愛ゆえに……約6年の「ムショ暮らし」した男

インターネットが世界中に普及した今、マッチングアプリの活用など、ひと昔前に比べて出会いの方法は様変わりしました。

でも、そんなネットでの出会いに警鈴を鳴らすひとりの男性がいます。

彼の名はHamid Ansariさん。インド人男性です。ある日、彼はFacebookを介してパキスタン人の女性と知り合い、恋に落ちました。ただ、実は既婚者だった彼女。仲を深めるうちに、こんな内容のメッセージをHamidさんに送っていました。

ーー周囲から強いられた結婚であり幸せなわけではない。

これを信じたHamidさん。彼女をその状況から救い出そうとパキスタンに不法な手段をつかってまで入国。めでたくハッピーエンドに、となればよかったのですが、文書偽造罪とスパイ行為を働いたという罪で犯罪者にされてしまいました。現地で捕まったまま禁固刑を言い渡され、気づけば約6年もの時を刑務所で過ごすことに。

やっとのことで母国へ戻った彼。メディアの取材に対し発したコメントは次の通り。

「Facebookでのやりとりを信じて恋に落ちないように」。

……遅きに失するってこういうことでしょうか。今もネットで出会いを探す人たちに向けて渾身の“アドバイス”。

この時点でHamidさんは33歳。恋に盲信し、衝動的な行動をとったことを悔やむのに、結婚適齢期の6年もの歳月を費やしてしまいました。ここまで苦しんだのですから、今後ステキな恋愛、そして結婚をしていって欲しいものです。

Reference: NDTV, India Today, AFP
Top image: © iStock.com/ViewApart
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。
「LOVE」という単語、「恋」という?「愛」という?
6月14日、パキスタンでショーカット・ユスフザイ氏がFacebookを通して記者会見をおこなった際に、顔に「猫の耳やヒゲ」がついていたそうです。猫フィルタ...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
インドのEDMフェス「Magnetic Fields Festival」の開催地は、ラジャスタン州にある宮殿。2013年にスタートしたこのフェス。宮殿での...
西インドのマハシュトラ州政府は、ムンバイ・プネ間の高速輸送技術として「ハイパーループ」を推進する計画を公式に宣言した。実現すると、通常3時間半かかるムンバ...
「未来の塔」という名のインドの集合住宅には、1000部屋以上あり、約5000人もの人々が住めるといいます。外観からは想像しにくいですが、建物の中には、子ど...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。それを見た人に、旅をしている気分になっ...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
結局愛情って、その人に関わっていく意思や、一体感をいうのでは…なんて考えさせられる、「愛のしるし」のセリフたちをどうぞ。
北極圏にあるスヴァールバル世界種子貯蔵庫が、完成したのは2008年。農作物が絶滅したときに備えて、現在は約98万の種子サンプルが保存されているんです。
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
「好き」と「愛」の違いを見分けるのは、難しいものです。人はいつ「好き」になって、いつ「愛」するようになるのでしょう。ここでは、何人かの恋愛アドバイザーの見...
経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。