ハワイ島に観光客を惹きつける、立ち入り禁止の「ウォータースライド」があった

ハワイ語で「曲がった水」を意味するワイピオ渓谷。壁のようにそり立つ崖に周囲を囲まれた谷の奥の奥へと向かって、近頃、観光客が続々と分け入っていくそうです。

地元の人たちが「聖なる力が宿る」と信じるこの地に、“パワースポット詣”という訳でもありません。彼らの目的はただひとつ。

渓谷の奥の奥に潜む
ど迫力のウォータースライド

Photo by gangstamcasian
E9e0cac82d1259d05a9b2de28ff2964c4cf74928

ハイキングロードを2時間以上歩き続けた先にあるのが、全長約10.6メートルのウォータースライド。原生林の急勾配を溢れんばかりの水量とともに一気に滑り降りれば、四角く開いた水たまりにドボーン!天然のスプラッシュはあえて言うまでもありませんが、爽快感100%間違いなし。

ご丁寧に誰が設置したのか、スライドの脇にはロープが渡してあり、これを伝って登れば、何度でも爽快なスリルを楽しむことができるようです。

それにしても、結構な急斜面。水の勢いもかなりのものですよ、コレは。

サトウキビを運んだ
100年前の灌漑用水

「Huffington Post」の情報によると、この山奥に突如姿を見せるウォータースライドは、山奥で採取されたサトウキビを約40キロ先のふもとへと運ぶため、およそ100年前に建設された灌漑(かんがい)用水の一部だそう。

アクションカメラを手にダイブする人々の気持ちよさそうな動画が、すでにInstagramには数えきれないほどにアップされ、地元に暮らすごくわずかな人にしか知られていなかったこの秘境が、もはやワールドワイドな観光地になろうとしているのです。

でも、実態は不法侵入の
“禁じられた遊び”

ところがいくら探しても、この場所を地図上で見つけることはできません。なぜなら、ここはハワイ州政府が管理する区域で、本来は一部の地元住民以外立ち入り禁止の場所だから。

トレッキングコースの途中には土地の所有者が建てたフェンスがあり、その先は私有地なのですが、訪問者たちはそれを無視し、道無き道も今では踏み固められ、灌漑に向かって流れ込んでくるんだそう。つまりは、このウォータースライドは、“禁じられた遊び”なのです。

さらに、その道のりは決して容易なものではないようです。不法侵入した先には、足がすくんでしまう命がけの谷渡りも。写真の彼女たちが渡っているのは、橋ではなく鉄骨で周囲を覆っただけの灌漑パイプ菅。一歩足を踏み外せば谷底……よっぽど、こちらの方がスリリングな気がしてきます。

「できる限り観光客たちの違法な侵入を阻止して、無謀な遊びへの関心をなくしたいんです。だけど……」。と、「Hawaii News Now」のインタビューに応えるハワイ島観光協会のMufi Hannemannさんの語気が弱まるのも、このウォータースライドがSNSやウェブサイトを介して広がるシェアを止めることが、もはや不可能という想いがあるからでしょう。

これまでのところ、死傷者は報告されていないとのことですが、「ビッグアイランド(ハワイ島の俗称)の隠し玉」なんて書き込みが、後を絶たない現状では、観光客の流れを止めることは現実的に厳しい、といった見方が大半のようです。

Licensed material used with permission by gangstamcasian, kadaram
オアフ島の「あの名所」がついに取り壊し、撤去されました。ガイドブックにも載らない場所なのに、なぜか観光客があとを絶たない理由。それは、超スリリングな立ち入...
ハワイ島と言えば大自然。そこには海も山も火山もあり、一度は訪れてみたいと願う人は多いのではないか。特に、止まることなく流れる溶岩。Erez Maromさん...
中国のハワイとして開発が進むビーチリゾート「海南島」は、中国最南端に位置する。島の大きさは九州ほどで、島南部は熱帯気候に属する。この島がハワイと言われるゆ...
スケーターなら一度は夢見るという「ウォータースライダー」でのセッション。曲がりくねったウォータースライドを、まるでハーフパイプのように使いながら滑っていく...
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
「あたし、今どう見えてる?くすんでない?」東京に出てきたのは、「東京にいる自分」になりたかったから?地元に帰らないのは、「地元に帰った自分」になりたくないから?
「島民16人に対して猫100匹以上」そんなキャッチフレーズがつけられた愛媛県・青島は、いまや猫好きでなくとも多くの人に知られた場所。でも、実はこれに似た「...
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
エッフェル塔や自由の女神、マチュピチュなどの世界的に有名な観光地は、よくInstagramに投稿されています。だけど、「それって同じものばかりじゃない?」...
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
ハワイ・オアフ島には、地元のロコしか知らないビーチがまだまだたくさん。そのひとつがここ。金曜日のお昼から週末限定でオープンする、隠れ家的スポット。ため息が...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
これまでも環境対策などで率先して規制などを導入してきたハワイ。今回は全米の主要都市を率先して歩きながらの携帯電話、その他手元で使える電子機器の使用を禁止す...
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
日差しの強さがさらに増しているこの時期、運動をする人にとって何より大切なのが水分補給。ウォーターボトルを用意したいところですが、持ち歩くのはちょっと面倒。...
「Go Local(地産でいこう!)」が早くから生活の中に浸透しているハワイで、2014年のオープン以来、大注目を集めている新感覚デザートがあります。メイ...
これは、ビッグデータを使用した芸術表現を得意とするErick Fischer氏が製作した、「世界主要都市の観光マップ」だ。氏は、Twitter投稿された画...
女の子なら一度は訪れて欲しい、カラフルでキュートな場所。
「観光」「グルメ」「ショッピング」。少し強引かもしれませんが、数年前まで旅の目的といえば、この3要素しかなかったと言っていいでしょう。しかし近年は、人々が...
VRゴーグルをつけただけでしょ、なんて個人的に考えていたけど、その予想を超えたテクノロジーが採用されているようす。
ウォータースライダーに観覧車の要素を取り入れるというナナメ上の発想。製作を手がけたドイツ企業「wiegand.maelzer」によれば、滑る人は無数の動き...
毎年、入れ替わりの激しい「ハワイの定番土産といったらコレ」。「ホテル・ハレクラ」のパンケーキミックスは何度もらっても嬉しいし、もちろん「ホールフーズ」でオ...