過去最高に「大人なハワイ」、見つけました

世界一の人気者がいつもバケーションで過ごしている場所は、ハワイにあるんです。ワイキキのような人気の多い場所ではなく、オアフ島の中でも閑静なエリアであるコオリナ・リゾートのどこか。

さて、いったい彼はどんな場所で過ごしているのでしょうか。(“彼”と言ってしまった時点で、男性だとはバレてしまいましたね……。)謎に包まれたバケーション先についてせまってみたいと思います。

はっきり言って、この記事は長いです!でも、それくらいたくさんのことが楽しめるんです。

【AM06:00】
青い海を目の前に
汗を流すブートキャンプ

日本人のバケーション感覚からすると、ちょっと意外かもしれませんが、朝早くからアクティビティが楽しめます。だいたい6時から。

旅先でも妥協することなく、ブートキャンプでがっつり汗を流せます。少しカラッとした天気だから、やる気も湧いてきます。

足が取られる砂浜でのワークアウトは、かなりハードな様子。気分を上げるために、音楽をガンガンで流しているのもイイ感じです。

【AM09:00】
ハワイの漁師の家で
ブレックファスト

朝から運動をしたあとは、朝食です。

名物は、やっぱりハワイっぽい朝食として日本人から支持を集めるアサイボウル。他にも、このレストランではロコモコなどをオーダーできます。たとえ1週間、毎日通ったとしても、飽きない豊富なメニューがGOOD。

ちなみに、ここのレストランのデザインは、ハワイでかつて暮らしていた漁師の家を元にしています。

【AM11:00】
いろんなフードを楽しめる
ビーチ

ビーチもリゾートの一部。海を眺めながらゆったりとした時間を過ごし、日焼けをすることもできます。

飲み物や食べ物をオーダーしたら、自分の手元までデリバリーをしてくれるサービスも。レストランではなくビーチでお腹を満たすのもいいですね。

ちなみに、アメリカでは基本的にビーチでお酒を飲むことが禁じられています。でも、ここは例外でお酒が飲めちゃうんです。

【PM01:00】
ストーリー性にあふれたスパ

スパにチェックインすると、セラピストが差し出すトレイから目を閉じて石をひとつ取るように言われます。

石には「Happiness」や「Dream」というメッセージが刻まれていて、それがこれから臨む施術のテーマとなるのです。石には魂が宿っているというハワイで信じられている話に基づき、選んだ石をスパの真ん中に位置する泉に返し、心を落ち着かせてからマッサージを体験します。

【PM05:00】
夕暮れ時に入る
18禁のジャグジー

オアフ島の西に位置するコオリナ・リゾート。ここでは、太陽が真正面に沈む様子を眺めることができます。

あとで紹介するサンセットディナーもイイですが、こちらのジャグジーはかなりエクスクルーシブ。インフィニティ・エッジになっていて、ここから眺めるサンセットには心を打たれます。

しかも、18歳未満は立ち入り禁止という制限があるので、落ち着いた雰囲気でジャグジーに入れちゃいます。21歳以上ならお酒を飲むことも可能!

【PM06:00】
あたりがオレンジの世界になる
サンセットディナー

朝食をとったレストランは、ディナータイムには雰囲気がガラッと変わります。その理由は、サンセット。

日本のそれとは異なる、オレンジ以上にオレンジなサンセットを眺められます。間違いなく記憶に残るでしょう。

ディナーの存在も忘れてはいけません。とくにホタテのソテーは肉厚で、ガーリックが程よく効いています。

【PM08:00】
ハワイ語を学べるバー

開放感がありながら少し落ち着いた雰囲気のバーで、1日の終わりはしっぽりと。でも、カクテルではなくインテリアに注目です。

いろんなオブジェが置いてあり、その前にはハワイ語の単語が記されています。カクテルを飲みながらハワイ語が勉強できるってこと。

世界一の人気者の
バケーション先はココ!

コオリナ・リゾートのどこかとだけ言っておいて、具体的なホテル名を隠して紹介していましたが、この記事でフォーカスしたことをすべてできるのが「アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ コオリナ・ハワイ」。1日ではこなしきれないくらい、ひとつのホテルでたくさんのことを体験できるんです。

そして、世界一の人気者とはミッキーマウスのこと!

ミニーマウスやグーフィー、ドナルドダック、デイジーダックたちも、ここにバケーションとして来ているそうですよ。

セレブっぽい要素ばかりを取り上げていましたが、もちろん魔法のような体験もできちゃいます。

ハワイでも
ディズニーを楽しむ

ディズニーリゾートといえば、やはりグリーティングでしょうか。他のディズニーパークと同じく、ミッキーマウスやミニーマウスはもちろんのこと、スティッチやモアナとも一緒に写真を撮ることができます。

見えない部分でも、ディズニーらしい体験ができます。写真の奥に見えるプールでは、水の中に潜るとクジラやイルカの鳴き声が聞こえるような仕組みに。リラックスをするときには、頭まで浸かってよ〜く耳をすませてみましょう。

写真で思い出に残せる食べ物なら、シェイブアイス。自分の好きな味を選べるのですが、レインボーにしてとオーダーすれば、キャストが写真のように仕上げてくれます。

自分へのお土産になる缶バッジ。初めてきた人用、バースデー用、記念日用、ハネムーン用と、計4種類あります。

アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ限定のミッキーイヤー・ハットもオススメです。自分の名前を刺繍して、日本に戻ってきてからもアウラニを思い出せるお土産にしましょう。

ルアウというハワイ伝統のディナーショーも楽しめます。メインのショーが始まる前には、会場をミッキーマウスとミニーマウスが盛り上げてくれます。

「アウラニではハワイが主役」
こだわりについて聞いてみた!

