ハワイのインスタジェニックな「羽」を制覇しよう!

ハワイ旅行に出かけたとき、せっかくなら「かわいい写真を撮りたい!」と思う女性は多いと思います。しかも、まだ誰も見たことがない写真ならなおさら自慢できちゃう。

今回は、現地在住のライターだからこそ知る、ハワイにあるすべての「羽」スポットをお伝えします。これらの羽はすべてお店にあるものなので、そのお店と撮影スポットを同時に楽しめるのも魅力です。

01.
ハレイワウィングス

ハワイ インスタ映え ハレイワウィングス

まず1つめはノースショアのシェイブアイス、アナフルズの壁にある、通称 「ハレイワウィングス」と呼ばれるこちらの羽。ハワイで一番有名な羽のスポットでもあるんです。

場所は、ハレイワタウンの中心を走るカメハメハ・ハイウェイを北上して、小さな橋が架かるアナフル川を越えてすぐ右手にあるお店の壁にあります。車からだと見落としがちなので気を付けてください!

02.
カメハメハ・バタフライ

ハワイ インスタ映え カメハメハ・バタフライ

2つ目は、ハレイワタウンの中心を通るストリートの名にちなんでつけられた「カメハメハバタフライ」という蝶々の羽スポット。こちらは、雑貨屋さんグローバルクリエーションズの外壁になります。カラフルな壁に大きな羽がインスタ映え間違いなし!

歩道の幅が狭いので、写真を撮る際は道をふさいでしまわないように気をつける必要があります。ハワイらしい雑貨が揃う店内は、思わず時間を忘れて見入ってしまいそう。お土産にもぴったりな小物が手に入りますよ。

03.
エンジェルズ・バイザシー

ハワイ インスタ映え エンジェルズ・バイザシー

次は、ワイキキの中心で見つけられる3つの羽を紹介します。

ひとつ目は、かわいいビーチスタイルのドレスやアクセサリーが手に入る「エンジェルズ・バイザシー」の店内にあります。ハワイの海を連想さえるターコイズブルーの壁にふわふわの白い羽は、お店の名前「エンジェルズ」のイメージ通り。

04.
パウハナ・マーケット
ワイキキ

ハワイ インスタ映え パウハナ・マーケット ワイキキ

パウハナ・マーケット・ワイキキは、様々なジャンルのフードトラックが集結する場所です。ここにある羽は、ピンクの背景で女性受け間違いなし。Instagramを鮮やかに彩ってくれます。

隣にはシャーベットで有名な「高橋果実店(ヘンリーズ・プレイス)」もあるので、そちらも要チェック!

05.
ブホ・コシーナ・イ
カンティーナ

ハワイ インスタ映え ブホ・コシーナ・イ カンティーナ

ここは、ワイキキのど真ん中にあるのに、日本人観光客にあまり知られていないポイント。ワイキキショッピングプラザ屋上階にある、メキシカンスタイルルーフトップレストラン「ブホ・コシーナ・イ・カンティーナ」にあります。

直通エレベーターで上がると、モダンで開放感抜群の空間が広がります。お店の右手前奥の壁にある羽が、知る人ぞ知る隠れフォトジェニックポイント!お店全体がリゾート感溢れる撮影ポイントです。

ぜひ食事やドリンクを楽しんで、色んなショットを楽しんでみてください。

羽の前で写真を撮るとき、足をクロスさせたり、片方の足で後ろの壁を蹴るように撮ると、全体に動きが出てフォトジェニックです。手を横に広げたり、目線を外してみてもいいかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Yuki(@snow_in_hawaii)
毎年、クリスマスシーズンになると、アウトリガーカヌーに乗ってワイキキビーチに登場する「ワイキキのサンタクロース」ことドナルド・ボイス氏が亡くなった。
「ハワイ州観光局」が自宅でハワイを体験できる「おうちでハワイ」プログラムの提供を開始。「バーチャルハワイ」「癒しのハワイ」「学ぶハワイ」「音楽でハワイ」「...
Instagramを見ていると、自分と同じようなものを撮っているのに、なぜかすごくかっこいいな、と思う写真に出くわすことが多々あります。そんな「インスタジ...
ハワイ島と言えば大自然。そこには海も山も火山もあり、一度は訪れてみたいと願う人は多いのではないか。特に、止まることなく流れる溶岩。Erez Maromさん...
LGBT先進国ともいわれるタイから、ジェンダーレスなアパレルブランドが日本に初上陸。その独特なストリートウェアのビジュアルが20〜30代を惹きつけて止まな...
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
ハワイ大学公共政策センターが行った世論調査によると、コロナショックによる影響が2021年も続き、早い段階で回復しない場合、州内にある半数の飲食店が4月まで...
女の子なら一度は訪れて欲しい、カラフルでキュートな場所。
2021年1月1日より、サンゴの白化現象に深く影響を与えるとされる成分が配合されている製品の販売を制限する法律が本格施行となった。
世界中を旅しながらInstagramに写真を投稿し続けるPolina Burashnikova。彼女の生活費と旅費の出どころは、確実にインスタ映えするため...
ナイトクラブ向けファッションブランド「Industrial Strange」がオーストリアの広告会社とタッグを組んで手掛けた刺激的なPRが話題。
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
時に白い目を向けられうるワード、「インスタジェニック」。華やかな“日常”を日々アップする女性に対して、「ウェブに振り回されて、現実がおろそかになってない?...
アウトドアオフィス事業をてがけるスノーピークビジネスソリューションズは、旅行大手JTBと共同開発した法人向けのサービス「CAMPING OFFICE HA...
ワイキキ、カラカウア通りを臨む360度回転式レストラン「Top of Wikiki」が55年の歴史に幕を下ろした。コロナショックの影響が大きく、営業再開に...
ハワイで数々の賞を受賞するカイルアエリアの人気クレープダイナー「Crepes NoKa'Oi(クレープノカオイ)」が、6月20日、自由が丘にオープン。
近年じわじわと増えつつある、グミ系お菓子のヴィーガン化。なんと、かの有名なお菓子メーカー「Jelly Belly」もヴィーガン対応商品の発売を開始!
「USEDを拡張する進化型古着屋“森”」が月額5000円(税込)で“服を永く着るため”のサブスプリクションサービスを今月12日(火)からスタート。
GW中ハワイ旅行を計画している(うらやましすぎるっ!)人の数パーセントは、もしかしたらこれ目的かもしれない。ワイキキのメインストリートで毎年開催されるスパ...
ダイアモンドヘッドも、ワイキキのビーチも、サーファーも、パンケーキもない。なのに、たった1本のヤシの木で十二分に、あの常夏の島への憧憬を抱かせてしまう。ぼ...
毎年、入れ替わりの激しい「ハワイの定番土産といったらコレ」。「ホテル・ハレクラ」のパンケーキミックスは何度もらっても嬉しいし、もちろん「ホールフーズ」でオ...
おもしろいInstagramのアカウントを見つけました。
実際に撮影した写真をフォトショップで編集し、自身のInstagramに投稿しているJULIUS KÄHKÖNENさん。実際に日本に存在する建造物と彼のイマ...
 19歳のカメラマン、アルデリコ・グランジャーはこの夏の間じゅう、夜になると眠らずにハワイ島を駆け回って星空を撮影。彼の情熱の前では、銀河を撮影するために...