自分を殺そうとした恋人に法廷でプロポーズした男

これまでWorld Topicsでは、数々の“波乱万丈”なラブストーリーを紹介してきました。こちらはその最新版。今回はかなり歪んだものです。

話の登場人物となるのは、とある一組のカップル。なんと、女性はパートナーである男性を13回にも渡りナイフで刺すという流血騒ぎを起こしました。男性は命からがら逃げ、なんとか一命をとりとめましたが、思わぬ展開はこの後。

事件の裁判が行われた際、検察官は懲役6年を要求。が、なんとこの被害者男性、法廷で彼女に突然のプロポーズ!?そして裁判官に情状酌量を求めたとのこと。自分の命が危険にさらされ、病院で3週間治療を受けなければいけなかったにも関わらずです。理由は単純「彼女と結婚」したいから。

社会一般常識からはどれほど歪んでいるように見えても、これもひとつの愛のカタチ……ということなのでしょうか。それともこれがいわゆる「命をかけて愛する」ということなのか。

判決は延期になったとのことで、今後の展開が気になります。

Top image: © iStock.com/CSA-Printstock
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2019年になって早々、話題になったある男の話。彼女にプロポーズしたにも関わらず、指輪を返して欲しい、婚約を破棄したいなどとネットでぼやいたことで炎上した...
「LOVE」という単語、「恋」という?「愛」という?
アメリカの宝石会社が展開している「プロポーズアンバサダー」なる企画があります。投票で選ばれたカップルが、米国内の6都市をまわって最高のプロポーズ場所を見つ...
カップルの数だけ感動的なプロポーズがあります。どれが正解って訳でもありません。たとえば、こんな方法で愛を成就させた男性がいます。あえて、結論から先に言うの...
男性はどんなときに結婚に踏み切ろうと思うのでしょうか?プロポーズを決めた男性12人の答えを、『Elite Daily』のRachel Shattoさんがま...
「恋は盲目」という言葉通りに、どんな事でも許してしまいがち。でももし今の彼にこのような特徴や性格があれば、将来の結婚は考え直して、別れを決断した方が良いか...
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
結局愛情って、その人に関わっていく意思や、一体感をいうのでは…なんて考えさせられる、「愛のしるし」のセリフたちをどうぞ。
1月18日にオープンしたアメリカ・ラスベガスの「Til Death Do Us Part」は、“永遠の愛を誓います”という意味のある言葉がそのまま名前に採...
正直になるのって、結構難しいことです。大人になるにつれて、周りの意見を気にするクセが染みついてしまっているのもしょうがありません。でもだからこそ、大切なパ...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
高密度のカップルフォトを撮りたくて、考えに考え抜いたすえにたどり着いたスタイルが、これだったんだそうで。
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
殺される夢というのは、どうしても不吉なイメージが付きまといます。しかし、死に関することを無意識が直接的に夢で表現することはなく、殺される夢もまた再生や転機...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
結婚を決意するのってどんな時?何が決め手になる?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。男性には、“あ、オレはこの人と結婚するんだ”ってなんとなく...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。