主に6種類のディズニーらしさを紹介しましたが、他のディズニーパークに比べると、あまりディズニー感を全面に押し出していないのが「アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ コオリナ・ハワイ」。

これはハワイ文化を尊重しているからなのです。

このリゾートの特徴はなにか?というお話を文化アドバイザーのカフル・デ・サントスさんに聞いてみました。


 

──まずは文化アドバイザーというお仕事について教えてください。

 

私は、ハワイ文化の中でディズニーが成り立つためには?ということを基本的に考えています。なので、ハワイに関する記述のあるブログなどは正しい表現、情報であるかを私が確認しています。

 

──責任者みたいな役職ですかね?

 

ハワイ文化に関してなら、そうです。

 

──なるほど。ここ(ロビー)から見える範囲でいいので、ハワイ文化が感じられるものを教えてください。

 

私たちのいるロビーは、マカアラという名前がついています。ここにはたくさんのこだわりがあります。例えば、壁画や彫刻。模様でさえもハワイ出身のアーティストたちと一緒に作り上げているんです。

 

──どれくらいの人が協力しているのですか?

 

だいたい60人のアーティストです。

ハワイの文化はバランスや調和を大切します。そしてアウラニにも男性的、女性的なバランスがあり、ロビーもそのようなつくりになっています。例えば、右手の男性側の装飾は少しゴツゴツとしたようなイメージで、左手の女性側はなめらかに仕上がっています。

 

 

──こうしたものを作り上げるのに、何か困ったことや工夫したことはありますか?

 

困ったことはありませんが、新しい何かを作り上げるときには、ハワイ出身の私と地元の人々と、そしてディズニーのイマジニアたち皆で多くの時間をかけています。相談は絶対にするようにしているんです。

だからこそ、「アウラニ」というメッセンジャーを意味するハワイ語を使っているのです。私たちキャストが彼らのメッセンジャーに、そして、ゲストもメッセンジャーとしてハワイ文化を広めていく。

 

──正直なところ、地元の人々の反応はどうなんでしょう?

 

良好な関係を築いていますよ。他のホテルやリゾートなどと私たちが違うのは、聞くことを大事にしているところ。

例えば、アートを置くときには、私たちはサイズやスタイルについて、ややこしく言いません。彼らに最高傑作を作ってもらい、そのあとに、どこに置くのかを考えます。

 

──なるほど。

 

アウラニでは、あくまでもハワイが主役。ハワイの物語をディズニーの魔法を通してお伝えするというコンセプトです。

 

──この考えで作ったものを教えてください。

 

一番は分かりやすいのは「メネフネ」に関してだと思います。彼らはハワイの伝説における小人で、一晩で船を作ったりしてしまうんです。そんなマジカルな体験を、ディズニーっぽく演出したのが「メネフネ・アドベンチャー・トレイル」。タブレットを持ちながら歩き回るようになっていて、大人でも楽しめるのであとでやってみてくださいね。

 

 

──他にはいかがでしょう?

 

あとは「アンティーズ・ビーチ・ハウス」ですかね。ハワイでは子どもたちの周りにいる年上の女性のことを親しみを込めてアンティ(おばさん)と呼びます。「アンティの海辺の家」がコンセプトのキッズクラブです。ちなみに、朝を除いて、子どもたちしか入れません。家の中では、レイを作れたりゲームをプレイできたりしますよ。

 

 

──多くのこだわりがありながら、日本ではその事実があまり知られていないような気がします……。

 

だから、私たちは「まだ始まったばかり」だと考えているのです。もっとハワイ文化を自然に広められる方法を模索しています。

英語にはなってしまいますが、ハワイの伝説を教えてくれるストーリーテリングや、先人が航海をするときに利用していた星を観測するアクティビティもありますよ。

 

──ゲストの反応はいかがでしょうか?

 

以前、こんなことがありました。

私がハワイ文化について説明していると、カナダ人の夫婦がとても興味を持ってくれました。そして、彼女たちは家に帰って、この場所についての話を親戚中にしてまわったそうで。

だけど、ある日、彼女たちがここにまた来てくれて、もう一度ハワイ文化の話をしてくれと言うんです。理由を聞いてみると、彼女が伝えるのには限界があるから、親戚などの4つの家族を連れてきたって。

 

──すごいですね。

 

そう。私にとって、スゴく嬉しいことで、彼女たちがメッセンジャーとしてハワイ文化を広めてくれた。それでも足りないから、また戻ってきてくれた。新しいメッセンジャーも連れてね。こうした行動を少しずつ増やしていくのが大事なのかもしれません。

日本から来るゲストにも、このような体験をしてほしいですね。

 

ハワイ文化をリスペクトしつつも、ゲストが魔法のような体験をできる。2つの要素をうまく両立させているところは、さすがディズニーです。

「アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ コオリナ・ハワイ」に行ったときには、細かい部分まで気を配ってみてください。そこには必ず彼らの想いが込められているはずです。

Top image: © TABI LABO

関連する記事

「ハワイ州観光局」が自宅でハワイを体験できる「おうちでハワイ」プログラムの提供を開始。「バーチャルハワイ」「癒しのハワイ」「学ぶハワイ」「音楽でハワイ」「...
女の子なら一度は訪れて欲しい、カラフルでキュートな場所。
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
2021年1月1日より、サンゴの白化現象に深く影響を与えるとされる成分が配合されている製品の販売を制限する法律が本格施行となった。
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
ハワイ大学公共政策センターが行った世論調査によると、コロナショックによる影響が2021年も続き、早い段階で回復しない場合、州内にある半数の飲食店が4月まで...
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。