撤去から一転、オアフ島の裏名所「天国への階段」市当局が民間委託を検討

「天国への階段」とも称される、オアフ島カネオヘ地区の禁断のトレイルスポット「ハイクステアーズ」が、撤去から一転、一般に開放される可能性が出てきた。

第二次世界大戦中、米海軍が山頂に無線送信施設を設置するために取り付けられた急勾配の階段(3922段)は、立ち入り禁止にもかかわらず、違法侵入者が後を立たない裏名所としても知られている。

現在、ハイクステアーズを所有・管理するホノルル市水道局は、階段の老朽化や違法登山による事故時の賠償責任を懸念し、撤去を検討していた。ところが、2月に入りホノルル市当局の「待った」がかかる。当局は、トレイルを有料化し、同階段の管理、運営を民間に委託すると発表したのである。

「一般開放してガイド付きツアーをおこなうことで、このエリアの歴史的価値を後世に伝えることができる」とコールドウェル市長のコメントを「Hawaii News Now」は伝えている。

2月末まで民間組織からの申し入れを受け付ける当局。天国へと続く階段は合法的に開かれるのか?答えは、神のみぞ知る、だ。

Top image: © travellife18/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事