

(※2018年10月末でプロジェクトは終了)

外国人に人気No.1の観光スポットは?
→5年連続で京都の「伏見稲荷大社」

© August_0802/Shutterstock.com

東京五輪バブルか大阪万博バブルか、インバウンドの勢いは加速するばかり。そんな彼らに人気No.1の観光スポットが、京都市内からのアクセスもいい「伏見稲荷大社」だそうです。しかも5年連続!

世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」によると、伏見稲荷大社への口コミは21000件を超えていて(2018年12月時点)、 そのうち7割近くが外国語の投稿。 英語だけではなく、スペイン語やイタリア語、中国語など25言語以上の口コミがあり、世界中のトラベラーが目指すスポットになっていることがわかります。

写真映えする鳥居の周辺は観光客で溢れていますが、頂上を目指すとなると、トレッキングのような本格的な登りが待ち受けています。

ちなみに、2位と3位はいずれも広島県。広島市の「広島平和記念資料館(原爆ドーム、広島平和記念公園)」が2位で、廿日市市の「宮島(厳島神社)」が3位でした。

いま、日本で一番売れているクルマは?
→「NOTE e-POWER」が登録車販売台数No.1

©2019 日産自動車株式会社

そう、2018年に一番売れた自動車は、日産「NOTE e-POWER」なんです*。

2016下半期〜2017年はコンパクトカー部門で販売台数No.1になり、2018年は登録車販売台数No.1。「さぁ、日本一に乗ろう。」というキャッチコピーを掲げるほどのヒット商品になりました。

*2018年登録車販売台数No.1(登録車とは軽自動車及び海外ブランドを除く普通自動車を指します)

©2019 日産自動車株式会社

「NOTE e-POWER」は、何より乗って楽しいのが人気のヒミツ。

それは “エンジンで発電して、モーターだけで走る” という新しいカタチの電気自動車だからなんですが、ここでは難しい話は置いておきます。まず市街地で乗ったのときのキビキビ感にテンションが上がります。加速感があるので信号のストップ&ゴーさえも、いちいち楽しいんです。

さらに、山道も安定していて燃費もいいので、旅行やキャンプが好きな人にもおすすめです。

あ、先ほど「電気自動車」と表現しましたが、e-POWERは充電いらずです。遠出したときに「充電スタンドあるかな……バッテリー切れないかな……」なんて心配する必要はありません。ガソリンエンジン車のような感覚で楽しめる電気自動車なんです。

楽チンで楽しいクルマ、と言ってしまえばそれまでなんですが「ちょうどよさ」を求める時代だからこそ、NOTEのようにバランスが良くてリーズナブルな自動車がNo.1になるんでしょうね。ちなみに、13色もカラバリがあります。

アンケートに答えて、
AMAZONギフト券1万円分を当てよう!

本記事でも紹介した「日産NOTE」について、アンケートに答えていただいた方の中から抽選で5名様に、Amazonギフトコード10,000円分をプレゼント。アンケートの詳細は、コチラから。

米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
「ソニー」は「CES 2020」に合わせて開催されたカンファレンスにて、電気自動車のコンセプトモデル「VISION-S」を披露した。
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
「The Electric Factory」と「Ayax Toyota」が進める「HYプロジェクト」。植物の成長を刺激する周波数のサウンドを発する装置を開...
「BMWグループ」が先日『BMW Concept i4』を発表。縦長に大きく配置されたBMWの代名詞「キドニーグリル」が特徴的で、電気自動車らしいデザイン...
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
台形のころんとしたフォルム…。とっても気になるかわゆさのこの車は、「Microlino」という電気自動車です。2016年のGeneva Car showで...
先月29日、京都発のデザインスタジオ「Fortmarei(フォートマーレイ)」がデザイン・クリエイティブディレクションを担当したコンセプトカー「...
アウディが電気自動車「e-tron」の新モデルとして「e-tron Scooter」を発表。電動スクーターとスケートボードを組み合わせたような4輪のパーソ...
「子供の送り迎えや近所の買い物に行くだけだから、そんなに大きなクルマは必要ないんです。でも自転車やバイクは屋根がないし、ちょっと大変で…」。街にはそんな人...
スウェーデンの自動車会社「ボルボ」から高級電気自動車ブランドとして独立した「ポールスター」が“サステナブル”をテーマにしたコンセプトカーを発表した。
10月2日、SDGsを達成するためにさまざまな活動をおこなっている「The Global Goals」が、映画『トレインスポッティング』のモノローグを題材...
「アダストリア」より、取り外しができるヒートシステムを搭載し、37℃〜53℃の温度調整が可能なウェアラブル衣料「A-WARMER」が登場。
日本古来からめでたいもの・縁起のいいものとされている、1年で1番最初の日の出。2018年の初日の出は何時に見れるのだろう?『国立天文台』の情報をもとにご紹介。
5月、ニューヨークのタイムズスクエアに設置された“ベンチ”があります。自動車が暴走してくるような緊急時には衝突の衝撃を吸収して車両を停止。歩行者を守ってく...
通常は幅78cmに長さ160cmという1人乗り用自動車ですが、この「iEV X」は車体が伸びる仕様になっているんです。
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
2018年12月中旬に発表された、自動車メーカー「フォード」のヨーロッパ支社がつくった犬小屋の紹介です。
米「フォード」は、最前線で働く医療従事者のために防護服の生産をおこなうと発表。防護服の縫製に使用されるのは、なんとエアバッグに使用される素材だという。「ナ...